ダブル不倫がバレて四者会談の修羅場… そして続く“あり得ない日常”への恐怖

ダブル不倫がバレて四者会談の修羅場… そして続く“あり得ない日常”への恐怖

優大さんが不倫に求めたのは“安らぎ”だったのか

 夫や妻が不倫をしても、日常生活は滞りなく進むことがよくある。家庭というのは習慣で成り立っているので、特に子どもがいる場合、夫婦は子どもの生活を優先する。自分たちの間に起こったことは先延ばししがちだ。【亀山早苗/フリーライター】

 着々と不倫を「深く静かに進めてきた」カップルがいる。橋本優大さん(43歳・仮名=以下同)と、小林玲香さん(40歳)だ。現在、平日はそれぞれの家庭で、週末はふたりで借りた隠れ家で暮らしている。そんなことが本当に成り立つのか、最初は半信半疑だったのだが、優大さんに会って話を聞き、「そういうこともあるのか」と感じるに至った。

 優大さんは180センチという長身でスリムな体型。今も友人とバスケットチームを作って活動しているスポーツ好きだ。東京郊外で生まれ育ち、今も地元に住んでいる。都内の大学を卒業し、第一希望ではなかったが中堅企業に就職した。そこで出会ったのが妻となった奈津子さん(46歳)だ。1年半ほどの交際を経て28歳のときに結婚、奈津子さんは退職し、ふたりの子を産み育てながらパートで仕事もしている。子どもたちは現在、13歳と10歳になった。

「6年前、父が亡くなって母はひとり暮らしになりました。それまで僕らは実家近くの賃貸マンションで暮らしていたんですが、母がひとりになったのを機に同居の話が持ち上がって……。僕には姉がふたりいます。本来なら娘と暮らすほうが母も気楽なんでしょうけど、ひとりは海外、ひとりは北海道と遠方にいる。そこで『あんたは長男なんだし』と姉たちに同居を迫られたんです。当時、母は70歳になったばかりで元気だったので、奈津子は『今さら同居してもうまくいかないと思う』と抵抗していました。その気持ちもわかるので、僕としては強くも言えなかった。でもある日、母が風邪をひいて高熱を出していたのに気づかず、こじらせて入院することになったんです。やはり同居するしかないと妻を説得、家をリフォームして同居しました」

 優大さんから見れば、決して気難しくはない母だが、嫁である奈津子さんから見れば「赤の他人」である。同居にあたっては、「どんなときも奈津子の味方をするから」と妻に約束した。

「母にも、この家の主婦は奈津子なんだから、譲ってやってほしいと頼んでおきました。でもいざ同居が始まってみると、いろいろありました。女同士ってなんであんなに縄張り争いするんでしょうね。あ、女性一般の話ではなく、うちに限ってですけど」

 優大さん、なかなか気遣いのできる男性である。母と妻の間に立って苦労してきたのだろうと推察できる。

「半年ほどで再度リフォーム。僕らが生活している2階にもキッチンを作り、食卓は分けることにしました。ただ、子どもたちは母のところで食べることもありますし、そのあたりは柔軟にしようと取り決めして。これで日常的な不快感はふたりとも軽減されたようです」

 リフォーム代の多くを母に出してもらったこともあり、優大さんは妻の味方をすると言いながら、母に強くは言えなかった。だから食事の件が解決しただけでもホッとしたという。

「妻も自分が家にいて姑と顔を合わせる頻度が高くなると、気に入らないことが増えると実感したようで、パートの時間を増やしたりしていました。母も友人と出かけたりする回数が増えて。それでもたびたび、妻からは『お義母さんは洗濯物を外に干せっていうけど、私は乾燥機のほうがいいの。あなたから言って』とか、『子どもたちに甘いものばかり食べさせて困る』とかありましたね。些細なことだけど毎日積み重なると、僕もだんだんストレスを感じるようになっていきました」

 大きな問題ではない。ささやかなことだからこそ、少しずつストレスがたまっていく。気づいたときには思わぬ方向へ自分がいってしまったと優大さんは言う。


■いきつけのバーがきっかけで…


 優大さんが会社帰りにときどき寄るバーがあった。年配のバーテンダーがいるカウンターだけの静かなバーだ。同じ時間に止まり木にいる人と、ぽつりぽつりと話すことはあっても、基本的にはひとりで静かに飲んで静かに去っていく客ばかり。

「ある日、そこにいたのが玲香です。世間話を交わし、彼女はすぐに帰っていきました。僕も1杯で立ち上がって外に出た。駅まで歩いていくと彼女が酔っ払いに絡まれているのが見えました」

 思わず駆け寄って酔っ払いを追い払った。彼女は「ありがとうございました。もう、しつこいったらなくて困っていたの」と彼を見上げ、「あら、さっきの」と声を弾ませた。

「そこで改めて名刺を交換しました。彼女はうちの会社のすぐ近くに勤務していて。帰りも同じ沿線だったので話しながら帰りました。うちと子どもの年齢がまったく一緒で、少なからぬ縁を感じたんです」

