ロンブー田村淳、最上もがも自称する「HSP」 「繊細さん」ビジネスの危うさ

ロンブー田村淳、最上もがも自称する「HSP」 「繊細さん」ビジネスの危うさ

自身が「繊細さん」であることを公表した田村淳と最上もが

「HSP」あるいは「繊細さん」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

 Highly Sensitive Personの頭文字をとったもので、感受性がとても高い人たちを表す言葉だ。世の中では「繊細で生きづらさを抱える人」という意味でも知られている。

「HSP」という言葉は、新型コロナの感染が拡大し始めた2020年から、急激に大手メディアで取り上げられるようになった。テレビ番組の「世界一受けたい授業」や「ワイドナショー」で特集されたときには、Twitterで「HSP」という言葉がトレンド入りしたりもした。

 また、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんやタレントの最上もがさんなどの芸能人も、自身が「HSP」であることを公表して話題になった。

 注目度の高まりにともなって、HSP関連の書籍が多く出版され、SNSで「HSP」を名乗る人も増えているようだ。心理学の研究者である私も、カフェや電車で「HSP」という言葉を何度か耳にしたことがある。


■「生きづらさ」に名前がつく安心感


 なぜ、「HSP」という言葉はここまで受け入れられたのだろう。SNSで「HSP」を名乗る人の発信にそのヒントがみえる気がする。

「HSPという言葉を知って、生きづらさの理由がわかった」

「HSPの本を読んで、これは私のことだと思った」

「自分がHSPであることがわかって安心した」

「HSP」という言葉は、「生きづらさ」の理由をうまく説明してくれるらしい。さらにポイントは、生きづらいのは「病気ではなく、気質のせい」であるという点だ。このことには「気質が原因なので、自分はありのままで、変わらなくていい」という肯定的なニュアンスも含まれる。

 さらに、書籍などでは「HSPは5人に1人」いると説明されており、「生きづらいのは決して私だけではない。仲間がいる。」という安心感も与えてくれる。Twitterでは「#HSPさんとつながりたい」「#HSPあるある」といったタグも人気で、「HSP」を自認する人たちが「日常的な生きづらさ」を共有している。

「HSP」という言葉は、「生きづらさ」を肯定してくれるだけでなく、「生きづらい人たちとのつながり」も実感させてくれる役割を果たしているらしい。

 ただ、このように気持ちが救われる人がいる一方で、憂慮すべき問題も起きている。この記事は、ここからが本題である。


■怪しいHSPビジネスが広がっている


 世の中には、「生きづらい人」をターゲットにした悪質なビジネスがある。「HSP」という言葉は、そのビジネスにとって恰好の的となった。いくつか例を挙げてみよう。

「脳波でHSPかどうかを診断します」

「『HSPうつ』を磁気刺激療法で治します」

 このような宣伝をするクリニックが目立ち始めている。心理学の研究者として、何が問題なのか説明したい。

 まず、「脳波でHSPかどうかを診断する」とあるが、「HSP」は精神疾患や発達障害のように医学的に「診断」されるものではない。また、脳波を用いたHSP気質の測定にはエビデンスがない。まともな検査ではないが、それでも一部の「HSP」たちに需要があるのは「HSPと診断されて安心したい」という心理があるからだろう。

 次に、「『HSPうつ』を磁気刺激療法で治す」とあるが、そもそも「HSPうつ」という疾患名はない。そして、「HSPうつ」なる疾患が磁気刺激療法で治るというエビデンスもない。自由診療で30万円程度することもあるようだ。それでも手を伸ばす人がいるのは、「生きづらさを何とかしたい」という藁をもつかみたい思いがあるからだろう。いずれにせよ、手を伸ばしてしまった人が責められるべきではない。

 怪しい医療ビジネスだけでなく、カウンセラー資格ビジネスも問題視されている。

 公認心理師や臨床心理士は、専門性が認められたカウンセラー資格である。なぜなら、基本的にその取得には、大学から大学院の6年間にわたる専門的なトレーニングに加え、資格試験への合格が求められるからである。

 心理学者の私からみると、HSPに特化した信頼できるカウンセラー資格はない。しかし、そうした「HSP専門カウンセラー」なる資格ビジネスは増えているし、それにまつわる被害を訴える人もいるようだ。

