気づけばあなたも「小室佳代さん」に? 我が子、我が孫をダメにする「子ども依存」

気づけばあなたも「小室佳代さん」に? 我が子、我が孫をダメにする「子ども依存」

小室氏母に専門家"子供依存"

気づけばあなたも「小室佳代さん」に? 我が子、我が孫をダメにする「子ども依存」

小室佳代さん(撮影・大橋和典)

「うちの子は特別」と親は誇る。「親に感謝」と子どもが言う。麗(うるわ)しき家族愛、だが……。切ろうにも切れないがゆえに、厄介極まりない親子関係。以下は、ステイホームを強いられるコロナ禍で、複雑さを増す親子問題の研究である。テーマは「子ども依存」。

 ***

 50歳を超えた親が、大学を卒業して、すでにいい大人であるはずの息子と、朝、一緒に出勤する――。普通は、中学生くらいで子どもは親と距離を取りたがるようになります。この親子は一体どういう関係にあると言えるでしょうか。

「息子は全部自分で決めてやるタイプなんです。中学でインターナショナルスクールに進学することも自分で決めました」

 先日発売された雑誌(「週刊文春WOMAN」2021年夏号)に、小室佳代さんのこんな言葉が掲載されていました。息子の圭さんは小さい頃から自立的な人間だったというアピールなのでしょう。

 これを読んだ瞬間、私は改めてこう感じました。やはり、佳代さんは典型的な「ある親の類型」に当てはまるなと。

 一般的に、小学生の子どもが最初からインターナショナルスクールについて知っていて、自発的に調べて選ぶことは、まあなかなかあることではないですよね。果たして佳代さんは、圭さんがインターナショナルスクールに行きたいと言い出すように「誘導」したことがなかったでしょうか。

 私のもとにカウンセリングに訪れる「ある親の類型」の方は、みんな「子どもには好きにさせてきました」と言います。なぜなら、自分が親としてその類型だという自覚がないからです。

 先の「親子出勤」の話もそうですが、報道等を見聞きする限り、佳代さんは典型的な過干渉、つまり「子ども依存」から抜け出せていない親であると思います。

〈家族問題カウンセラーの山脇由貴子氏は、東京都の心理職として、19年間の児童相談所勤務経験を持つ「親子問題」の専門家だ。その山脇氏によると、ここ数年、「親と縁を切りたい」と言って児童相談所を訪ねて来る子どもが増えている。そうした子どものほとんどが親による過干渉、過保護、すなわち「子どもに依存する親」に悩んでいるという。

 自分とは無縁の話。そう感じる読者も多いかもしれない。だが、子ども依存の問題はそれほど単純ではない。先ほど触れたように、当の親に自覚がないからだ。子どものことを考え、良かれと思ってサポートしてきただけ。そう信じ切っている人は、佳代さんに限らず意外と少なくないのではないか。しかし――。〉

 子どもに依存している親は、一見、我が子を手塩にかけて育てている教育熱心な「良い親」に映ります。しかし、実際には子どもへの執着心・関心が強すぎ、子どものすべてを自分の思い通りにしようとしているだけのことが多い。そんな子ども依存の親に特徴的な我が子の教育法は、大きく2パターンに分けることができます。


■靴下、どうしていますか?


 ひとつは「小室佳代さん型」です。

「うちの子は特別に出来がいいから長所を伸ばさなければならない!」

 こう考え、必死に子どもに「エリート街道」を歩ませようとする。我が子は成功者になるのだ、成功者にしなければならないと思い込み、一心不乱にこの目標に突き進む。圭さんは小さい頃からバイオリンを習い、音大附属小学校に通って、中学でインターナショナルスクールに進学し、留学もしていますが、幼少期の習い事はどの家でも親が習わせたいもの、親から見て「子どもをこうしたい」というイメージに合うものを習わせる傾向にあります。

 訊(き)けば子どもはみんな「自分が習いたいと思った」と言いますが、実際は子どもがそう言い出すまで親が情報を与えている。見学に行かせて、「楽しそうだね」なんて親が耳打ちすれば、子どもは「うん、楽しそう」と答えて言われた通りに習い出すものです。

