小室圭さん、納采の儀の費用が“払えない” 秋篠宮家ご負担案が浮上していた

小室圭さん、「納采の儀」でもお金に絡むトラブルか 費用払えず秋篠宮家ご負担案も

記事まとめ

  • 小室圭氏は"納采の儀"の打ち合わせで負担額に驚き、金銭的余裕がないことを伝えたそう
  • "秋篠宮家ご負担案"も浮上したが、直後に小室氏の母親の金銭トラブルが発覚したという
  • それまでは同情的だった秋篠宮さまも不安を覚え、不信感を募らせるようになったとか

小室圭さん、納采の儀の費用が“払えない” 秋篠宮家ご負担案が浮上していた

小室圭さん、納采の儀の費用が“払えない” 秋篠宮家ご負担案が浮上していた

小室圭さん

■「金銭的な余裕がなく……」


 小室圭さんと秋篠宮家の眞子さまのご結婚を巡り、約1億4千万円の一時金が転がり込むことはこれまでも物議を醸してきた。そのうえ、18年3月に予定されていた“納采の儀”でもお金に絡むトラブルがあったことが明らかになった。

 ***

 そもそも、納采の儀とは一般の結納に当たる儀式で、今回のケースでは男性側の親族が使者として、鮮鯛2尾と清酒を3本、絹の服地を渡すことになっている。この儀式が、秋篠宮さまが小室さんに不信感を抱かれる“発火点”となったと明かすのは、さる宮内庁関係者。

「秋篠宮さまと小室さんが同席して、納采の儀に関する打ち合わせをした際のことです。納采の儀で男性側が用意すべき品について聞かされた小室さんは“こんなにかかるんですか?”と驚きをあらわにした上で“母子家庭ということもあって金銭的な余裕がなく……”と伝えたそうです。その様子をご覧になった秋篠宮さまは“ご苦労なさっているのだから”と費用を用立てるお考えを示されていた。ところが、その直後に、小室さんの母親と元婚約者との間の金銭トラブルが発覚。納采の儀が延期となってこの話は流れましたが、同時に、それまで小室さんに同情的だった秋篠宮さまは、彼に不安を覚え、やがて不信感を募らせるようになったのです」

 つまり、小室さん側は“結納”の費用についても秋篠宮家に“おんぶに抱っこ”を決め込もうとしていたわけである。

 6月17日発売の週刊新潮では、小室さんがニューヨークで見せた“意外な行動”についての同級生の証言と併せて詳報する。

「週刊新潮」2021年6月24日号 掲載

関連記事(外部サイト)