 それから週に2回ほどバーで会うようになった。あるとき彼が食事に誘った。彼女は「うちは夫が定時で帰って食事の支度をしてくれるので」と、すぐに承諾してくれた。大人の男と女がこうやって会う算段をするのは、すでに心惹かれあっているからだ。それを前面に出さずにふたりの間で暗黙の了解が進んでいく過程で、恋は本物になっていく。

「2ヶ月もたたないうちに男女の関係になりました。思えば妻とはずっとそんな関係もなかった。玲香は非常に巧みで、なんていうのか、床上手というのか」

 優大さんの耳が赤く染まっていく。恥ずかしいけどのろけたい、のろけたいけど恥ずかしい。そんな心境なのだろう。


■四者会議の末…


 だがそんな関係は1年もたたずに奈津子さんにバレた。優大さんが外泊したからだ。奈津子さんは自ら夫を尾行して、ふたりがホテルに入る写真も撮っていた。さらに優大さんの携帯電話から相手を特定し、玲香さんの夫にも連絡をした。ふたりとも、それぞれの配偶者に「もう会わない」と約束した。実際、ほとぼりが冷めるまで会わずにおこうと決めたが、1ヶ月後にはふたりでホテルにいた。

「玲香に会わないと苦しくてたまらない。息が浅くなってしまうんです。彼女もそうだと。ふたりで一緒にいるにはどうしたらいいか。そこで僕、ワンルームマンションを借りたんです。会社とも自宅とも無関係の住宅街に。どのくらいの頻度で会えるかわからなかったけど、とにかくふたりだけになれる場所がほしい。ホテルじゃ虚しい。そんな気持ちでした」

 しかし、ふたりがまた会っていることがそれぞれの配偶者にばれてしまい、奈津子さんは「四者会議」を提案した。場所は玲香さんの家だ。夏休みで、子どもたちは玲香さんの実家へ行っていて留守だった。

「夫婦で、僕の不倫相手の自宅に行く。ヘンな感じでした。妻は手土産まで用意して……。玲香の自宅は広々としたマンションでした。どういう挨拶をしていいのか誰もわからず、もごもごしながらリビングに4人が集いました」

 どうやって口火を切ったらいいかわからない状態で、玲香さんの夫が「どうします?」と突然言った。

「別れてもらうしかないでしょ、と言ったのは僕の妻。そうですよねと玲香の夫。玲香は僕をちらちら見ていましたが、『ごめんなさい。別れられません。離婚もしません』といきなり宣言しました。玲香の夫は、泣きそうになりながら苦笑いして……。みんなが僕の顔を見るので、『僕も別れられない。家庭は今まで通り守ります』と正直な気持ちを打ち明けました。奈津子は『バカじゃないの、そんなこと通用するはずないでしょ』と。すると玲香の夫が『別れる方向で考えてもらわないと……』と遠慮がちに言うんです。どうやら玲香夫婦は、夫の立場が弱いんだなとわかりました。あとから聞いたら、玲香の夫は妻にぞっこんらしいです。離婚だけはしたくないというのが彼の主張でした」

 何の結論も出ないまま、夫婦は玲香さんの自宅を辞した。帰宅すると、奈津子さんは優大さんの母の部屋に入って出てこない。ふたりは優大さんの件で距離が近くなったようだ。

「あれから2年、今は月に2回ほど週末はマンションで玲香と過ごしています。最初は帰宅すると妻に睨まれ、母に罵倒されたこともありましたが、続けていたら今はふたりとも何も言わなくなった。玲香も何も言われないそうです。僕たちが月に2回以上、マンションに泊まることはありません。どちらかに用があれば延期するし。どちらとも別れないとふたりして宣言した以上、玲香と僕は会っていない時間はきちんと家庭で役割を果たそうと決めたんです。それを奈津子にわかってほしいとは思ってないけど、月2回、家に帰らない僕に何も言ってこないのはありがたいような、ちょっと怖いような……」

 不思議ななりゆきである。夫が月に2回、金曜の夜から日曜の夜もしくは月曜の夜まで帰ってこないのを、妻は黙認するようになっているのだ。子どもたちには父親が定期的に出張していることにしているという。今騒ぐと、家庭内に悪影響を及ぼすから、妻は黙っているのだろうか。

「たまに『あなたはろくな死に方しないわね』と言われたりするので、妻が僕を許しているわけではないと思います。ただ、子どもたちの将来を考えても、ここで騒ぐ意味はないと思っているんでしょう。母もときどき『いいかげんにしなさいよ』とは言うけど、それ以上は言わない。今の状態が膠着状態なのか、あるいは日常生活の一部として受け入れられているのかわかりません。もちろん身勝手だとわかってはいますよ。いつか莫大な慰謝料を請求されるかもしれない。それでもいいんです。今、僕と玲香は一緒にいる時間を宝物のように感じています」

“もうひとつの疑似家庭”を作ってしまうと、不倫の恋は案外早く冷めるものだ。家庭はふたついらない。不倫に求めるのは刺激であることが多いからだ。だが優大さんの場合、玲香さんに求めたのは一緒にいて安らげる空間だったのかもしれない。だから疑似家庭が機能してしまっている。いつまで続くかわからない“非日常を含めた日常”が、明日も続いていく。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年8月11日 掲載

関連記事(外部サイト)