 事実、カウンセリングをすると、「子どもの時は親にイヤと言える雰囲気ではなかった」「ほめられたい、親を喜ばせたいと思って、親の顔色を窺(うかが)っていた」と振り返る方が少なくない。

 この「佳代さん型」の場合、子どもを東大や芸大に行かせるなど、親が端(はな)から子どもの「成功人生の絵図」を決めていることが多いですね。

 そしてもうひとつは「監視型」です。

「うちの子は悪いことをするから、すべて私が監視しなくては!」

 こう先回りして心配し、過干渉に陥る。私のところに相談に来たある母親は、「うちの子はすぐにものをなくすんです」と言って、子どもの鉛筆を筆箱に紐(ひも)でくくりつけ、絶対になくさないようにしていました。

 普通、子どもが鉛筆を1本なくしたところで親は気づきません。しかし、この型の親は常に我が子を見ているのでどんなに些細な変化でも気づくんです。

 このようにふたつのパターンに大別できる子ども依存の親は、結局のところ子どもを支配しようとします。中には、週8で習い事に通わせる親もいるほどです。そして、放課後遊びに行ってはいけない、休日も家にいなさい、あの子と遊んじゃダメだと縛る――。

〈「習い事」というキーワードで我が身を振り返ってみると、たしかにどこか思い当たる節があり、自身の中に子ども依存の「素地」が全くないとは言い切れない気がしてくる読者も多いのではないか。

 では、どういう特徴を持つ親が子ども依存に陥りやすいのだろうか。〉

 まず、シングルマザーや夫婦関係が悪い家庭は、どうしても子ども依存のリスクが高くなります。夫がいなければ、孤独感から「私にはこの子しかいない」と感じる傾向が強まり、親子関係は密着したものになっていきます。子どもが男の子の場合、息子を「恋人」のように思ってしまう。小室親子はまさにこの関係だと言えるでしょう。

 また、夫婦関係が疎遠である場合も、やはり孤独感から子どもに執着してしまいます。何だかんだ言って、夫に関心を持ってもらえないというのは妻にとってとても辛いことなんです。

「夫側」は大抵こう反論します。

「妻とは普通に会話していますよ」

 しかし、夫が言うところの“会話”は、「あれ、あそこにあるから」「明日はこうだから」といった具合で、実は“事務連絡”に過ぎないケースが多い。「髪切った?」「そのカバン可愛いね」など、妻への関心を伴った文字通りの会話がなされていないと、妻は不安を覚えます。

「私の存在価値って何なんだろう?」

 こうなると、女性の側は「妻」ではなく「母親」としての役割にしか価値を見出せなくなります。必然的に子どもにだけ関心が向かい、過干渉、子ども依存状態に陥ってしまうのです。なにしろ子どもは、夫と違っていつでも「お母さん」と言って甘えてくれますし、母の日には花をくれたりもしますからね。

 こうして子ども依存になった親が、子どもとの関係に悩んで私のところに相談に来た時、私はよくある質問をします。すると、多くの親は「確かにやっています」と答えます。その質問とはこうです。

「子どもが脱ぎっぱなしにした靴下を、代わりに片づけていませんか?」

 この「靴下問題」は、子ども依存への第一歩です。みなさんは、果たしてどうでしょうか?


■依存の連鎖


 次に子ども依存になりやすい親の特徴として挙げられるのは完璧主義。「こうあらねばならない」と思い込みがちな人です。

 子どもに完璧を求める。そして思い通りにならない状況に耐えられない。この心理状況を「欲求不満耐性がない」と言いますが、このタイプの方はもともと自分のアイデンティティが脆(もろ)い。そして理想が高く、それが実現されない状況を許容し、受け入れることができない。自分が完璧かはともかく、むしろ完璧ではない自分のコンプレックスを、子どもを完璧にすることで解消しようとするのです。佳代さんは、これに当てはまるのではないでしょうか。

 金銭トラブルの件を見ても、彼女には自分の非を認められない脆さが感じられます。ご主人と死別され、経済的にも決して恵まれていたわけではない。自分自身に強いコンプレックスを感じている親ほど、子どもを完璧に育て上げることで、自らが「完璧な親」になることを願う。言わば、子育てによる親自身の人生のやり直し、子どもを通した親の自己実現と言えます。

