上皇さま、ハゼ2種類を発見の“スゴさ” 現役研究者は「驚きと深い尊敬の念」

上皇陛下が新種のハゼ2種を発見 状況を大きく前進させる発見と研究者が解説

記事まとめ

  • 上皇陛下が新たに新種のハゼ2種を発見し、上皇陛下が発見したハゼ新種は10種となった
  • 今回の発見は種多様性解明に向けて状況を前進させた発見と、研究者が凄さを語っている
  • 上皇陛下の研究の緻密さ、正確性、インパクトの強さなどを研究者は絶賛している

上皇さま、ハゼ2種類を発見の“スゴさ” 現役研究者は「驚きと深い尊敬の念」

 退位後初めて発表された論文の中で、上皇陛下(87)が新種のハゼ2種を発見したことが明らかになった。公務の傍ら長年ハゼの研究を続け、さらに87歳を超えて新種まで発見するとは驚きだ。ハゼの研究をする「ふじのくに地球環境史ミュージアム」の渋川浩一氏に、上皇陛下の“スゴさ”を解説してもらった。

 ***

 魚類分類学を専門とし、ハゼを中心に研究している渋川氏は、上皇陛下の論文を読んでどのような感想を持ったのか。

「この論文は、今も上皇さまが魚類分類研究分野の第一線でご活躍されていることを世に示すものです。そして今回の論文発表が、いまだ分類学的問題が残るオキナワハゼ属(Callogobius)の種多様性解明に向けて、さらに一歩、状況を大きく前進させたことは間違いありません」(渋川氏)

 この論文の中で発表された2種類のハゼの和名は、上皇陛下によって「セボシフタスジハゼ」「アワユキフタスジハゼ」と命名された。

「体や鰭(ひれ)の色模様の特徴にちなんで、『アワユキ』や『セボシ』と名付けられました。ただし、見た目の特徴だけで種を区別するわけではありません。鰭(ひれ)の形状や鱗の数、頭にある感覚器官の特徴などもまた重要な要素です」(同)

■なぜ英語版?


 日本魚類学会の英文誌オンライン版(5月20日付)に掲載された今回の論文は、英語で書かれている。どうして英語なのか、という素朴な疑問が浮かぶ。

「そもそも魚類学は自然科学研究の一分野であり、知見の多くは、国に関わらず人類にとっての共有財産となるものです。つまり、日本国内でのみ行われるものではないのです。そのため、研究方面で使用人口の多い英語で書かれた論文であれば、日本語で書かれた場合よりはるかに多くの方の目に留まり、理解され、有効に活用されることが期待できます」(同)

 さらに渋川氏は、新種を発表する論文であったからこそ、英語で発表することの意味が尚更大きいと指摘する。

「例えば、私たち現生人類の分類学上の和名は『ヒト』で、学名は『Homo sapiens』です。和名は日本語の名前であり、『ヒト』と言っても日本国内でしか通じません、一方、学名は、世界共通の生物の学術的名称です。アメリカでも中国でもインドでも南アフリカでも……地球上どこであっても、『Homo sapiens』といえば、私たち現生人類のことを指すのだと理解してもらえるのです。新種とは、この学名が従来つけられておらず、新たに命名された生物種のことです。世界共通の名称を新たに発表するのですから、日本人しか読めない日本語で論文を書いても仕方がないのです」(同)

■これまで10種もの新種を発見


 2種類のハゼは、上皇陛下と共に研究に携わる生物学研究所職員が2001年から2008年にかけて、沖縄県の座間味島や西表島で採集した。

「ハゼは世界中の海や川に生息しています。とくに種数が多く見られるのは熱帯・亜熱帯海域で、日本でいえば、例えば今回の琉球列島でしょうか。水中の世界というのは、陸上と比べて人のアクセスが難しいため、そこにすむ生物には多くの未知が残されています。まだ人に見つかっていない種や、既知の種と混同され、違うことに気づかれていない種も、少なからずあるでしょう。ハゼに関しても、これからも新種発表の事例は続くことと思われます」(同)

 皇太子時代の1960年代からハゼの分類学研究を始められた上皇陛下は、これまで10種ものハゼの新種を発見されている。“そんな簡単に新種が見つかるものなのか”と思った方もいるのではないだろうか?

