フランスの極右政党から立候補した日本女性 「移民受け入れで日本はこの国を反面教師にしてほしい」

フランスの極右政党から立候補した日本女性 「移民受け入れで日本はこの国を反面教師にしてほしい」

「国民連合」から出馬した犬飼敦子さん

 フランス国籍を取得した元日本国籍の女性が、フランスの県議会選挙に“極右政党”から出馬するというニュースが、今年の4月末、フランスメディア「actu.fr」などで報じられました。日本出身の女性が国籍を変えて外国で政界に挑むというだけでもびっくりしましたが、移民反対のイメージが強い「国民連合」からの出馬ということにさらに驚きました。どのような経緯で出馬に至ったのか、その思いをご本人に直接伺いました。

 ***

「政治には、もともと特に興味はなかったんです」

 と語る女性の名は、犬飼敦子さん(58)。パリ市内の国立中学校で日本語を教える正規の教員です。出身は東京・新宿区だそうです。

「フランスに行きたいというのは、5歳くらいの頃から言っていました。でも、なぜなのかは分からないんです。親がフランスに関わる仕事をしていたわけでもないですし。強いて言うなら、本棚にあった父の『フランス絵画大全』でロートレックなどフランスの絵を見ていたくらいです。あまりにも小さい頃から言い続けていたので、親も反対することなく、『あ、そう』という感じで送り出してくれました」

 渡仏にあたっては、日本のテレビやラジオなどでフランス語を勉強し、東海大学文学部のヨーロッパ専攻西欧課程に進学。ここでもフランス語を中心に学んだという犬飼さんは、在学中に反原発やアパルトヘイト反対のデモに参加された経験があるそうです。

「学園祭などに他校の人たちが来て、そういったデモのビラを配ったのが、運動に参加したきっかけでした。大学と同時に通っていた語学学校にも、掲示板に運動への参加を促すものが貼ってあったかもしれません。世界のどこかでつらい目に遭っている人がいるなら、それをなくしたいし、嫌なことには嫌と言ったほうが良いかな……くらいの気持ちで、特に政治活動に参加しているという感覚はありませんでした。時代的に学生運動のピークは過ぎていたけれど、まだ活動している人はいたし、デモに参加する女性も少なくなかったです」

 そして大学2年時には、パリのソルボンヌ大学で夏期講座を受講するためにフランスへ。

「40年弱前のパリは、街並みはもちろんきれいで、空気も日本とは違うと感じたけれど、何よりフランスの公務員は立派でしたね。親切丁寧で自分の仕事に誇りを持った人達が多かったです。フランス国鉄も今とは違い、必ず時間通りに運行していたのを憶えています。2か月の滞在の後に日本に帰国し、フランスへの思いはさらに強まりました。大学卒業後の数年間は、働きながらフランス語の夜間学校に通いました。結局、フランスに移住したのは27歳の時です」

 渡仏2日後には免税店で働きはじめ、翻訳の仕事を経て、フリーペーパーの無料広告で募集した生徒に日本語を教える生活をしていたという犬飼さん。当時の生徒の一人であったフランス人男性と結婚され(その13年後には離婚)、2人の子供にも恵まれました。家族を養うための仕事と育児を両立するという生活を送り、政治に関わることはありませんでした。


■正規職員という選択とフランス国籍


「義母は教職に就いており、彼女が勤めていた学校で日本語教師を探しているという話があったんです。話を聞きに行ったら、実は探していたのは中国語教師。それでも『まあ日本語でも良いでしょう』ということになり、臨時教員として職を得ました。10年ほど勤めた1999年、正規教員にならないかというオファーを受けました。

 ただ、フランスの正規教員は公務員ですので、フランス国籍を取得しなければならないのです。日本は二重国籍を認めていないので、正規教員になるためには日本の国籍を放棄するしかない。結婚した時も国籍は変えませんでしたが、2か月間考えた後、正規教員の道に進むことを決意し、フランス国籍を得ました。

