渋沢栄一とビール 「キリン」「サッポロ」で果たした重要な役割 飛鳥山邸での要人接待

渋沢栄一とビール 「キリン」「サッポロ」で果たした重要な役割 飛鳥山邸での要人接待

渋沢栄一(国立国会図書館 近代日本人の肖像より)

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』で何かと話題の渋沢栄一。じつに500社以上の会社の創業や運営に携わったことは知られているが、日本のビール会社の黎明期にも深く関わっていたという。

 ***

 渋沢の功績として、有名なのは1873(明治6)年、日本最初の銀行となった第一国立銀行(現・みずほ銀行)の創業を担い、総監役に就任したことだ。同じ年には、瓦斯掛(現・東京ガス)の委員となりガス事業を計画。1876(明治9)年には秀英舎(現・大日本印刷)を創業、中外物価新報(現・日本経済新聞)の創刊を支援した。

 さらに、東京海上保険会社(現・東京海上日動火災保険)、日本鉄道会社(現・東日本旅客鉄道)、東京電灯会社(現・東京電力ホールディングス)、東京ホテル(現・帝国ホテル)、東京貯蓄銀行(現・りそな銀行)など、500社以上の創業に関わった。

 経営学者のピーター・ドラッカーは、「20世紀に日本が経済大国となったのは、渋沢の業績によるところが大きい」とし、「彼の偉業はロスチャイルド、モルガン、ロックフェラーを凌ぐ」と高く評価している。そんな渋沢は、日本のビール会社の黎明期に深く関わっていた。


■キリンビールの前身会社に出資


 日本でビールの醸造が始まったのは1870(明治3)年。アメリカ人のW・コープランドが横浜の山の手に「スプリング・バレー・ブルワリー」を開設した。1884(明治17)年にこのブルワリーが閉鎖されると、その後を引き継いで「ジャパン・ブルワリー・コンパニー」(注・後のキリンビール)が設立された。

 キリン歴史ミュージアムのホームページには、その経緯が記載されている。以下はその抜粋である。

《キリンビールの前身であるジャパン・ブルワリーは横浜・山手の在留外国人らによって、外資系の会社として1885(明治18)年に設立しました。当初、日本人株主は三菱社社長の岩崎彌之助のみでした。翌1886(明治19)年に資本金を増資することとなり、渋沢栄一をはじめとする日本人実業家たちが名を連ねることになります。渋沢栄一は1889(明治22)年7月に非常勤取締役に就任、1889年9月4日の重役会議事録にはサインを残しています。》

 ジャパン・ブルワリーは1888(明治21)年、明治屋を総代理店として初のビール「麒麟麦酒」の販売を始めた。

 一方、札幌には明治政府によって1876(明治9)年、「開拓使麦酒醸造所」が開設された。この醸造所は1886(明治19)年、北海道庁の所管になり(北海道庁札幌麦酒醸造所)、同年に大倉組に払い下げられた(大倉組札幌麦酒醸造所)。これを継承したのが渋沢である。

 サッポロビールのホームページによると、

《道庁から札幌麦酒醸造所の払下げを受けたのが大倉喜八郎でした。大倉は二度の洋行で西欧のビール事業を実見した経験がありました。1886(明治19)年11月、官営ビール事業は民営化され「大倉組札幌麦酒醸造所」として新たなスタートをきりました。しかし翌年、大倉は醸造所を政財界に多大な影響力を持つ渋沢栄一、浅野総一郎らに事業を譲渡してしまいます。大倉はビール事業をより確実なものにしたいと考えたようです。1887年12月、大倉自らも経営に参画し、新会社「札幌麦酒会社」が設立。渋沢らの加入により、大きく飛躍する基礎が確立したといえます。》


■園遊会に出た麦酒


 渋沢は、ジャパン・ブルワリーでは株主理事員、札幌麦酒会社では1894(明治27)年に初代会長に就任している。札幌麦酒会社は1906(明治39)年、日本麦酒、大阪麦酒と合併して大日本麦酒になる。

 キリン歴史ミュージアムHPには、渋沢に関するこんな記述がある。

《1901(明治34)年の麦酒税法施行の際には、課税があまりに高いため低減すべきだと請願を出して、日本のビール事業を芽吹かせようとしていました。渋沢栄一はその後もビール事業への支援を続け、ジャパン・ブルワリーの重役は1896(明治29)年まで、大日本麦酒となった札幌麦酒会社は1909(明治42)年まで務めました。》

 明治以降は文明開化と呼ばれるように、さまざまな西洋文化と共にビールを始めとした西洋の食文化も浸透した。渋沢はビールは人々の生活を豊かにし活力を与えると考え、ビール産業に可能性を見出し支援した。ところが本人は、ほとんどビールは飲まなかったという。

「渋沢は、幕末の頃は仲間と日本酒を酌み交わしたそうですが、明治になってからはほとんどお酒を飲まなかったそうです」

 と解説するのは、渋沢史料館(東京都北区)の桑原功一副館長。

「渋沢は、自宅である飛鳥山邸(旧渋沢邸・東京都北区)で、国内外の要人を招いて接待していました。海外の最初の客は1879(明治12)年、アメリカのグラント元大統領でした。それから、ハワイのカラカウア王、1897(明治30)年には、後に大統領となったアメリカのタフト陸軍大臣です。1909(明治42)年に渋沢が渡米した時、タフト氏は大統領になっていました。昭和になってからは、蒋介石も招いています」

 国内の招待客では、徳川慶喜、伊藤博文、井上馨、榎本武揚など、錚々たる人たちが訪れたという。

「お客様を接待する時に供したのがビールでした。渋沢自身は、ビールはほとんど飲まなかったようですがね。招待した客は250組にも上ったそうです」(同)

 敷地2万8000uの飛鳥山邸の庭には、月見台があり、そこで招待客を接待したという。

「茶室とつながった『邀月台(ようげつだい)』です。崖下に柱を立て、清水の舞台のような造りとなっています。そこで客に料理や酒、ビール、ワインなどでもてなしたようです」(同)

 園遊会でも、多くの人を招いた。

「飛鳥山邸の庭で行われた園遊会では、屋台も出ました。天婦羅や寿司、田楽、薄茶などがあり、そこでビールも提供されたと記録に残っています。銘柄は書かれてなく、ただ麦酒とだけ書かれていました」(同)

 ちなみに、1877(明治10)年に東京で売り出された開拓使麦酒の値段は、大瓶で16銭、小瓶で10銭だったという。かけそばが1杯8厘の時代で、現在のお金に換算すると大瓶が約3000円。庶民にとってはかなりの贅沢品だったようである。

デイリー新潮取材班

2021年7月14日 掲載

関連記事(外部サイト)