「毒親」はいかにして生み出されるのか 「愛着スタイル」が影響、毒親との向き合い方は?

「毒親」はいかにして生み出されるのか 「愛着スタイル」が影響、毒親との向き合い方は?

毒親との向き合い方とは

〈語録〉〈恐怖〉〈連鎖〉。これらの言葉の前には、昨今流行(はや)りのある言葉が付く。「毒親」。ひどい親に育てられた自分が幸せになんてなれない。子どもにきつくあたってしまう私は、もしかして……。

 ***

 毒親育ちの私はどうすればいいの?

 毒親の介護はしなきゃいけないの?

 もしかして私自身が毒親?

 最近、「毒親」という言葉を、新聞・テレビ・ネット等、あらゆるメディアで見聞きする機会が増えています。自分は毒親に育てられたと、親を「告発」する有名人の存在も珍しくなくなりました。

 しかし、毒親の定義は極めて曖昧です。そもそも、「毒親」という言葉は医学的専門用語ではありません。子どもは親を選べませんから、「親の仕打ち」に苦しんできた人が、自分の親が毒親であったと知ることで、「自分が悪かった」のではなく「親が悪かった」と認識し直せるとすれば、それは心の癒やしなどの面で決して悪いことではない。

 一方で、私は臨床医の立場から、安易な「毒親認定」には副作用が伴うことも指摘したいと思います。

「毒親に育てられた私が幸せになることなどできない」

「親が変わらない限り自分は変われない」

「私の性格が歪(ゆが)んだのは毒親のせいなのだから、もうどうすることもできない」

 こういった絶望を徒(いたずら)に抱かせてしまう危険性があるからです。

 では、毒親とは一体何なのでしょうか。

〈精神科医の水島広子氏は自身が院長を務めるクリニックで毒親、そして毒親に育てられた人、双方と日々向き合っている。

「毒親語録」「毒親の恐怖」「毒親連鎖」「毒親チェックリスト」……。巷には「毒親」が溢れ、「毒親ブーム」とでも言うべき事態となっている。ややもすると、「子どもにきつく当たる親」はすべて毒親と捉えられかねない状態とすら言える。他方、腫れ物に触るように子どもと接していては、教育も躾(しつ)けもままならない。ここは一度、「ブーム」に流されず、専門家の意見に耳を傾けてみるべきであろう。〉

「毒親」という言葉は、医療機関のコンサルタントであったスーザン・フォワードが米国で1989年に出版した『TOXIC PARENTS』が起源であり、日本では99年に『毒になる親』として刊行されて以降、広く使われ始めました。同書では、毒親とは子どもにとてつもない害を及ぼした親とされています。

 毒親という言葉が人口に膾炙(かいしゃ)するようになった分、「毒親該当者」も曖昧な形で広がった感があります。そこで改めて、臨床の経験をもとに、私は毒親をこう定義づけたいと思います。

 子どもに安定した愛着スタイルを身につけさせてあげられない親。


■子ども側の「物差し」


 この定義に基づくと、例えば厳しめに子どもを叱る親は、そのことだけで毒親にはあたらないことになります。愛着スタイルについては改めて触れますが、大事なポイントは子どもから見て親が不安定と映らないこと。そのためには「範囲」が重要です。うちの親はある線を越えると怒るけど、その線の内側であれば大丈夫と「範囲」を認識できれば、子どもは安定するものです。それは、「物差し」の違いと言うこともできるでしょう。

 親の機嫌が良いと許されることでも、機嫌が悪いと滅茶苦茶に怒られる。物差し、つまり基準が「親の機嫌」なので、子どもには理解し、受け入れることができない。これは毒親です。

 他方、子ども側に物差しが用意されていて、「人としてやってはいけないことをしたから親に怒られる」というような基準を子どもが飲み込めていれば、毒親にはあたらないと言えます。もちろん、この場合でも怒り方が常軌を逸している場合は別です。

