埼玉県警「現職警察官」が「女性向け風俗」で“副業”していた!記者の直撃に本人はあり得ない言い訳

埼玉県警の現職警察官が「女性向け風俗」で勤務 「全ての年代の女性に尽くす」と紹介

記事まとめ

  • 埼玉県警の現職警察官が「女性向け風俗」で身分を隠して勤務していたことが判明した
  • 「大人の色気を漂わせるセラピスト」と紹介され、週3回くらいの頻度で働いていたそう
  • 女性記者が客のふりをして呼び出し、追及すると「副業のつもりでした」と話した

埼玉県警「現職警察官」が「女性向け風俗」で“副業”していた!記者の直撃に本人はあり得ない言い訳

埼玉県警「現職警察官」が「女性向け風俗」で“副業”していた!記者の直撃に本人はあり得ない言い訳

1年以上前から女性用風俗店Xでセラピストとして働くA氏のプロフィール

 男性が女性客を対象にサービスを提供する「女性向け風俗」が、巷で流行しているという。その「セラピスト」と呼ばれる従業員として、埼玉県警の現職警察官が大手グループ店に身分を隠して勤務していたことが、「デイリー新潮」の取材で明らかになった。取材班は本人を直撃。当初、警官は「違います」と否定し、逃げださんばかりだったが――。

 ***


■顔出しNG


 問題の警官は、Xというチェーン展開している大手グループに在籍していた。仮に源氏名を「サトル」とする。プロフィールには「30歳 身長180センチ テクニック◎ イチャ×2◎ イケメン 紳士」。お店からのコメント欄には、こんな美辞麗句が連ねられていた。

〈大人の色気を漂わせるセラピスト! 一言で表現するならこの言葉がしっくりきます。全ての年代の女性に尽くし、持ち前の包容力で癒しと安心感を与えること間違いなし! 大人で紳士な男性に思いっきり甘えたい〉

 そして、こう続く。

〈気になるそのお顔! お昼のお仕事と兼業のため顔を出せないのが惜しい!〉

 ほとんどのキャストが、口元にモザイクをかけるなどして目元を晒している中、サトルだけが、人気YouTuber・ラファエルのように顔全体を覆うマスクをつけているのだ。

 そりゃそうだろう。現役の警察官なのだから。同店の関係者が明かす。

「彼は1年以上前から週3回くらいの頻度で、Xの池袋店で働いています。最初は違う源氏名で、他のキャスト同様、口元だけを隠して堂々と写真を掲載していましたが、数ヶ月くらい前に身バレを恐れてか、突然、他の都内店舗に移籍したんです。しかし、ほとぼりが冷めたと思ったのか、また最近になって今のサトルに名前を変えて池袋店に戻ってきた」


■コロナ禍で利用客が急増した


 女性向け風俗店は、「出張ホスト」などという名称で古くから存在していた。だが、最近になって利用者が急増しているという。

「昔はアングラ感がある業者しかなかったので、店が出来ては潰れるの繰り返しでした。しかし、ここ数年で全国にチェーン展開する大手業者が出現。きめ細かなホームページを作成し、キャストにイケメンを揃えるなど、女性が安心してアクセスできる環境が整った。特にこのコロナ禍で、人恋しくなった若い独身女性などが活用するようになりました」(業界関係者)

 ホストとの違いは何かというと、

「まどろっこしいやりとりをすっ飛ばして、いきなりホテルや自宅などでサービスを受けられることに尽きます。業者は、テクニシャンのイケメンキャストが、指や舌を用いて女性を快楽に導くと宣伝。客の多くはプライベートで欲求不満を抱えている女性です。建前として、サービス内容は“マッサージ行為”のみで本番行為はないとしていますが、風俗営業法の許可を取っていない店がほとんどです」(同前)

 中でもXは、業界最大手として知られ、深夜のバラエティ番組でも紹介されたことがある有名店である。ホームページによれば、全国に約60店舗を展開。ジャニーズ系でスタイル抜群なイケメンキャストは、「総勢500名」も揃っているとのことで、

〈とにかく女性の扱いが圧倒的に優れていること。エスコートでもベッドでも何でも最高レベルであること。それをテーマに掲げ当店では、何度となくミーティングや実技研修を繰り返し行い、さらに外部講師を招いた研修会を定期的に開催し、マナーや心得なども学ぶ環境を作っております〉

 などと謳っている。


■交番のおまわりさんだった


「デイリー新潮」編集部に、「サトルは埼玉県警の現職警察官」という匿名の情報提供がもたらされたのは、昨年秋口のことであった。

 公務員の副業は法律で禁じられている。ましてや、警察官が風俗店で隠れてバイトするなど、職務倫理にも反することだ。2019年に兵庫県警の女性巡査長が大阪市内の性風俗店でアルバイトをしていたことが発覚した際も、女性巡査長は停職1カ月の処分を受け、依願退職している。

 取材班は調査に入ったが、身元の特定は難航した。だが、数カ月間の取材を経て、とうとうサトルの素性が判明した。

 7月上旬のある日。まだ薄暗い早朝5時半頃、埼玉県某所の一軒家からスラックスにベスト姿の長身の男が出てきた。サトルだ。玄関脇には子供用の自転車が置かれている。彼は妻子持ちであった。

