“夜の女性”の魔性の魅力に惹かれて不倫… 世間は狭いと痛感させられた意外な結末

“夜の女性”の魔性の魅力に惹かれて不倫… 世間は狭いと痛感させられた意外な結末

ひとりの女性の登場によって、幸せな家庭は崩壊した??

 事実は小説より奇なりという。長年、不倫をはじめとした男女の関係の取材を続けていると、「そんなことあるの?」と思うような経験をしている人に出会う。

 加藤晋さん(53歳・仮名=以下同)の話を聞いたときもそうだった。訳ありの関係になった女性が原因で、晋さんが大事にしてきた家庭は崩壊した。

 晋さんは大学卒業後、ある有名企業に就職し、27歳のときに2年後輩にあたる早希さんと結婚した。

「当時でも、少し早めの結婚でしたね。でも僕は彼女とつきあってすぐ、この人と結婚したいと思っていたんです。家庭をもって落ち着きたい気持ちもあった」

 部署は違うが同じ会社での共働き生活が始まった。3年後に長男が、その2年後に次男が生まれた。晋さんは34歳のときにローンで東京郊外に一軒家を購入、絵に描いたような典型的な「幸せ家族」がスタートした。

「ごく平凡な家庭でしたが、それでいいと思っていました。妻は二人目を出産後、本人の希望もあって退職。下の子が小学校に入ってからはパートをしながら家計を助けてくれていました」

 晋さんの仕事が多忙なときは家に帰れず、会社近くのカプセルホテルに泊まることもあった。だが、彼は浮気などしたこともないし、実際、そんなことをする余裕もなかったという。

「本当に家庭が好きだったんです。実は僕が育った家庭は、機能不全でした。父は横暴で、そんな父に怯え、ストレスがたまると子どもに暴力を振るう母。僕は妹を守るのに必死だったけど、中学時代は荒れたりもしました。だから自分が結婚したとき、本当に平凡でいいから穏やかな家庭を作りたいと思った」

 早希さんは、家庭を作るためのパートナーとして最適だったのだ。

「家に帰ると、子どもたちがたいてい騒いでいて、早希が『いいかげんにしなさいよ、ほら、パパが帰ってきたよ』と言い、お帰りという声が響く。子どもたちが眠りにつくころ僕は夕食をとり、早希が差し向かいで一緒にビールをちびちび飲んでいる。早希は料理が上手なんですよ。『これ、おいしいね』と言うと、『きっとあなたが気に入ると思った。けっこう手間がかかるのよ』と軽く自慢したりして。『今週末、どうする?』『たまには遊園地でも連れていくか』『ふたりとも喜ぶわ』なんていう、なんでもない会話を交わす。そんな毎日が本当に好きでした」

 晋さんの声が途切れた。当時を思い出して感傷的になっているようだった。今の晋さんは、思い出にすがるようにして生きているのかもしれない。


■上司の紹介で行った店で…


 息子たちはどんどん成長していき、晋さんも「それなりに」出世した。それでも決して高給取りというわけではなかったから、早希さんのやりくりが上手だったのだと、彼は妻に敬意を示す。長男は私立の大学に入学、まじめなタイプで家庭教師や塾でのアルバイトをしながら学業にも精を出していた。

「僕は営業一筋なんですが、取引先を接待するために女性のいる店へ行くことも多々あります。僕自身はそれほどお酒も好きではないし、自分からは行きませんが、接待となれば仕方がない。だいたいいつも決まった店に行くんですが、そのときはどうしても席が埋まっていたので、上司の紹介で別の店に行くことになりました」

 そこで出会ったのが、サクラさんという女性。美人でスタイルもよく気遣いもできたため、取引先も大喜びだったという。

「彼女にお礼を言うために店を再訪したんです。聞けば彼女、まだこの世界に入って1ヶ月だという。こういう言い方をしたら失礼だけど、銀座のクラブみたいな高級店ではない。だけど彼女の接客は最高にすばらしかった。こういう女性もいるんだなと心を揺さぶられましたね」

 晋さんは接待というとその店を使うようになった。指名の筆頭はサクラさんである。彼女はあっという間に店のナンバーワンになっていたが、決して傲るところはなかったし、話題も豊富だった。

「あるとき、接待をすませて車を見送って、ふと振り返ったらサクラが立っていたんです。『もうじき仕事が終わるんですが、軽く食事でもいかがですか』と丁寧に誘われて。断る理由はありませんでした」

 彼にとって、サクラさんは社外の仕事のパートナーのような存在になっていた。取引がうまくいかずに困っているときも、うまくいってさらにいい取引をするためにも、サクラさんの力が必要だった。だが彼は、サクラさんとふたりきりで会おうとはしなかった。せいぜいチップをはずむくらいしかできなかったのだ。

