ピノ「ピスタチオ味」が大人気 ピスタチオブームで囁かれる不安とは?

ピノ「ピスタチオ味」が大人気 ピスタチオブームの理由は特徴的な色とも

記事まとめ

  • 森永乳業の「ピノ ピスタチオ」は一時は売り切れる店も続出したほどの大人気となった
  • カバヤ食品「さくさくぱんだ」など最近コンビニではピスタチオ味の商品が多数目につく
  • ピスタチオの人気が高い理由は、“ピスタチオグリーン”と呼ばれる特徴的な色だという

ピノ「ピスタチオ味」が大人気 ピスタチオブームで囁かれる不安とは?

ピノ「ピスタチオ味」が大人気 ピスタチオブームで囁かれる不安とは?

5月31日にコンビニ先行発売された「ピノ ピスタチオ」(森永乳業)

ピノ ピスタチオ」(森永乳業)が売れている。ピスタチオといえば、2枚の殻を手で剥いて食べるお酒のつまみをイメージするかもしれないが、最近人気を集めているのは、ピスタチオ味のアイスやお菓子である。

 ***

 5月31日に、全国のコンビニエンスストアにて先行発売が始まった期間限定の「ピノ ピスタチオ」は、一時は売り切れる店も続出したほどの大人気商品となった。コロコロチキチキペッパーズのナダルが、芸人ピスタチオの白目を剥くギャグをした新聞広告も話題になり、〈ピノ史上初〉という売り文句でピスタチオブームを牽引する商品となっている。

「ピノ」以外にも、「さくさくぱんだ ピスタチオ&ダブルベリー」(カバヤ食品)、「セブンカフェ ピスタチオクッキー」(セブン-イレブン)、「香ばしピスタチオのプリン」(ファミリーマート)など、最近コンビニではピスタチオ味の商品が多数目につく。


■輸入量も増加


 ブームの兆しは、ピスタチオの輸入量にも表れている。主な輸入元は、アメリカやイラン、イタリアなどで、2020年の「殻付きピスタチオ」の輸入総量は、前年比110.9%。製菓材料に使われる「殻を除いたピスタチオ」の輸入総量に至っては、2012年と比べて約2.3倍に増加している(「神戸税関」資料より)。

 日本最初のナッツメーカーで、殻付きピスタチオやピスタチオペーストを取り扱う「東洋ナッツ食品」(株)も、ピスタチオブームの到来を感じているという。

「もともと日本に輸入されるピスタチオは、おつまみなどスナックとして食べられる『殻付きピスタチオ』がメインでした。昨年の輸入量をみても、殻付きが約1724トンなのに比べ、製菓材料になる『殻を除いたピスタチオ』は約465トンと、4分の1ほどです。アーモンドやクルミなど他のナッツ類に比べると、ピスタチオ全体の輸入量は少なく、徐々に減少傾向にありました。ところが、ここ5年ほどで製菓やパンメーカーからの需要が拡大したことに伴い、輸入量も増え、じわじわとピスタチオブームの広がりを感じています」(東洋ナッツ食品の担当者)


■ピスタチオ味は高級品


 ピスタチオ味の商品に共通するひとつの特徴として、通常より価格が高いことが挙げられる。

 例えば、チョコレート味の「ピノ」の価格が140円(税別)なのに対し、先述の「ピノ ピスタチオ」は40円高い180円(税別)。同じく期間限定商品で、一次販売休止するほど人気になった「ピノ やみつきアーモンド味」が160円(税別)だったことを考えると、それよりも20円高い「ピノ ピスタチオ」は、「ピノ」の超高級ラインと言えるかもしれない。

 他のピスタチオ商品も同様だ。

 ローソンの「ウチカフェ ピスタチオ ワッフルコーン」は、298円(税込)とミルク味の商品より価格は60円高い上に、内容量は20ml少ない。「ウチカフェ 贅沢チョコレートバー 濃密ピスタチオ」も、チョコレート味に比べて17円高い215円(税込)。「さくさくぱんだ ピスタチオ&ダブルベリー」に至っては、通常の「さくさくぱんだ」の2倍近い298円(税込)となっている。

「ピスタチオは、ナッツの中でも特に価格が高いんです。クルミやアーモンドの倍ほどで、マカダミアナッツと同等の水準です。ピスタチオ味の商品も、原材料にピスタチオを使うことで商品の値段が上がってしまうのではないでしょうか。価格を高くしても売れるということは、それだけピスタチオ味を求める方が増えているということでしょうね」(同)


■着色料入りのピスタチオ商品も……


 では、なぜピスタチオはここまで人気があるのだろうか。

「ピスタチオは、オレイン酸という良質な脂肪酸や、食物繊維、ビタミンB、カリウムなど体に良い成分が豊富に含まれ、健康志向の方には罪悪感なく楽しめる『ギルトフリー』なおやつとして人気が高いです。ただ、栄養成分の良さは、アーモンドやカシューナッツ、クルミなどのナッツ類に共通した特徴なので、ピスタチオだけが特に優れているというわけではありません。むしろピスタチオは、他のナッツに比べ価格が特に高いので、おやつとして日常的に食べるならアーモンドなどの方が適しているかもしれません。それでもピスタチオの人気が高い理由は、“ピスタチオグリーン”と呼ばれるその特徴的な色のおかげだと思います」(同)

 確かに、ピスタチオを使ったアイスやお菓子などは、全面に“ピスタチオグリーン”が配された鮮やかなパッケージで、売り場でも一際目立っている。商品そのものも、薄いグリーンで華やかだ。

「ピスタチオは価格が高いので、製菓材料としてたくさん使用することは難しく、お菓子やアイスなどに使われているピスタチオはごく少量なのではないでしょうか。ただ、鮮やかな“ピスタチオグリーン”の色を出すには、それなりの量のピスタチオを使用しないといけないと思うのですが……」(同)

 そこで、“ピスタチオグリーン”のいくつかの商品の原材料表示を確認すると……。

〈着色料(クチナシ、カラメル、カロチノイド)〉、〈着色料(カロチノイド、クチナシ)〉、〈クチナシ色素、紅花色素〉、〈着色料(カラメル、スピルリナ青、クチナシ)〉と、様々な着色料が並ぶ。どうやら鮮やかな “ピスタチオグリーン”は、着色料で作られた色だったようだ。さらに、原材料に〈香料〉が含まれるものもあり、ピスタチオ特有の華やかな香りにも、秘密があるのかもしれない。


■輸入量が安定しないピスタチオ


「ピノ ピスタチオ」は、7月12日に全国発売される予定で、この夏は、他社からもピスタチオ味の新商品が相次いでいる。ここまでの広がりを見せるピスタチオ味は、ブームを超えて定番化するか、と思われるが、どうやらそうはいかない事情があるという。

「大手メーカーの商品が増えたことで、ピスタチオの認知度が高まり、需要が一気に増えました。しかし、輸入量はそれに追いついていません。それには、収穫が安定せず、輸入量を一気に増やすことが難しいというピスタチオ特有の事情があります。さらにその中でも、製菓材料に使われる『殻を除いたピスタチオ』は、殻が自然に開かず、『殻付きピスタチオ』に出来なかった、言わば型落ち品を加工して作られるので、特に輸入量を増やしにくいのです。需要が増えても、供給量が追いつかないという状況は今後も続くでしょうし、昨年はアメリカ産が豊作だったので、今年は裏作で収穫量が少ないとも予測されています。来年以降、ピスタチオ価格がますます上がって、大手メーカーも製菓用に使うのが難しくなるかもしれません」(同)

デイリー新潮取材班

2021年6月10日 掲載

関連記事(外部サイト)