 なぜ、こうした説明をするかといえば、あまりに毒親という言葉が広がったために、ちょっと子どもを叱っただけで、「私は毒親なんじゃないか」と思ってしまうことが心配されるからです。その結果、「子育て完璧主義」に囚(とら)われ、ストレスのせいで、却って子どもにきつく当たり、毒親ではなかったのに毒親になってしまう危険性があるのです。

 無理なことを自らに強いれば、人間、絶対におかしくなります。自分はこんなに完璧に子育てをしているのに、どうして子どもは完璧に育たないのか、子どもが悪い、子どもを叩き直さないと……。これでは元も子もない。

〈思わず、ものすごく激しく子どもを怒鳴ってしまった。つい、子どもに手を上げてしまった。私は毒親なのではないか。「毒親ブーム」ではそう思いがちになるが……。〉

 理不尽に厳しく叱ってしまったと思ったら、謝ればいいんです。さっき怒ったのは親側の問題であって、子ども側の問題ではないのだということをきちんと理解させてあげれば、「子どもの物差し」はブレないですよね。「今日はお母さん体調悪くて。さっき、カッとなっちゃったのはそのせいなの。ごめんね」といった具合にです。

 体調がすぐれず、その時の気分でついカッとなってしまった。そんな「過ち」を、親が子どもに認めていいものなのだろうか――。そう考えることこそ、毒親への第一歩です。それは「子育て完璧主義」の虜(とりこ)になり始めている証ですからね。人間は完璧じゃない。この理解に立たなければ、そもそも子育てなんてできません。怒鳴ってしまったら謝る。人間って、こういうこともあるよね。親子でそんなことを話せれば、一回や二回、厳しく叱ったからといって全く問題ありません。

 こうした基準から考えると、有名人などの「毒親告発本」の内容には、正直に言って首を傾げることも少なくありません。


■毒親の抱える4つの事情


〈「毒親ブーム」に踊らされないために重要なのは、「毒親」という言葉そのものに過度に毒されないことと言えそうである。

 一方、先に提示された水島氏の定義に当てはまる、「真正の毒親」が確実に存在するのも事実だ。その毒親は如何にして生み出されるのか。〉

 私の臨床現場での経験上、何の精神医学的事情もなく毒親になった親はいませんでした。先ほど述べたように、完璧な親はいませんから、瞬時、「毒親風」の言動をすることはあるでしょう。しかし、常時、毒親であり続ける親には相応の原因があるのです。私はそれを「毒親の抱える4つの精神医学的事情」として分類しています。

「1」―― 発達障害タイプ

「2」―― 不安定な愛着スタイル

「3」―― うつ病などの臨床的疾患

「4」―― DVなどの環境問題

 誰もがなりたくてなっているのではなく、こうした事情ゆえに毒親になってしまうのですが、ここでは先ほど触れた「2」の愛着スタイルについて掘り下げてみたいと思います。

 愛着スタイルとは、主に幼少期における「母親的役割」の人との関係性から形成される行動の様式です。必ずしも母親とは限らず、父子家庭においては父親がその役割を担い、他の養育者でもあり得ます。簡単に言うと、幼い時に「母親的役割」の人からどのような愛情を受けていたかということであり、これは愛情の受け手である子どもが大人になってからの、他者との付き合い方にも少なからぬ影響を与えます。

 安定した愛着スタイルの人とは、自分が求めた時に「母親的役割」の人がしっかりと愛情を提供してくれた環境で育ってきた人のことを指します。その安定的なつながりを、子どもは失敗してもそこに戻ればいいという信頼感のある「安全基地」として捉えられる。そうすると、その子どもは基本的に「性善説」の大人になり、情緒が安定します。