「やはり住む世界が違う人だと思っていたから。僕はしょせんサラリーマンですし、自腹で飲むより家で妻と飲みたい。ただ、食事に誘われたときは、これでお礼をすることができるとホッとしたのも事実です。彼女の好きなものを食べさせてあげたいと思いました」


■そして足を踏み入れてしまい…


 ふたりは店の近くの小さなイタリアンレストランに行った。サクラさんが、その店の料理をどうしても晋さんに食べてほしいと言ったのだ。こんなときにも客のことを考えているサクラさんに、彼は改めて感心したという。

「確かにおいしかったんです、その店。自分の舌に自信があるわけではないけど、でも本当においしいと思った。もちろん、僕が払いました。かっこつけて領収書はもらいませんでした。サクラはそれをじっと見ていたようですね、あとから『あなたのプライベートな時間なのだと思った』と言われました」

 そう、サクラさんはその後、猛烈に晋さんにプッシュしてきたのだ。次に行ったバーで彼女はかなり飲んで酔った。彼は送って行かざるを得なくなった。マンション前でタクシーから降ろそうとしたが、足下もおぼつかない。しかたがないのでタクシーを帰して部屋まで送った。

「部屋に入ったら彼女、その場でくずおれてしまって。抱いてベッドにそうっと運んだら、首に両手を巻きつけられました。え、そんなはずじゃ……と思っているうちにキスされて。薄明かりの中で、彼女の目が光っていた。どうして泣いているのかわからないけど、その涙がやけにきれいに見えて。彼女からはうっすら甘い香りが漂うんです。もう抗いようがありませんでした」

 突き飛ばしてでも帰るべきだったのかもしれないが、それはできないだろうと想像はつく。彼は彼女の妖艶な世界に足を踏み入れてしまった。


■お預けをくらった犬状態


 その後、彼は接待でサクラさんの店を使うのをやめようとした。だが取引先から「あの店で」と言われてしまえば従わざるを得ない。サクラさんは何ごともなかったかのように接客してくれる。あの日のことは、彼女の中で何も残っていないのかと晋さんは焦燥感を覚えるようになった。

 数週間たったところで、彼は彼女にメッセージを送った。

「また会いたい、と。それしか書きようがなかった。それが正直な気持ちだし、彼女になんとも思われていないはずがない、あんなに素敵な夜を過ごしたのにとも感じていたから」

 ふたりきりでまた会った。いけないと思いながら彼女の魔性のような魅力にとりつかれて、ホテルへ行った。

「当然、家庭に割く時間が減っていく。早希には、『うまくいかない案件があって、しばらく帰りが遅くなるかもしれない。ひょっとしたら帰れないときがあるかも』と予防線を張っておきました。早希は『またカプセルホテル?』と笑いましたが、『臭いおじさんになったら困るから、下着や靴下は替えてね。会社に置いておくといいわ』と数枚もたせてくれたんです。あのときばかりは心が痛みました。だけどサクラの魔性から逃れることはできなかった」

 のめり込みたかったが、サクラさんに巧みにコントロールされた。会うのは彼女が休みの日だけ。自宅に帰らず、一晩を共に過ごせるのはせいぜい月に2回くらい。思ったほど時間がとれないのだ。

「いつもお預けを食らっている犬みたいな状態。男心をうまく操る女だったし、操られているとわかっていてもそれが心地いい。ただ、食事やホテル代に大枚をはたくわけではなくても、小遣いが少ないので経済的には辛くなっていきました。早希にも内緒にしていた社内預金を少しずつ取り崩して」

 2年前、サクラさんと深い仲になって1年半ほどがたったころ、妻が大慌てで、彼に報告したことがある。

「大学2年で20歳になったばかりの長男が結婚すると言っている、と。相手は10歳年上のシングルマザー。早希は『こればかりは許すわけにはいかない』と朝から怒っていましたね。早希が怒るのは珍しかったし、さすがに20歳の学生が30歳のシングルマザーと結婚するのは、いくらなんでも早計すぎると僕も思った。話せばわかるよと早希に言って出社したのを覚えています」


■長男から「会ってほしい人がいる」と言われ…


 その数日後、長男が「会ってほしい人がいる」と彼に告げた。賛成するかどうかは別として、会うくらいはかまわないと彼は答えた。

「会うとおかあさんを刺激しそうだから、おとうさんだけ来てくれないかなと息子が言うんです。それで、落ち着いた和食の店の個室を予約しました。その日、ちょっと仕事が長引いて、僕は10分くらい遅れて行った。そして通された個室で会ったのは、サクラだったんです」

