事件現場清掃人は見た 孤独死した「50代男性」の病が生んだ“犯罪行為”

 孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、孤独死した50代男性について聞いた。

 ***

 総合失調症などの治療薬である向精神薬は、近年、ネット上での販売が増え社会問題となっている。麻薬と同様、中枢神経に作用して高揚感を与え、依存症になりやすい。向精神薬依存症からの離脱は、ヘロイン依存症より難しいとも言われている。

 言うまでもなく、向精神薬を譲渡すれば向精神薬取締法違反となり3年以下の懲役、営利目的の譲渡であれば5年以下の懲役となる。

 今回ご紹介する孤独死した男性も向精神薬を使用していた。

「14、5年前の話です。マンションの管理会社から依頼でした。50代の男性が亡くなってから2カ月後に発見されたという話でした」

 と語るのは、高江洲氏。

 現場は、都心にある6階建てビルの一室だった。


■子機を握ったまま


「部屋のドアを開けると、強烈な死臭にむせ返りそうになりました。現場は2階で、間取りは1Kでした。男性は蒲団の上で病死していましたが、死後2カ月も経っていたので、室内はひどい有様でした」

 蒲団には遺体の痕跡がくっきりと残っていたという。

「体液は床材を通り越して、コンクリートにまで染み込んでいました。ここまで浸透してしまうと、床材を張り替え、体液が染み込んだコンクリートを削ってコーティングする必要があります」

 なぜ、2カ月も遺体が発見されなかったのか。

「家賃は銀行引き落としでしたので、管理会社の人が部屋を訪れることはありませんでした。また、ワンフロアに一部屋しかなく、外廊下という造りだったので、死臭もビル内に籠りません。それで発見が遅れたのでしょう」

 男性が亡くなった蒲団の周囲には、ゴミが散乱していたという。

「ゴミと混じって、電話の子機がありました。よく見ると、手の跡がべっとりと付いていました。子機を握ったまま亡くなっていたのです。最期に誰と話していたのでしょうか」

 高江洲氏は、ひと通り清掃を終え、遺品の整理にとりかかった。

■カラーボックスにぎっしり


「机の上を見て、思わずギョッとしました。3段の棚がある30センチ四方のプラスチックのカラーボックスに薬がぎっしり詰まっていました」

 よくよく見ると、薬は向精神薬だった。

「亡くなった男性は、精神を患っていたようです。病院から薬を処方してもらう時、いつも多めにもらっていたのでしょう。そして余った薬を転売していたようです」

 向精神薬は3、4種類あったという。

「錠剤10個でひとつのパックになっていました。それを束ね、梱包されたものも見つかりました。机の上には、郵送先リストが書かれたノートが数冊ありました」

 リストは全部で200人分ほどあったという。

「管理会社の話によると、男性はIT関連企業に勤務していたそうです。その傍ら、向精神薬をネットで販売していたのです。14、5年前の話ですから、向精神薬をネット販売する人はまだまだ少なかったはずです。麻薬と同様、向精神薬の依存者には高額で売れますから、結構稼いでいたのではないでしょうか」

 高江洲氏の話を聞く限り、営利を目的とした売人だった可能性がある。孤独死したことは気の毒であるが、違法行為をしていたことは許されまい。

デイリー新潮取材班

2021年6月29日 掲載

関連記事(外部サイト)