 もし日本語教師の仕事をしていなければ、そして正規教員へのオファーがなければ、フランス国籍を取得しなかったでしょうし、選挙にも出馬していなかったでしょう」

 正規教員として働く一方で、子育てにもはげむ日々。やはり政治とは縁遠い暮らしでした。

「とはいえ、元夫は国民戦線(2018年に党名を国民連合に変更)の支持者でしたから、国民戦線がどういう主張をしているかは知っていました。それでもド・ゴールとかムッソリーニのような歴史的な政治家の話をするくらいで、現在の政治に関して話すことはほとんどありませんでした。ただ、国民戦線の主張は、メディアで聞いても読んでも分かりやすいという印象はありました。他政党のものは何度か聞き直さないと分かりにくいような内容だとも感じていました。

 それに国民戦線が世間から『極右政党』と呼ばれていることにも疑問がありました。日本でいう『右翼』のように、街宣車を走らせたりといった過激な活動をしていたわけではありません。日本から来た私にとっては、フランスらしさを取り戻そうという至極まっとうな主張をしているだけで、極右には思えませんでした。

 国民連合に現在も極右のイメージがついて回るのは、2011年まで党首だったジャン=マリー・ル・ペン氏の人種差別的発言などの影響でしょう。現在、国民連合は、フランスで働き、フランスで消費する移民を認めていますし、国民戦線当時とは違うのですけどね」

 ニコラ・サルコジ元大統領やジャック・シラク元大統領などの右派と、フランソワ・オランド元大統領やフランソワ・ミッテラン元大統領などの左派が、代わるがわる政権を握るフランスにおいて、ジャン=マリー・ル・ペン氏が率いた国民戦線は極右政党として有名でした。

 初代党首である彼は、2010年の訪日時に靖国神社を参拝したことが日本でもニュースになりました。「日本は美しい国。日本の(二重国籍を認めない)国籍法は、私たち国民戦線の考え方とまったく同じだ」という発言がメディアで取り上げられています。

 フランスで政権を取ったことはありませんが、反移民の立場から、移民2世、3世の暴動が起こった2005年以降、支持を伸ばしました。若者や失業者、肉体労働者が主な支持層だといわれています。2011年にル・ペン氏の娘マリーヌ・ル・ペン氏が国民戦線党首となり、移民を制限付きで受け入れるなど、父親より穏健な政策を提案しています。

 マリーヌ氏は2017年の大統領選挙に出馬しましたが、中道といわれる共和国前進のエマニュエル・マクロン氏に敗れました。これに危機感を抱き、犬飼さんは党員として国民戦線に加わることに決めたといいます。国民戦線は翌年に党名を変更し、国民連合となりました。

「この人(マクロン)が大統領では、初めて私がフランスを訪れた数十年前に感じた“誇り高きフランス”がなくなってしまう――これはいけないと思いましたね。彼は、2018年に仏領西インド諸島アンティルを視察した際に、元強盗犯で、しかも上半身裸の現地の若者と写真を撮り、物議を醸したこともありました。そのような写真が世界中に報道されるフランスは、恥ずかしいと思いました。またマクロン大統領は、十分な受け入れ策がないまま大人数の移民の受け入れを進めています。大統領としてどうなのだろう、と思います。私が好きだと感じたフランスを取り戻してほしいという思いで国民連合に加入しました」

 国民連合は現在、反マクロン派からの支持も厚く、反移民などの極右というイメージを払拭するべく、より寛容な穏健主義に舵を切っています。まさに犬飼さんを擁立したこともそのひとつであるのかもしれません。彼女の擁立は、外国人を受け入れるという姿勢のアピールだと指摘するメディアもあります。

 とはいえ、党員になっても政治活動に積極的ではなく、4年に1度の党大会に参加したほかは、年に1度、県下の党集会に参加する程度だったそうです。どういった経緯で、立候補することになったのでしょうか。

「国民連合の地域代表が私と同じ教員ということで、お互いのことは知っていました。今回の県議会選挙(6月20日、27日の2回投票)の出馬者登録の締め切り間近に、その彼から立候補の打診を受けましたが、2度、断りました。私でなくても他に候補者はいるだろうと思いましたし、政治家というのは交渉や駆け引きに長けている必要があると思うので、子供たち相手の仕事を30年以上続けてきた自分には向いていないと思ったんです。それでも3度目の出馬要請に、これはよほどのことだろうと思い直しました。私でも力になれるならやろうと思いました。私が好きになったフランスを取り戻す手伝いができるならと決心しました」


■周囲の反応


 教職員に左派が多いのは、日本もフランスも同じ。それでも、犬飼さんが“極右政党”から出馬すると知った数人の同僚からは、「頑張って」「応援するね」というエールがあったそうです。その一方、