 佳代さんからは、圭さんを「特別」な存在に育て上げたいという意思が強く漂ってきます。これは息子への愛情というよりも、佳代さんの自己愛からくるものなのではないでしょうか。特別になりたいのはむしろ自分のほうであり、それを圭さんに投影している……。

 なお、コロナ禍も子ども依存を強める要因になっていると言えます。経済不安の世情において、我が子を成功者にしなければならないというプレッシャーはより高まりますし、人と容易に会えない環境は孤独感を強め、常に一緒にいる子どもへの過干渉度が増す恐れがあるからです。ステイホームの中で、つい子どもを怒鳴ってしまいがちな方は、単なるイライラではなく子ども依存になっていないか注意する必要があります。

 さらに子ども依存の親は、自身の親との関係が良好でなかったケースが目立ちます。子ども依存の親は完璧主義であることが多いので、「表向き」は自分と親との関係が悪かったとは認めず、「親にはちゃんと育ててもらいました」と言います。しかし、「内心」は違う。

 心理学の世界に、「ロールシャッハテスト」という信頼度の高い有名なテストがあります。左右対称の10個のインクのシミを見て、何を連想するかを尋ねるテストです。

 これを子ども依存の親に実施すると、口では「父親との関係は問題なし」と言っていた方が、父親を暗示するインクのシミを見て「このシミは何の意味もないように見えます」と答えたり、母親のことが大好きと言っていた方が、母親を暗示するインクのシミを見て嫌悪感を示したりすることが極めて多い。これは、親に縛られていた過去に対する拒否感の表れと言えます。つまり、「子ども依存の親」の親も「子ども依存」であったという連鎖が浮かび上がってくるのです。


■結婚したら眞子さまは…


 子ども依存の親が70代、80代になって孫ができると、世の習わしで、「祖父母は孫に甘くなる」ことから孫に直接介入することはあまりありませんが、親、つまり自分の子どもを通して孫に干渉しようとする傾向にあります。

 具体的には、「そんな学校はダメだから受験させろ」「習い事をさせろ」、挙句に「あなたじゃ、ちゃんと世話ができないから孫をうちに預けなさい」と言い出す。祖父母による親を通じた孫への過干渉の結果、親の家庭がめちゃくちゃになってしまうこともあります。子ども依存の親の元で育ったある50代の女性は、未だに親の過干渉が怖くて、実家に帰って親と顔を合わせるのが何よりも恐ろしいと言っていました。

 人は誰しも自分の中に「愛情の器」を持っています。そこから溢(あふ)れた分の愛情しか、他者に注ぐことはできません。つまり、自分自身が充分な愛情を受けていないと、他人に愛情を注ぐなど無理なのです。

 満たされない何かを埋めるかのように「我が道」を突き進む佳代さんには、おそらく他者からの愛情が不足している。そのため圭さんに対しても愛情を注ぐことができず、息子という「自分の所有物」「作品」に支配欲をぶつけているだけに見える。そしてきっと圭さんも愛情が足りていない。

〈愛深きがゆえと思われた過干渉は、実は愛情に基づくものではなかった……。そして子ども依存の親がもたらす弊害は、第三者にも「飛び火」する。〉

 愛情が足りていない人は、結婚しても配偶者に愛情を注ぐことができず、一方的に「愛されたい」という欲求ばかりを募らせます。また、過干渉の親に何でもやってもらってきたせいで、配偶者に対しても「何でもやってくれて当たり前」と感じることになります。

 小室親子のケースで言うと、仮に圭さんが眞子さまと結婚しても、佳代さんと圭さんの子ども依存関係は続きます。そして佳代さんに何らかの危機が訪れた場合、圭さんは今度は眞子さまも動員して佳代さんを守ろうとすると思います。親に依存され、親の世界観の中にすっぽりと収まっている子どもは、何よりも親を守ろうとするからです。

 とりわけ息子の場合、「騎士」として母親をガードしようとする。「元婚約者」とのやり取りを、弱冠20歳の圭さんが録音していたのも「騎士」だからこその行動だったのでしょうし、4月に公表された28頁にわたるいわゆる「小室文書」も、よく読むと結局は「母親は借金などしていない」という弁明に終始していました。彼自身に真の意味での主体性はなく、あくまで母親を守るためにあの文書を出したように見受けられます。

