テレビに出る「感染症の専門家」を信じるのをやめませんか? バカで自虐的な日本人(中川淳一郎)

テレビに出る「感染症の専門家」を信じるのをやめませんか? バカで自虐的な日本人(中川淳一郎)

イラスト・まんきつ

 G7サミットで各国首脳がノーマスク・ノーアクリル板だったことを日本のメディアは批判しましたが、これが欧米様の認識なんじゃないですかね? 「彼らはワクチン接種率が高いが日本はまだだ!」と例によってマスクが大好きで仕方がない方々がツイッターで吠えまくっていましたが、もう、これ、やめませんか? 人口約半分のイギリスはサミット当日、6月13日の陽性者は7490人で、その日、日本は1384人。ワクチン関係ないじゃん!

 何せ、地上波TVに出る専門家様は「ワクチン接種が行き渡ってもマスク着用を! 大人数の宴会もダメ!」と訴え続けている。せめて「エサ」を用意してくださいよ。ワクチン打ってもマスクはそのままで自由に動けない。だったら打たないでもいいじゃん。

 それにしてもテレビの威力って凄まじいですよね。この1年4カ月ほどテレビに出まくった「感染症の専門家」がとんでもない数の信者を獲得している。同氏がマスクの重要性やPCR検査の数を増やすべきだ、とツイッターで主張すると「〇〇先生の貴重な提言に感謝します!」みたいな意見がズラリと並びます。

 6月13日、NHKはウェブ版で「“子どもが感染”RSウイルス感染症患者 急増 コロナ対策影響か」という記事を公開。「専門家は、通常であれば免疫を獲得していた年齢の子どもたちの多くが免疫を持っていないため、ことしは感染が急拡大しているのではないかとみています」との記述が登場。

 これを受けて、ツイッターでは困惑が広がりました。それは「これまで徹底的なマスク・自粛などの感染対策をしてきたから日本はこの程度の被害で済んでいた」派の皆様からです。

 コロナ対策を徹底的にしたのに、一体なんでRSウイルスに感染するのだ……と。そもそも、世界中でマスクがほとんど義務化したのにあそこまで広がったのって何なんですかね?

 しかし、こんな意見を見ても、ツイッターでは「マスクは万能ではない。ウイルスなんて仕方がないもんだ」という発想にならず、「マスク様のお陰でこの程度で済んでいるのだ!」という話になる。

 もうさ、テレビという最強の洗脳ツールを信じ切る日本人、いい加減にしないか? 感染症の専門家としてテレビに出まくっている岡田晴恵氏、北村義浩氏、二木芳人氏、さらには政府に意見を言いまくる尾身茂氏や西浦博氏なんてどう考えても、2020年以前は知らなかったでしょ?

 突然、彗星のごとくコロナ禍に登場した「感染症の専門家様」。この方々が1年4カ月、日本の舵取りに大影響を与え、カネも稼ぎ、信者も増やした。で、今どうなってます? 相変わらず都会ではマスク率99%(体感値)で、緊急事態宣言やら「まん防」が続き、イベントは客席減少中。そんな中、MLB、EURO2020やインディ500等欧米様のスポーツイベントはノーマスクの大観衆で大賑わい。

 一方、日本は「東京五輪を開催すると死者が続出する! スガは日本国民の命と健康を賭けたギャンブルをするのか!」なんて話になる。もうさ、欧米様だって五輪開催にお墨付きくれたんだからやればいいんじゃない? どこまでバカで自虐的なんだ日本人。

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)
1973(昭和48)年東京都生まれ。ネットニュース編集者。博報堂で企業のPR業務に携わり、2001年に退社。雑誌のライター、「TVブロス」編集者等を経て現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『ウェブでメシを食うということ』等。

まんきつ
1975(昭和50)年埼玉県生まれ。日本大学藝術学部卒。ブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど」で注目を浴び、漫画家、イラストレーターとして活躍。著書に『アル中ワンダーランド』(扶桑社)『ハルモヤさん』(新潮社)など。

「週刊新潮」2021年7月1日号 掲載

関連記事(外部サイト)