事件現場清掃人は見た “山谷アパート”で亡くなった「20代男性」の信じられない“死因”

 孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、山谷のアパートで亡くなった20代男性について聞いた。

 ***

 特殊清掃の現場では、様々な人生を歩んできた人と出会うことがある。

「不動産管理会社の知人から、相談を受けました。入居者がいる部屋の特殊清掃をしてほしいというのです」

 と語るのは、高江洲氏。

「入居者がゴミを出せないため、悪臭がして近隣住民から苦情が出ていると。現場は、東京の山谷にあるアパートでした」

 高江洲氏は、知人と一緒に山谷に向かった。


■ガリガリに痩せて


「かなり古いアパートで、6畳1間にキッチンという間取りでした。家賃も格安だったと思います。部屋に入ると、20代後半くらいのガリガリに痩せた男性がいました。ヘビーメタルのミュージシャンのように髪を伸ばし、後ろで束ねています。赤のチェックのネルシャツにジーンズ、革ジャンを着ていました」

 高江洲氏は当初、いわゆる「ゴミ屋敷」を想像していたという。

「ところが、部屋は意外と小綺麗に片付けられていました。ただ、小さなキッチンには食べ残した弁当がいくつもあり、小さな鍋には、腐敗したインスタントラーメン、腐った野菜もありました。これらが悪臭の原因のようでしたが、それ以外にまだ変な臭いがするのです」

 高江洲氏は、そこで男性に事情を聞いてみた。

「悪臭を消すために、香水をまいたというのです。そのため何とも言えない臭いになったようでした。このアパートは内廊下になっているため、臭いがこもりやすい。それで苦情がでたようです」

 高江洲氏は、清掃をするために部屋を改めて見まわしてみた。

「パイプベッドが置かれ、壁にはロックスターのポスターが貼られてありました。収納のない部屋でしたので、小さなタンスがあり、本箱には月刊誌などがきちんと並べられていました。スタンドにギターが立てかけてあり、壁にはシャツやジーパンがかけられていましたが、衣類はごくわずかしかありません。玄関にある靴も、ラバーソウルのブーツ1足だけでした」

 部屋の床やタンス、本箱や衣装などには、ホコリが溜まっていたという。

「洋服の上にも、薄くホコリがついていました。ホコリがなかったのはギターだけでした。いつも演奏していたのでしょうね」

■10数日間食事なし


 生ごみなどをゴミ袋に入れ、一通り清掃を終えた高江洲氏は、男性に痩せている理由を問うてみた。

「十数日間、食事をしていないというのです。驚いて、私と知人は顔を見合わせました。2000円ずつ出し合って、『これで飯を食え』と言って彼に渡しました。すごく喜ぶ彼に『食べた弁当はちゃんとゴミとして出すんだぞ』と言うと、『分かりました』と答えました」

 高江洲氏は、知人と部屋を後にした。ところがその2週間後、彼のもとにショッキングなニュースが届く。

「不動産屋の知人が男性に電話をしても出ないので部屋に行ったところ、男性は倒れていたそうです。すぐに病院に搬送されるも、死亡が確認されました。死因は餓死だったそうです」

 高江洲氏は、今度は亡くなった男性の特殊清掃を依頼されたという。

「男性はあまりにも痩せていたので、体液も出ていませんでした。遺品を整理するだけで作業はすぐに終わりました。後から聞くと、彼は中学を卒業すると、すぐ就職したそうです。それから十数年間、ずっとこの部屋に住み続けていたといいます。ミュージシャンになる夢を抱いていたのでしょう。ただ病弱で、仕事があまりできなかったといいます。それで収入がなくなり、家賃も滞り、最期は餓死したのです」

 高江洲氏は、知り合いの特殊清掃はできるだけ避けるようにしている。

「やはり、知人の遺品整理は色々と思い出してしまうので辛いものがあります。男性とは1度しか会っていませんが、言葉を交わした間柄ですから、厳しいものがありました。彼の死は、私の心に重くのしかかりました」

デイリー新潮取材班

2021年6月8日 掲載

関連記事(外部サイト)