東京・中日新聞、2カ月間に記者3人がセクハラ処分 うち1人は飲酒運転で停職の過去

東京新聞と中日新聞で2カ月間に記者3人がセクハラ処分 1人は飲酒運転で過去に停職

記事まとめ

  • 東京新聞は中日新聞が発行しており、中日新聞の関東版と見なすこともできる
  • その東京新聞と中日新聞で、2カ月間に記者3人がセクハラで処分された
  • しかし、会社側は組合に経緯を説明せず、徹底した箝口令を敷いている

東京・中日新聞、2カ月間に記者3人がセクハラ処分 うち1人は飲酒運転で停職の過去

■甘すぎる処分!?


 1963年、東京新聞は経営不振に陥り、中日新聞(当時は中部日本新聞社)が経営参加することになった。以来、東京新聞は中日新聞が発行しており、中日新聞の「系列紙」と表現されることがある。

 ***

 つまり東京新聞は、中日新聞の関東版と見なすことも可能というわけだ。そんな2紙の記者が4月から5月にかけ、相次いでセクハラで処分が下され、社内で話題になっているという。

 処分が下った3人は表にまとめた。ご覧いただきたい。

 3人のうち辻渕氏の名前だけを表記した理由については後述する。東京・中日新聞の関係者が驚いて言う。

「2カ月の間に相次いで3人の処分が発表されたので、やはり社員の多くが驚いたと思います。さらに驚いたのは処分の内容です。これまでは、せいぜい譴責処分といった軽いものでした。停職の文字は初めて見たと思います」

 一体、何があったのか、と社員でなくとも疑問に感じるだろう。ところが会社側は一切の説明責任を果たさず、そのことも社員に驚きの声をもって受け止められているという。

 同社の「組合ニュース」を見ると実情がよく分かる。


■徹底した箝口令


 4月にA氏とB氏に対する処分が発表されると、当然ながら組合は《処分に至った経緯は》と説明を求めた。

 ところが会社側は《詳細な説明をするつもりはない》とにべもない。理由は《被害者保護の観点》だという。

 組合側は手続きの詳細や、停職3週間と停職2週間という処分の差、《これまでにもセクハラ事案はあったと思うが、今回処分になったのはなぜか》などの質問を重ねるが、会社側は全く回答しない。

 それどころか、《今回処分を受けた2人はしっかり反省していると聞いている》と擁護するような発言も行った上で、組合側に《興味本位的な噂は厳に慎んでほしい》と言うのみだ。

 社員に沈黙を求める姿勢は揺るぎがないらしく、「組合ニュース」には以下のような発言が記録されている。

《興味本位で事実でない噂話を広めることは絶対に許さない。処分の対象にもなりうる。もし自分の娘や妻、夫や息子が同じような被害にあったらどういう気持ちがするのかを想像してほしい》


■セクハラと飲酒運転


 自分たちは取材先に詳細な説明を求めながら、社員には箝口令を敷く。

 一方、5月に処分の下った辻渕氏に関しては、一応はセクハラの内容が開示された。「組合ニュース」には以下のような記述がある。

《停職処分となる男性は、複数の女性社員に対し、性的内容のライン(編集部註:LINEのこと)やメールなどを送るセクハラ行為を頻繁に繰り返していた》

 この3人に対する処分が重いのか軽いのかについては、様々な意見があるだろう。だが、辻渕氏は飲酒運転で物損事故を起こした過去がある。それが本稿に実名を記した理由だ。

 週刊新潮は2008年2月21日号で「飲んで事故って逃げた中日新聞記者は『停職たった2カ月』」の記事を掲載した。

《1月29日午後4時半、中日新聞の社内に社会部の辻渕智之記者(34)を停職2カ月に処するとの張り紙が掲示された》

《東大文学部卒の辻渕記者は1995年に入社。半田支局、岐阜総局を経て、社会部に配属》という経歴だったという。


■物損事故で逃走


 週刊新潮が中日新聞に取材を申し込むと、次のような経緯説明があった。

◆1月13日の夕方まで勤務し、その夜の8時半ごろから名古屋市内にある社会部デスクの自宅で食事。デスクと家族、同僚の女性記者も同席していた。

◆夜12時頃まで、500ミリリットルの缶ビール4、5本を飲んだ。同僚の女性記者は眠くなり、デスクの子供のベッドを借りて寝た。

◆デスクと翌日の午前3時ごろまで話し込んだ辻渕記者はタクシーを呼んで自宅に向かったが、自分の車が本社前に停めてあることを思いだし、タクシーで本社に向かった。

◆自宅に帰ろうと車を走らせると、名古屋市内の県道でガードレールに衝突。慌てた辻渕記者は車を放置し、携帯でタクシーを呼んで自宅に帰った。

◆後に会社の事情聴取で「飲酒運転を起こした事故なので、警察に知らせて処分を受けるのが怖くなって逃げ出してしまった」と説明した。


■「言行不一致」


 中日新聞では06年、生活部の記者が飲酒運転で摘発されており、この時は停職3カ月の処分が下った。

 一方の辻渕氏は停職2カ月。この処分は甘いのではないのかと週刊新潮が中日新聞に質問すると、当時の編集局次長は以下のように答えた。

《私たちは別に処分が甘いとは思っていません。生活部の記者は飲酒、無免許の常習だったので停職3カ月でしたが、今度は常習ではないので、前と同じ処分にするわけにはいかない。それでも副参事から主任に降格したので、社内的には厳しい処分なんですよ》

 インターネットの検索エンジンに辻渕氏の名前を入れてみると、中日新聞北陸支社の記者コラムが表示される。今年2月27日にも掲載されていることが分かる。

 今回の処分で同じように中日新聞に取材を申し込むと、「お尋ねの件につきましては、お答えできることはありません」との文書がFAXで送られてきた。

 それにしても、飲酒運転の次はセクハラ。ずいぶんと立派な記者がいたものだ。

デイリー新潮編集部

2021年6月28日 掲載

関連記事(外部サイト)