「二人の息子は冷めた反応でした。『今さら何をしてるの? フランスは既に移民を多く受け入れているし、こんな状態になってからではもう遅いんじゃないの?』というようなことを言われました。長男は30歳になりますが、息子と同じ世代のフランス人の多くは、政治に無関心のようですね。私とほぼ同じ年齢のフランス人女性でも、『フランスと言ってもいろんな国の人が混ざっているし、フランス人なんているのかしら? ヨーロッパ人ということよね』などと言う人もいました。大変残念なことです。このままではいけないと思います」

 こうした想いを聞くと、やはり国民連合の党員らしいという印象です。自らも移民である犬飼さんは、移民についてどうお考えなのでしょうか。

「移民を受け入れたことでフランスは変わりました。例えば、ある宗教に忠実な一部の人たちは、宗教の教えが最優先で、国の法律は大事ではないと言います。その宗教の発祥地なら、その宗教に沿って法律がつくられているのだから、問題は起こらないでしょう。でも、歴史的にキリスト教文化が根付いているフランスにおいては、別の宗教を基にした考え方は相入れないこともあります。

 人道的理由で受け入れた移民が、フランスに対する感謝や、法律や慣習を尊重する気持ちもなく、フランス文化に馴染もうともしなければ、国の秩序は乱れます。不法滞在者や、あるいは正式な移民でありながらも罪を犯す移民を、いつまで許容し続けるのでしょうか。例えば、イル・ド・フランス(パリを中心とした地方)のフルリー・メロンジス刑務所の男子受刑者は、移民3世や外国人が8割以上を占めるのです。

 誤解しないでいただきたいのですが、移民を排斥すべしと言いたいのではありません。フランス人と結婚している方や、フランスが好きでここに住み、働いて納税している外国人には、何の問題もありません。

 日本も対応策が不十分なまま外国人を無差別に受け入れたら、フランスと同じ道を辿ることになると思います。日本で働く移民が、給料を日本で消費せずに海外に送り続け、日本の文化や慣習を尊重しなければ、国の秩序はどんどん乱れます。フランスは移民受け入れという点では、日本の数十年先を行っています。特に策のないまま移民を受け入れることで国がどう変わってしまうのか。ぜひ日本はフランスを反面教師にして、対策を練ってほしいです」

 そんな犬飼さんが唱える移民受け入れ策は、例えばこんなものです。

「移民としての申請を受けた1年後に、フランス語を習得しているか、フランスの生活に適応していこうという意思と努力が認められるか、フランスが好きで住みたいのか、フランスの歴史や文化を尊重しているのかなど、移民の長期滞在やフランス国籍授与をケースバイケースの審査で進める必要があるのではないでしょうか」

 記憶も定かでない頃からフランスに恋い焦がれ、国籍を変えるほどにフランスを想う犬飼さんの提言だからこそ、重みもまた違ってきます。

 移住者である私としても、満たすべき条件を国が移民に対してしっかりと提示しなければ、反移民運動が起きたり差別や嫌悪につながったりと、双方がつらい思いをすることになるというのは、現在のフランスを見て感じるところです。国民連合のすべての政策のお話を伺ったわけではありませんが、移民政策に関しては、日本もフランスに学ぶべき点はあるかもしれません。

 選挙では決選投票まで進むも、最終当選を逃した犬飼さん。私がお話を伺ったのは結果が出る前でしたが、

「とにかく地元の人の話を聞きに行きます。何が不満なのか、どうして欲しいのかを、まず低所得の人からですね。話を聞いた上で、優先順位をつけて実行していきたい。そして来年の大統領選挙まで国民連合の仲間とフランスのために頑張りたい」

 とおっしゃっていました。意図していなかったとはいえ、強い決意をもって踏み出した政治の道に、今後もぜひ挑戦し続けて頂きたいです。

ヴェイサードゆうこ
翻訳家・ジャーナリスト。青山学院大学国際政治経済学部卒。ITベンチャーから転身し、女性向けweb媒体のライター、飲食専門誌の編集記者として執筆。2016年よりフランスに移住し、現在はYouTubeで現地情報を発信中(http://bit.ly/2uQlngQ)。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月19日 掲載

関連記事(外部サイト)