 逆に不安定な愛着スタイルの人は、「母親的役割」の人が温かく助けてくれることもあれば、冷たく突き放してくることもあるという、文字通り不安定な環境で育った人です。

 この環境では、子どもは常に相手の顔色を窺(うかが)わなければならず、大人になってからも「いつ見捨てられるか分からない」と不安定な感情を持ちやすくなる。それが対人関係にも表れ、相手のちょっとした行動にも「この人は私のことが嫌いなんじゃないか」と過剰に反応してしまい、猜疑心に苛まれる。

 反面、ひとたび「密な関係」に辿り着くと、その関係を失いたくないあまり、裏切られるのが怖くて激しい嫉妬や束縛、支配など、却って相手が逃げてしまう言動を取ったりする。親子関係はまさに「密な関係」です。こうして毒親が誕生することになります。

 なお、コロナ禍では親子が長時間一緒に過ごす機会が増えています。まさに密な関係が醸成されやすい環境と言えますが、あくまでそれは「非日常」であるという意識を忘れてはいけません。どれだけ良好な関係の親子であっても、コロナ禍のような環境で強いられる密な関係はストレスフルな状態だからです。無理に仲良し親子を演じる必要は全くありません。

 話を戻すと、不安定な愛着スタイルが毒親の要因のひとつなのであれば、自分の親みたいな毒親にならないようにするためには、不安定な愛着スタイルから抜け出せばいいことになります。


■「許す」と「ゆるす」


 安定型の愛着スタイルのパートナーなどに巡り会えれば、その一助となるでしょう。安定した愛着スタイルの人と一緒にいてその人が安心でき、信頼できる人であれば、不安定な愛着スタイルが前面に出てくることはあまりありません。

 しかし、残酷な言い方になりますが、愛着スタイルそのものはそう簡単に変わらないのが現実です。幼少時から植えつけられてきた不安定さが根深いものであることは想像に難くないのではないでしょうか。

 では、不安定な愛着スタイルの人は諦(あきら)めるしかないのか。そんなことはありません。自分が不安定な愛着スタイルであること、まずはそれ自体を自覚する。このことがとても大切です。

 自覚できれば、自分が不安定な愛着スタイルに基づいた言動をしてしまいそうなスイッチが入った時に、今は心を安定させる何かをしなければいけないと気づくことができます。

 そして自覚することによって、自暴自棄になるのではなく、「まあ、私はあんな環境で育って、不安定な愛着スタイルだからな〜」と一種の割り切りができるようになり、自分の中に癒やしを求めることもできるのです。

〈自身の愛着スタイルの自覚が、毒親問題からの脱却の第一歩だという。その上で、より「実践的」な手段・方法はないのだろうか。〉

 実は人を助ける、手助けすることが、不安定な愛着スタイルを癒やすひとつの方法なんです。対人援助というものは、「自分はさておき」、「相手を中心に考える」ことにつながります。この意識で相手と安定的に関わることにより、不安定で無秩序だった人間関係を秩序立てていき、癒やしを得ることができます。

 この時に大事なのは、見返りを求めないことです。私は与えているのにお礼がない。そう思ってしまう時点で「与えて」はいない。お礼を期待している時点で、「与える」ではなく「受け取る」姿勢になってしまっているからです。

 また、「ゆるす」意識が重要です。毒親問題を乗り越えるのに必要なのは、親を「許す」ことだと言う人がいます。しかし、本当にそうなのでしょうか。自分に対して数々の酷い仕打ちをしてきた親を許すなんてできない。それは当然の感情です。したがって、私は毒親を「許す」必要はないと考えますし、現実的にも難しいでしょう。

 しかし一方で、人間は「ゆるす」ことによってしか癒やしを得られないのもまた事実です。

「許す」のではなく「ゆるす」。それは、思い出す度に自分が傷つかなくて済むようにすることです。過去の親の理不尽な言動を思い出し、「自分に落ち度があったから」「毒親によって傷物にされた自分が幸せになることなんてできない」などと、自分を傷つけないようにする。親の行為を「許す」必要はなく、自分が悪いわけではなかったと自身を「ゆるす」。