 例えば、そうした資格講座では、数回の受講で資格を得ることができる。受講に必要な費用は、数万円から数十万円程度である。

 資格によっては、ベーシックな講座を修了すると、アドバンスな講座を受講するように勧められるらしい。参加には追加料金が必要である。

 こうしたHSPカウンセラー資格ビジネスでは、次のような宣伝もみられる。

「HSPは特別な才能」

「HSPだからこそカウンセラーに向いている」

「HSPであることを生かす」

 講師自身も「HSP」を名乗っていたり、受講者募集ページに「HSP限定」と書かれていたりすることもある。肝心の資格講座の内容だが、心理学者の私からすると疑問を感じる点が多い。公認心理師や臨床心理士とは、専門性という観点からも劣る。

 HSP専門カウンセラー資格を取得して、救われる人がいるのだろう。だが、一部の資格ビジネスには「HSP」という言葉を利用して「生きづらさ」を抱える人を搾取する動向がみられる。


■支援や治療が必要な人にそれが届かない


「HSP」という言葉を知る人が増えた。このことによって、心理臨床や教育の現場で働く支援者にとって、悩ましい問題が生じているらしい。ある支援者によると、本来、支援や治療が必要な人にそれが届かないケースがあるようだ。

 例えば、発達障害の傾向が強く、適応に苦しむ子どものケース。母親は「HSP」という言葉を知り、自分の子どもは障害ではなく「HSC(Highly Sensitive Child)」だと自己判断する。子どもは適応に苦しむが、母親がそれを病気ではなく気質であると考え、支援につながれない。その結果、子どもの状態は悪化していく。

 大人の場合でも同様だ。精神疾患や発達障害の傾向があり、本来治療が必要な状況であっても、自身を「HSP」であると自己判断して、「生きづらさ」の改善につながらないケースが想像できる。

「HSP」という言葉と出会い、自身の「生きづらさ」が説明され、一時的には「生きやすく」なるかもしれない。しかし、「HSP」というラベルを自分に貼ることには功罪(良い側面と悪い側面)がある。


■エビデンスのない情報が広がってしまった


 HSPは、発達心理学やパーソナリティ心理学の分野で、30年近く研究が蓄積されている。ただ残念なことに、日本で広まった「HSP」は、自己啓発本をルーツにするものであり、学術的なHSPの考え方とはズレがある。端的に言えば、研究知見(エビデンス)にもとづかない情報が多い。この記事では学術的なHSPと区別して、あえて「HSP」をカッコ書きにしている。

 ネットの「HSP診断テスト」もブームに一役買っているようだ。Twitterをみると、ネットの「HSP診断テスト」をもとに自身が「HSP」かどうかを判断している様子が窺える。しかし、この診断テストの項目は、研究で使用されているものではない。どういうことかいえば、これはHSP気質を測定できない可能性が高いということである。それに加え、ネットの診断テストでは、何らかの得点にもとづいて「HSP」かどうかを「診断」してくれるが、その基準に科学的根拠はない。

 こうした状況を憂いて、私は研究者として学術的なHSPの考え方を発信し始めた。世の中で広まった「HSP」の情報について、エビデンスがあるかどうか示すことも始めた。研究にもとづく知見が「HSP」にとって真に役に立つと思うからである。

 しかし、エビデンスにもとづかない「HSP」情報が広く知られた今では、こうした取り組みへの風当たりは強い。「HSP」を名乗る方からしばしば攻撃的なメッセージが送られてくる。内容はこうだ。

「情報が正しくなくても、怪しいビジネスだとしても、それで救われる人がいるのならそれでよいではないか」

「研究者はHSPに正しさを押し付けている」

「あなたはHSPなのか? あなたには共感性があるように思えない」

「HSPの提唱者は素晴らしい。提唱者こそが正しい」

 ある意味「信仰」に近い形で「HSP」を自身のアイデンティティにする方もいる。そうした方が、学術的な考え方に触れると、どうやら自分を否定された気持ちになるようだ。人によってはそれが攻撃につながる。

 こうした批判を受けるたびに、日本で広まった「HSP」とは何なのか、その人にとっての「HSP」とは何なのかを真剣に考えている。

飯村周平(東京大学・日本学術振興会特別研究員PD)。博士(心理学)。思春期・青年期における環境感受性(HSP)の発達心理学的な研究が専門。日本で「HSP」が広まり始めた2019年から、研究にもとづくHSP情報をSNS等で発信。2020年にクラウドファンディングを募って、研究にもとづく信頼できるHSP情報サイト「Japan Sensitivity Research」(japansensitivityresearch.com)を開設。

2021年8月10日 掲載

関連記事(外部サイト)