 そもそも、子ども依存の親に育てられた子どもは、大人になっても社会に馴染(なじ)んで生活することが難しい。「佳代さん型」の場合、親から「あなたは凄い」と言って育てられているので、「凄くない自分」を許せず、例えば会社に就職しても一組織人に過ぎない自分を認められずに、すぐに辞めてしまったりする。たしか、圭さんも三菱東京UFJ銀行をすぐに辞められていたはずです。

 子ども依存の親の元で育つ他の弊害としては、平気で嘘をつくようになる傾向も挙げられます。

 過干渉の親に育てられたある30代の既婚男性は、子どもの頃の癖が抜けず、些細なことで嘘をついてしまうと悩んでいました。例えば、半休を取って趣味のサイクリングをしていたのに、奥さんには言えず「仕事に行っていた」と嘘をつく。これは、常に束縛してくる親の目をかいくぐるために嘘をつき続けていた悪影響です。子ども依存の親に育てられた子どもは、とにかく親に怒られ、嫌われることを恐れます。そのため、怒られることに対する自己防衛本能が肥大化し、大人になっても些細なことで嘘をついてしまうのです。


■執着を薄くする術


 では、子ども依存から脱却するにはどうすべきか。

 子どもに依存する親は、圧倒的に父親よりも母親が多い。それは一般的に、父親の生活が仕事中心で、子どもに関心を向ける時間が少ないことに起因します。「子どもではない他の関心事=仕事」があるために意識が分散され、子どもに執着せずに済むのです。

 したがって解決策のひとつは、子どもではない、没頭できるものを探すことです。楽器の演奏でもいいですし、ヨガなど体を動かすことでもいい。とにかく夢中になれることを見つける。

 その意味で、アイドルにハマってみるのも、実は子ども依存からの脱却の早道と言えるかもしれません。フィギュアスケートの羽生結弦くんや、韓流のBTSといった「私だけの王子様」を見つけて彼らに心をときめかすことになれば、その分、文字通りの「私だけの王子様」である我が子への執着が薄れます。

 また、子どもの反抗期を「あって良し」と受け入れることも重要です。子どもは反抗期を経て「真っ当な大人」になります。反抗期とは何か。それは自己主張することを学ぶ人生の大事な過程です。自己主張を通じて、親と自分は別の人格であることを自覚し、親がいつも正しいとは限らないことに理解が及ぶようになる。反抗期とは精神的な自立の期間なのです。

 ところが子ども依存の親の元で育つと、「親の言うことを聞かないと大変なことが起こる」という恐怖心を植えつけられ、自立の過程を奪われてしまう。

 冒頭で触れた雑誌記事の件に戻ると、小室文書以降、圭さん自身は記者会見などで何の説明もしていないのに、今回、母親である佳代さんが前面に出てくる形となりました。そこで改めて佳代さんは、要は元婚約者からの金銭は借金ではないと訴えた。この佳代さんの行動に込められたメッセージを、世間はこう読み解くのではないでしょうか。

「圭、私が何とかするから、あなたは何も言わなくていいのよ」

 親がどうにかするから子どもは何もしなくていい――。これこそ過干渉の親の典型的な振る舞いです。そうやって、ずっと子どもに責任を取らせないできた。ここから脱却しないと、子どもの問題解決能力が育つことは期待できません。

 大人になって社会に出れば、自分でトラブルを処理するのは当然のことです。それを子ども依存の親は妨げ、本当の意味での成長の機会を奪うことで子どもに害を与えている。まずは、そのことを自覚するべきです。結局苦しむことになるのは親ではなく、皮肉なことにあなたが愛しているはずの子どもなのですから。

山脇由貴子(やまわきゆきこ)
家族問題カウンセラー。東京都出身、横浜市立大学心理学専攻卒業。児童相談所に心理の専門家として19年間勤務。現在は「山脇由貴子心理オフィス」でさまざまな家族のカウンセリングを行っている。『モンスターペアレントの正体』など著書多数。

「週刊新潮」2021年7月8日号 掲載

関連記事(外部サイト)