 それは「手放す」ことであるとも言えます。親によって勝手に押された「自分は毒親に育てられたダメ人間」という烙印を手放すのです。毒親に育てられた自分はどこかおかしいという思い込みを手放す。

 毒親問題から脱却する目的とは何か。私は、親を「許す」ことではなく、「自分の心の平和」を手に入れることだと考えます。何よりも、それだけでかなり「楽」になることがあるのです。そのためには、手放すことが大いに役立ちます。


■介護の「カラータイマー」


〈そうはいっても、いくら毒親であれ、介護が必要な局面を迎えれば、子どもなのだからせざるを得ない、さすがに親を見捨てることはできない。しかし、ただでさえ「許す」ことなどできない毒親の、場合によっては排泄物の処理も伴う介護をしなければならないのはこの上ない苦痛に違いない。

 毒親介護――。超高齢社会の日本における難題である。〉

 毒親の介護なんてできない。そう思うのは当然のことだと思います。では、どう対処すべきなのか。ここでも「手放す」ことが重要です。世間体などに囚われる必要は全くなく、毒親の介護は基本的に個人で背負わない。施設に入れるなり、ヘルパーさんを雇うなりして、社会的介護に任せる。それでいいと思います。これは親を「捨てる」こととは違い、距離を置くということです。それでも無理な場合には、最終的に「絶縁」という選択肢もありますが、安易に絶縁したところで、内にある毒親のトラウマは消えてなくなりはしません。そうである以上、手放すこと、一定の距離を取ることが効果的だと考えます。

 事情が許さず、どうしても自分で介護しなければいけない状況だとすれば、「カラータイマー」が有効です。毒親とは時間限定で接する。オムツを替えなければいけないのであれば、替えたらすぐに離れる。ここでも、自分の親なのだから常に面倒を見てあげなければならないという思い込みを手放すのです。

 例えば、毒親であっても反省し、限られた時間ではあるものの良い親として頑張って振る舞うこともある。でも、それが5分以上は続かなかったり、一日中一緒にいるとどうしても険悪な状態になったりするのであれば、「5分」「24時間」という具合に自分の中でカラータイマーを設定し、それ以上経ったら親から離れるんです。

 罪悪感を覚える必要なんて全くありません。それ以上一緒にいたら、自分がダメになってしまうからです。目的は自分の心の平和なのですし、カラータイマーが鳴るまでの「良い親」である時間帯の親を上手くサポートできたと考えれば、むしろ親孝行ですらあります。

 毒親と向き合う術(すべ)としては、手紙も有効だと思います。とりわけ、先に紹介した毒親が抱える「4つの事情」のうちの「1」、発達障害の毒親は、直接向き合うと「反撃」してくる傾向が強い。だから、伝えたいことがあったら直接ではなく間接的に手紙で対話する。直接伝えられるとそれを「奇襲」と感じて反撃してくる毒親でも、手紙であれば頭をほぐす時間が稼げます。

 似ているように思えますが、メールだと、手紙よりも手軽なのでやはり瞬間的な反撃を誘発する恐れがある。やはり、やり取りに手間暇が掛かり、時間を置ける手紙がいいと思います。

 親を手放して、自分の心の平和を求めて本当にいいのだろうか……。いいんです。親子という圧倒的な力関係のもとで、不当に、不適切に子どもをいびってきたのは誰なのか、改めて考えてみてください。「毒親問題」。それは、どう考えても子どもの問題ではなく、親の問題なのですから。

水島広子(みずしまひろこ)
精神科医。1968年、東京生まれ。慶應大学医学部卒業。同大学院修了(医学博士)。慶應大学医学部精神神経科勤務をを経て、現在は対人関係療法専門クリニックの院長。著書に『「毒親」の正体』(新潮新書)等がある。

「週刊新潮」2021年7月29日号 掲載

関連記事(外部サイト)