 サクラさんとは数日前にもホテルに行った仲だ。そのときサクラさんは「あなたとだと一瞬、意識がなくなるの」ととろけそうな顔を見せた。

「サクラもびっくりしていました。だけどそれ以上に僕が焦ってしまって……。なんとか平常心を保とうとしたけど、いきなりビール瓶を倒して、長男に大丈夫かと聞かれました」

 長男は必死にサクラさんの性格のよさを訴えた。そもそもどこで知り合ったのかと尋ねると、サクラさんは彼が通う大学の聴講生だという答えが返ってきた。

「『学歴コンプレックスがあるものですから』と、サクラは営業用の顔を見せました。長男は『今は水商売をしているけど、それだって立派な職業だと思うんだ』と力説していたけど、僕の耳にはそれ以上、入ってこなかった。ただ、サクラを見つめていました」

 結婚しても大学には通って卒業する、卒業までは子どもは作らないと長男は言っていたような気がすると晋さんは話すが、どうも記憶ははっきりしていないようだ。

 サクラさんの自宅に晋さんが行ったのは、関係が始まったあの一夜だけだった。当時9歳の娘が、同居するサクラさんの実母と旅行に出ていたからだと、そのときになってようやくわかった。晋さんは彼女の自宅に長居せず、後にしたのも深夜だったので、リビングすらよく見ていなかった。子どもと生活していることには気づかなかったのだ。それ以降はいつもホテルで会っていた。


■一家崩壊


 それから晋さんは必死にいろいろ考えた。長男にはサクラとのことは諦めてもらいたい。それが晋さんの本音だった。常識的に考えて、そういう女性との結婚を認めるわけにはいかないと彼は言ったが、内心は「オレの女だ」という思いもあったと率直さをのぞかせる。

「でもあのころの僕は本当にわけがわからなくなっていたから、正常な判断はできませんでした。サクラを呼び出してホテルに行き、責め立てたこともあった。サクラは『彼があなたの息子だなんて知らなかった』の一点張り。だけど少なくとも僕と長男、ふたまたをかけていたのは確かなわけですよ。するとサクラは、『私があなたをどんなに愛していても、あなたは私とは結婚してくれないでしょ』と。『だから結婚できる息子に近づいたのか』と言うと、『知らなかったのよ』と泣き崩れる。そんな状態なのに、ふたりとも求め合ってしまう。息子とオレとどっちがいいんだ、と叫びながら、自分でもこれは地獄だと思っていました」

 その後、長男はサクラさんの自宅近所にアパートを借りた。アルバイトと学業を両立させると宣言して出て行った。

 ひたすら嘆く早希さんを慰めながら、「いつか帰ってくるよ」と言うことしかできなかった。だがある日、彼は長男のアパートの前で張り込んでいた。サクラさんが部屋に入ったのを見届けて、迷ったあげく、長男の部屋のチャイムを鳴らした。

「出てきた長男を押しのけて、僕はサクラに飛びかかってしまった。長男が『何をするんだよ』と彼女を守ろうとしたので、『この女はな……』と言いかけ、息子を傷つけるわけにはいかないと気づいたんです」

 あわてて部屋を飛び出すと、長男が追いかけてきた。どういうことだよと言われても、本当のことは言えないと言葉を飲み込むしかない。だが、「あの女は浮気者だ、やめておけ」とついに言ってしまったのだ。長男は察しがよすぎた。

「『おとうさんは彼女と関係があったの?』と言われました。答えませんでした、もちろん」

 だが長男はサクラさんを問い詰めたのだろう。そしてサクラさんは、自分の身を守るために「1度だけ、晋さんに関係を強要された」とウソをついた。いつしかその話は早希さんにも伝わり、離婚話へと展開していく。

「早希が自殺未遂をはかり、長男と次男が結託して僕は家を追い出されました。幸い、早希は命に別状はなかった。その後、長男はサクラと結婚しました。妻と次男は元の家で一緒に住んでいます。僕は会社近くにアパートを借りてひとりで暮らしています。家族とは完全に絶縁状態ですね」

 真実は違うと何度も叫びたかった。だが叫んだところで、サクラさんと関係をもっていたのは事実だ。妻を裏切っていたのも本当のことだ。そしてサクラさんの一言で、家族は完全に崩壊した。

「サクラが、本当に僕らの親子関係を知らなかったのか、知っていて近づいたのか、それだけがわからないんです。ただ、息子が彼女に惹かれたのはわかる気がします。親子で同じ女性に魅せられてしまうなんてね……」

 晋さんの表情は暗い。あの一件があってから10キロ痩せましたと彼はつぶやいた。彼は最後まで、サクラさんのことを悪くは言わなかった。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年6月23日 掲載

関連記事(外部サイト)