「新種を発見するというのは、決して簡単なことではありません。その魚が新種であるということは、当然、これまでに世界各地から報告され、命名された3万5000種以上の魚の全てと違うということ。それを明快に証明しなければならないのです」(同)

 これまで見たことのない魚だからといって、新種だと言えるのかというと、話はそう簡単ではない。

「人に個性があるように、魚にも個性があります。他と違う新しいもののように見えても、既に知られた種のちょっと変わった個体かもしれません。そもそも、それが世界のどこかでかつて発表された既知種と同じであることに、単に自分が気づいていないだけかもしれません。実際、参考とした他の研究者の情報をよくよく調べると、じつはその情報自体が正確性に欠けていた、ということもよくありますから。そうした可能性をすべて否定し、分類学の歴史上、学名が付けられたことがない種であることを、他の研究者も納得するように論文で証明しないといけないのです。新種を見つけるというのは、本当に大変な作業なのです」(同)

 他の魚に比べてハゼは、“新種の発見”において有利な点はあるのだろうか。

「新種と特定し、発表する大変さは変わりません。ただハゼは、現在までに世界で2千数百種が知られるという、魚類全体でも指折りの種数を誇る一大グループです。その上、互いに酷似する種が多く、小型で繊細な体のつくりのものも少なくないため、違いを見出すのも大変です。『新種が見つかりやすい』というよりも、多くの方にとっては『なんだかよく判らない』あたりが実際のような気がします。これまで1種と認識していたものが、よく見たら複数種からなるものだった、ということもよくあります。ハゼは、まだまだ研究が必要なグループなのです」(同)

■新種発見だけではない分類学


 そもそも、上皇陛下が長年続けておられる分類学とは、どういった学問なのだろうか。

「分類学は、新種を見つけることを主な目的とした学問ではありません。分類学には、さまざまな段階の研究が含まれますが、今回の新種発表、すなわち新種記載は、あくまで地球上の生物多様性(種の多様性)の解明をすすめる過程における一行為であり、陛下がすすめる、より広い視野をもった分類研究の一環としてなされたものです」(同)

 その上で、新種を発見し、名付けることの意味を渋川氏はこう解説する。

「いま地球上には、どういった生物がどのくらい生息しているのか。その解明に向けて、名前を付けて理解しやすいように整理することが、分類の最初の目的です。整理するには名前が必要で、名前があると、人はそこにあるもの(この場合は生物種)を他と区別して認識しやすくなります。逆に名前がないと、他人とそのものについて認識を共有することさえ困難となります。新種記載は、分類していく過程でもし名前のない生物に気づいたのであれば取り決めに従って名付けてやる、という行為であって、分類学はそれを主目的とした学問ではないのです」(同)


■「驚きと深い尊敬」


 最後に、上皇陛下が長年ハゼの研究を続けていることについて尋ねた。

「ただただ、素晴らしいことと思います。上皇さまらによるご研究成果は、その緻密さや正確性、同研究分野に与えるインパクトの強さなど、私たち研究者にとって魅力あふれる内容のものばかりです。そして、上皇さまのように国際的に知名度の高い方によるご発表は、こうした分野の研究の存在を、さらにはその必要性や重要性を、ふだん研究とは関わりのない一般社会にまで広く伝えるこの上ない機会となるでしょう」(同)

 同じ研究分野で活躍するからこそ、その苦労もよく分かるという。

「分類のみならずどの研究分野においても、成果を出し続けるには大変な手間と時間がかかります。最初の論文をご発表されてから、じつに半世紀以上にわたり第一線でご活躍され続けてきたその熱意とご努力を思うと、驚きと深い尊敬の念しかありません。今回の新種記載に関しましても、公表に至るまでどれほど苦労されたか、察するに余りあります。今後も魚類研究はすすめられるとのこと、くれぐれもご自愛いただき、益々のご活躍を心より願っております」(同)

デイリー新潮取材班

2021年7月5日 掲載

関連記事(外部サイト)