小室圭さんフォーダム大卒業のウラで、秋篠宮家に異変 紀子さまの職員への「ご指導」がエスカレート

【眞子さまと小室圭氏の結婚問題】小室氏の親戚筋は「佳代さんのことが嫌い」と吐露

記事まとめ

  • 眞子さまが正式な皇室の儀式を経て結婚するなら、小室圭氏は帰国せざるを得ないという
  • しかし、儀式に進んだとしても、『使者』を立てる時に小室家は難渋するらしい
  • 佳代氏は親戚筋と事実上の絶縁状態で、親戚は「佳代さんのことが嫌い」と吐露している

小室圭さんフォーダム大卒業のウラで、秋篠宮家に異変 紀子さまの職員への「ご指導」がエスカレート

「1億4千万円の野望」に、また一歩近づいたといえようか。5月23日、眞子さまの婚約内定者・小室圭さんがフォーダム大ロースクールを修了。7月には司法試験に臨むわけだが、一方で「ご決断」を迫られる秋篠宮家は、ただならぬ雰囲気に包まれているという。

 ***

 5月23日のオンラインによる修了式では、晴れてキャンパスを後にする学生の名が1人ずつ読み上げられていった。JD(法務博士)コースを修了した408人の中には、小室さんのフルネームも見て取ることができたのだった。

「大学幹部のあいさつに続き、卒業の祝辞にヒラリー・クリントン元国務長官が登場しました。彼女は名門イェール大ロースクール卒ですが、今回、フォーダム大から名誉法学博士号を授与されたのです。その礼を述べるとともに、卒業生らにも門出の言葉を贈っていました」(宮内庁担当記者)

 ヒラリー元長官は、スピーチでこう呼びかけていた。

〈皆さん、あなたたちの学位を活用し、このコミュニティーを頼ってください。不正に対して声を上げる機会が与えられたときは、常に実行してください。幸運をお祈りしています〉

 世間から“不正”とみなされた自らの振る舞いに、いち早く文書の形で声を上げてきた小室さんだが、それが“幸運”を導くかどうかは分からない。ともあれ小室さんは今後、7月27、28日に行われるニューヨーク州の司法試験をリモート受験。400点満点で266点以上を取れば合格となり、その合否は10月下旬から11月上旬に判明する。

「全体の合格率は、およそ60〜80%といったところでしょうか」

 とは、NY州弁護士のリッキー徳永氏である。

「合格後は弁護士登録の申請を行います。その際にはすべての州に共通の『倫理試験』にパスすること、また50時間のボランティア活動へ従事した証明書の提出が求められます。いずれも、ほとんどの学生が在学中に終わらせています」

 この「ボランティア活動」とは、無料の法律相談など公益的要素を持つ活動だという。

「申請が進むと、2〜3カ月後に『インタビュー』と呼ばれる面接試験を受けることになります。面接官は弁護士で、ほぼ形式のみ。それが終わると、州の最高裁判事も出席する宣誓式を迎え、ここでようやく弁護士資格を得ることになる。この式典は、年明け1月になるとみられています」

 それまでは勉強に打ち込むしかない。同じくNY州弁護士で信州大学特任准教授の山口真由氏によれば、

「一般的に米国の大学では、毎年サマースクールを実施するので、卒業生はすぐに寮から出されてしまいます。司法試験までの期間は、例えば夏季休暇で帰省する在校生の部屋を借り、あるいは友人宅を転々として過ごすことになります」

 試験勉強については、

「レベルの高いロースクールでは“我々は学問の場を提供している”との矜持から、司法試験の対策は行っていません。従って基本的に対策は卒業後に始めることになります。予備校に入ってテキストを受け取り、オンライン上で授業をこなすなど、およそ1日10〜12時間ほど勉強し、設問の傾向をつかんでいくのです」

■儀式の「使者」は…


 国内では現在、試験終了後に小室さんが一時帰国するのでは、といった憶測も流れている。もっとも、さる皇室ジャーナリストは、

「眞子さまが正式な皇室の儀式を経て結婚へと進まれるのであれば、小室さんも帰国せざるを得ないでしょう。ですが、現状では秋篠宮さまがおっしゃる通り、多くの国民の納得が得られていない状況が続いています」

 かりに帰国すれば“会見を開け”という世論がいっそう強まるのも明白だ。

「小室さんにとって帰国のメリットは一つもありません。そもそも一般の結納にあたる『納采の儀』や、小室さん側の使者が眞子さまに結婚の日取りを伝える『告期の儀』などでは、小室家にも金銭的、人的負担がかかります。こうした儀式は省いたほうが、むしろ彼にとっては好都合です。試験に合格した後、正式な儀式を経なくてもお二人だけで入籍手続きを済ませれば、眞子さまはおのずと皇籍から離脱される。そうすれば、早速お二人での生活を始めることができるのです」(同)

 それでも、結婚に至るまでには難関が待ち受けている。小室さんの母・佳代さんの元婚約者に対し、小室さんの代理人を務める上芝直史弁護士は「解決金を支払う用意がある」と明言。交渉の開始が待たれているのだが、男性の代理人である週刊誌記者は、

