眞子さまの結婚問題も霞んだ陛下「ご懸念」の衝撃 菅首相の「内奏」で何があったか

■正面から受け止めるつもりは…


 去る6月24日、宮内庁の西村泰彦長官が定例会見で、「天皇陛下は、東京オリンピック・パラリンピックの開催がコロナ感染拡大につながらないか懸念されている」と言及したことは大きく報じられた。それから時間が少し経過する中で、「眞子さまと小室さんの結婚問題が一時霞むほどのメガトン級のインパクトがあった。最大のキッカケは菅首相の内奏だったのではないか」と宮内庁の人々は口にしているという。

 24日の会見で西村長官は、大要こう述べていた。

〈オリンピックを巡る情勢としまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変ご心配しておられます。国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されている、ご心配であると拝察しています〉

〈私の受けとり方ですから。陛下はそうお考えではないかと、私は思っています。ただ陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはありません。そこは誤解ないようにお願いします〉

 政治部デスクによると、

「西村さんは警視総監も務めた警察キャリア出身で、官邸を取り仕切る同じ警察キャリア出身の杉田和博官房副長官が宮内庁をハンドリングすべく送り込んだ人物です。西村さんは24日の発言に至るまで、陛下の『ご心配』の高まりを肌で感じる中で、杉田副長官にも、状況説明を続けていたようですが、結果から見ると官邸としてそれを正面から受け止めるつもりはなかったということになるでしょう」

■G7首脳からも支持を


 宮内庁担当記者によると、

「ワクチン接種がままならず、新規感染者数もなかなか落ち着きを見せない中、陛下の懸念はかなり強くなっていったのは間違いないでしょう。お仕えする面々にも新型コロナについてお尋ねになる場面が増えて行ったといいます」

 その一方で、東京五輪の開催については観客を入れる・入れないについて議論があったものの、あくまでも開催ありきで話は進んでいった。政府分科会の尾身茂会長が、パンデミック中の開催は異常だというような発言を繰り返しても、開催の是非について政府レベルで議論が展開することはなかった。

 そんな状況下の6月22日、陛下は菅首相から内奏を受けられたのだった。内奏とは陛下に対して行われる「報告」を指す。

「宮内庁職員らの話をまとめると、菅さんがイギリスで行われたG7に関することなどを報告したうえで、報告は東京五輪開催と新型コロナに移って行ったと言います。そこで陛下は報じられた懸念についてお尋ねになられたようですが、菅さんの説明がかみ合わなかったと聞いています」

 別の担当記者にも聞いてみると、

「菅さんは、ワクチン接種が進めば新規感染者数はもちろん重傷者や死者は減らすことができるということを重ねて強調していたと言います。五輪についてはとにかく安全かつ安心の大会のためにまい進する、G7首脳からも開催について支持を取り付けたなどと訴えたのですが、その根拠をはっきり打ち出すことができなかったようです」

■懸念を払しょくするにはほど遠く


 例えば、開催することによって海外から一気に人が入ってきたり、彼らが国内を移動することによって感染が拡大したりする可能性があるわけだが、

「そういう状況があるにもかかわらず、どうして『安心かつ安全な大会』と言えるのか、明確に説明できなかったのではないでしょうか。五輪の主催者はあくまでもIOCですから、菅さんの説明がどこか他人事のようになってしまった可能性もあるでしょう」

 内奏の時間そのものは30分程度だったという。

「菅さんとしても丁寧に説明したい、そうしたつもりだったのでしょうが、陛下の懸念を払しょくするにはほど遠かったではないかと思われます。あくまでも開催ありきでコトを進めている印象がぬぐえず、24日の長官会見という流れになったというのが衆目の一致するところです。会見後は相当な衝撃で、眞子さまの結婚の話が吹っ飛ぶくらいのものだと口にする宮内庁の人もいました」

 憲法で天皇陛下は政治的行為を禁じられているが、そのリスクを十分に知る西村長官による言及だったことも衝撃を大きくしたようだ。

デイリー新潮取材班

2021年7月13日 掲載

関連記事(外部サイト)