ワクチン接種会場のお仕事 医師「日給10万円」、看護師「時給2000円」は高いか安いか

ワクチン接種会場のお仕事 医師「日給10万円」、看護師「時給2000円」は高いか安いか

ワクチン接種の様子

 5月末、新聞のある人材募集の広告を発見した。「ワクチン接種会場のお仕事」だったが、日給10万〜13万円とあるではないか。もちろん打ち手となる医師への報酬である。政府は“1日100万回”のワクチン接種を掲げているとはいえ、このギャラ、高いのか安いのか。

 ***

 日給10万円と聞くと、なんだか景気のいい話のように感じる。

 とはいえ5月25日、加藤勝信官房長官は記者会見で、それまでワクチン接種1回あたり2070円だった支援費用の上乗せを発表している。7月末まで4週間以上の接種することを条件に、週100回以上なら、1回あたりプラス2000円の4070円に。週150回以上であれば、プラス3000円の5070円を支給するという。

 ワクチン接種会場の規模にもよるだろうが、接種希望者さえいれば、1人で1日100人程度の接種は可能と言われる。となると、最大で1日50万7000円となる計算だ。

 にもかかわらず、日給10万円とは……派遣業者はかなり儲けているということなのだろうか。件の広告を出したのは医療系の派遣業者だった。問い合わせたが返答がない。同様にワクチン接種日給10万円といった求人をしているMRT株式会社に聞いてみた。


■6月末までに8000件の求人


「はじめに申し上げておきますと、私どもは人材派遣会社ではありません。医療従事者を雇って派遣することは基本的に禁止されているからです。正式には有料職業紹介事業と言いまして、人材を依頼主にご紹介することで手数料を頂戴しているわけです」

 いわゆる、中間搾取をしているわけではないのだ。

「通常は、勤務医の先生などが休日を利用した健康診断、別の病院の当直などの仕事を請け負っています。今回は、コロナ禍によるワクチンの接種人材の不足を考える自治体の依頼を受けた医療機関からの委託を受けて、求人広告を出しています。ですから私どもは自治体などから手数料を頂戴しているんです」

 国からの委託はないのだろうか?

「今のところありません。現在は14の自治体と取引させていただいており、5月末までに延べ2500件、6月末までに延べ8000件の求人があります」

 これまで応募した医師はどのくらいいるのだろうか。

「多くの先生から申し込みを受けています。やはり勤務医の方が多いですね」


■打ち手が安すぎる


 日給10万円は高いのだろうか、それとも安いのだろうか。

「コロナワクチンは初めてですので、比較できる対象がないので何とも……。ただ、インフルエンザワクチンが通常ですと1日7〜8万円ですから、それよりは高いと言えるかもしれません。ワクチン接種と一口に言っても、その前に予診、問診をして、接種後には被接種者の容体を観察しなければなりません。ドクターは専門職ですし、日給10万円も決して高くはないと考えています」

 政府は追加支援費用で、ワクチン接種1回当たり最大で5070円と発表した。それを考慮すると日給10万円は、むしろ安いのではないか。

「政府の支援はあくまで個別接種、診療所などで接種した場合の対価です。勤務医の先生方には当てはまらないと思います」

 政府が発表した追加支援には偏りがあるようだ。

「開業医の先生もワクチン接種ばかりで、かかりつけの患者さんを無視するわけにもいきません。限られた時間でどちらもやっていただけるよう、お金を出しているのだと思います。それに政府の支援費用の最大5070円は、あくまで接種に対してです。分業化された大規模接種会場の場合、ドクターは予診、問診のみで、打ち手は看護師になります」

 そうだったのか。

「ドクター1名に対し、看護師は2〜3名が必要とされています。ファイザーワクチンの場合、温度管理もありますし、仕事が多いんです」

 医師と看護師、足りないのはどちらだろうか。

「私どもの感覚としては、看護師のほうですね。特に政府が『高齢者接種を7月末までに終える』と目標を早めたことで、自治体もそれまでのペースを速めて私どもに依頼されることが増えたようです」

 それにしては、自治体の求人を見てみると、看護師は時給2000〜3000円が多い。医師に比べ安くはないか。

「医師が高いのは、持病をお持ちだったり、当日の体調などを予診、問診して判断するのはドクターにしかできませんし、責任が重いからです。もちろん、打ち手となる看護師の待遇はもっと上げていいと思います」

デイリー新潮取材班

2021年6月11日 掲載

関連記事(外部サイト)