「向こうからの連絡を待っているのですが、何も動きはありません」

 そう言うばかり。4月末には、佳代さんが体調を崩して長期入院している旨、男性が談話で明かしていたのだが、

「GW中の5月3日には、横浜の自宅付近で買い物帰りの姿を女性誌にキャッチされています。また、勤め先の洋菓子店にもすでに復帰し、これまで通りの勤務についている。男性は交渉のテーブルにつく条件として佳代さんとの対面を希望していますが、彼に会いたくないための“時間稼ぎ”だったのでは、との疑いは晴れない。交渉が進展し、400万円の解決金が支払われたところで国民の理解が得られなければ、正式な儀式にはとても進めません」(前出ジャーナリスト)

 その儀式で「使者」を立てるにしても、小室家の難渋は必至である。というのも、小室さんの父親や祖父が相次いで自死したこともあり、佳代さんは現在、親戚筋とは事実上の絶縁状態にあるのだ。

 かつて本誌(「週刊新潮」)に、

〈借金を申し込まれてもお断りします。関わりたくありません〉

 そう明確に口にしていたのは、藤沢市に住む亡父に近い親戚だったが、あらためて心境を尋ねたところ、

「お金は貸したくありません」

 そう繰り返しつつ、続けて、

「佳代さんのことが嫌いだからです。私は亡くなった敏勝さん(小室さんの亡父)が好きでした。亡くなる前はあの家族全員が好きだったのに、それがバラバラになってしまった。敏勝さんのお父さんも、間もなく亡くなりましたよね。だから佳代さんのことは好きになれません。本人(佳代さん)からの連絡も、一度もありません」

 そう吐露するのだ。

 親戚間で機能不全に陥っている佳代さんとともに、小室さんもまた自ら世間を狭くしているかに映る。何しろ、今回のロースクール修了式では、1人ずつ名前を呼ばれるたび画面上に学生の写真や自作のメッセージが表れ、お祝いに花を添えていたところ、小室さんは世論のさらなる反発を招かぬよう考慮したのか、メッセージはおろか写真すら表示されなかったのである。こうした現状に鑑みれば、ますます儀式なしの“強行婚”が現実味を帯びてくるのだ。


■「ご指導」がエスカレート


 一方、そうした事態のなかで「ご決断」を迫られているのが秋篠宮家である。先の記者が言う。

「引き続きご公務が制限されている中、ご一家はオンラインを積極的に活用されています。(5月)11日は紀子さまが国際母子手帳委員会代表のご進講を受けられ、14日には秋篠宮さまが日本消化器内視鏡学会の第100回総会記念式典にビデオメッセージを寄せられました」

 コロナ関連のご進講も続けておられ、

「17日にはご夫妻と眞子さま、佳子さまの四方(よんかた)で国立国際医療研究センター国際感染症センター長のご進講を受けられました。変異株の感染状況や必要な対策がおもなテーマで、続いて25日にも、四方で京大の西浦博教授のご進講を受けられています」(同)

 ご一家の「先生役」に、かの“8割おじさん”が選ばれたのは、

「ウイルスの流行データの解釈や分析などに関し、理論疫学の見地からお話しする学者をリストアップする中で“現場の声を聴きたい”という秋篠宮さまのご希望もあり、西浦教授に決まりました」(宮内庁関係者)

 というのだ。医療用防護服が不足する中、ご一家総出でポリ袋を用いてガウンをお作りになるなど、コロナ禍に並々ならぬ関心を寄せてこられた皇嗣家らしいご選択である。が、

「ご家庭内では現在、ギスギスした雰囲気が漂っています」

 そう明かすのは、秋篠宮家の事情を知る関係者だ。

「折からの結婚問題とともに、コロナの影響でご公務もままならない状況で、とりわけ紀子妃殿下が苛立ちを募らせているのです。これまでも、宮邸の職員に要求されるお仕事のレベルは高く、職員がうまくこなせないと厳しいご指導をなさってきましたが、最近でもそうしたご様子は窺えます」

 例えば、こんなことがあったという。

「宮邸の職員は細かく仕事が割り振られており、お部屋の掃除や窓の開け閉めによる換気なども、もちろん毎日欠かしません。まして現在はコロナが広がっており、そこは徹底されています。ところがある時、たまたまお部屋の窓が閉まっていた時間帯だったことで、妃殿下のご不興を買ってしまったのです。『換気をちゃんとしなさい』と、強い調子でご指導がありました。職員が慌てて窓を開けたのですが、しばらくすると今度は『いつまで開けているのですか。早くお閉めなさい』と、同じように苛烈なお言葉が飛んだのです」(同)

 皇位継承権を有する男性皇族をお二方擁する皇嗣家を切り盛りする御身で、日々の重圧は拝察するに余りある。が、“万全を期す”を旨とされる紀子妃の真摯なお姿は、時として周囲にあらぬ波紋をもたらしている。この関係者が続ける。

「職員の間では、これ以上妃殿下のご不興を買わないよう『いっそご公務で外出なさって頂ければ……』などという声も漏れています。妃殿下のご指導が厳しいので、我々は代わりに殿下に指示を仰ぐこともあります。そんな時、殿下は鷹揚でいらっしゃり、我々も安心して仕事に打ち込めるのですが、こうした様子をご覧になった妃殿下が、殿下の頭越しに全然違う指示を出されることもある。我々は戸惑うばかりです」

 コロナ禍とコムロ禍という未曾有のダブルパンチに見舞われたとあっては、たとえ皇族方であってもお気持ちを平静に保つのは難しかろう。とはいえ「破談」か「強行婚容認」か――。皇嗣家のリミットは、刻一刻と迫っているのだ。

「週刊新潮」2021年6月3日号 掲載

関連記事(外部サイト)