 サトルは小雨が降りしきる中、傘を差して最寄り駅まで徒歩で向かった。電車を乗り継ぎ、JR上尾駅で下車。再び傘を差して10分ほど歩き、ある建物の中に消えていった。看板には「埼玉県警上尾警察署」。99年、「桶川ストーカー殺人事件」が発生した際、被害者の告訴をもみ消す不祥事を起こした警察署である。

 埼玉県警関係者が明かす。

「彼の名はA。埼玉県内の高校を卒業後、2010年に埼玉県警に採用されました。本庁のサイバーパトロール課などを経て、今は上尾署の地域課に所属しています。仕事は交番勤務ですよ」


■待ち合わせ場所に現れたA


 交番勤務――。Xのホームページ上にあったサトルの勤務表を見て、合点がいった。彼は2日おきに、午後1時から午後6時までシフトを入れていた。一般的に交番勤務は3交替制で、3日に1日が非番。A氏は夜勤明けに風俗バイトをしていたのである。

「彼は最近、昇進試験に受かって警部補に昇進したばかりです。高卒採用者が30歳過ぎで警部補というのは、相当なスピード出世と言えます」(同前)

 勤務態度は真面目で職場の評価は高い。だが、休みになるや、どんな相手が来るかもわからない女性向け風俗店で、“体を駆使”してアルバイト。そこまでして働く動機は、カネなのか、はたまた欲望なのか――。

 女性記者が客のふりをして店舗に電話を入れ、A氏を呼び出すことにした。指定された待ち合わせ場所は、風俗店が密集する池袋北口の喫茶店前。7月5日午後1時。約束の時間になると、ベスト姿の長身の男が現れた。紛れもなくサトル、いやA氏だ。

 A氏は一旦女性記者に近づくと踵を返し、離れた場所から記者を窺うような仕草を見せた。予め店には、この日の服装を伝えてある。品定めでもしているのだろうか、1分ほど間を置いてから、躍り出るように女性記者の前に立った。


■「カメラを止めてくれますか」


「こんにちは。サトルです。よろしくお願いします」

 緊張を解こうとしてか、優しく声をかけてきたA氏。女性記者が今後の流れについて確認すると、彼は丁寧に説明し出した。

「大丈夫ですよ。この後ホテルまで行きまして。そこでカウンセリングして、なんか質問があれば受けて、それでシャワーを浴びてもらって、出来ること出来ないことを聞くので、それで最初マッサージからして……」

 一通りの説明が終わったタイミングで、近くで待機していた男性記者とカメラマンが2人の間に割って入った。

――埼玉県警のAさんですよね。

 A氏は瞬時に顔を強張らせた。男性記者は、女性は同僚だと伝え、再度、問いただしたが、A氏は「違います」と言って、そそくさと歩き出した。記者は追いかけながら質問を投げ続けた。

――上尾署にご勤務されているAさんですよね。

「違います」

――取材して確認しています。それでも否定されますか。

「違います」

 いくら問いかけても、首を振り、あてもなく歩き続けるA氏。だが、200〜300メートルほど進み、観念したのか、「カメラを止めてくれますか」と言って足を止めた。


■「副業のつもりでした」


 たまたま目についたファミリーレストランに「入りませんか」と記者が言うと、A氏は了解した。だがテーブルで記者と向き合ったものの、動揺のあまりまともに喋れない。記者が取材してきた経緯について説明すると、ようやく彼は自分が埼玉県警の現職警官であることを認めた。終始うつむき、時折黙り込む彼の手は震えていた。

――このような仕事をしていて、いつかバレるとは思わなかったのですか。

「バレないと思ってました……」

――警察官として問題あるバイトであることはわかっていたのですか。

「はい……」

――動機は性的な欲望ですか、それともお金ですか。

「副業のつもりでした」

――公務員で給料が足りなかったから?

(うなずく)

――今後、県警本部で調査され、どのような処分になると思いますか。

「わかりません……」

――今後も警察官を続けられると思いますか。

「わかりません……。今は混乱して、そういうことを考えられる状態ではありません……」

 県警の同僚や上司、家族に対して言いたいことはあるかという問いには、「本当に申し訳ないと思っています。これから自分の口で説明したいと思います」。店を出ると、A氏は蕭然と雑踏の中へ消えていった。


■県警に質問状を送ったが……


 改めて埼玉県警本部に、A氏が勤務時間外に女性向け風俗店に勤務していることについてどう思うか、調査の予定はあるのかなどについて聞いたが、期限までに回答は来なかった。

 ほんの軽い気持ちから始めたバイトだったのかもしれない。だが、交番に勤務する警察官が、いかがわしい風俗店でアルバイトをしていたと県民が知ったらどう思うだろうか。このご時世、不特定多数と濃厚接触していたという点においても、問題ある行動である。勤務時間外であったとしても、彼がしていたことは県民の信頼を裏切る行為だったと指摘せざるを得ない。

デイリー新潮取材班

2021年7月6日 掲載

関連記事(外部サイト)