事件現場清掃人は見た 心が折れそうになった私を救ってくれた神主の言葉

 孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を上梓した高江洲(たかえす)敦氏に、心が折れそうになった現場について聞いた。

 ***

 高江洲氏がこれまで手掛けた特殊清掃の仕事は3000件を超える。孤独死、自殺、事故死、殺人など、死因はそれぞれ違うが、遺族や大家の悲しみや怒りを聞かされると、いつも胸が張り裂けそうになるという。

「いくら仕事と割り切っているとはいえ、凄惨な現場を目の当たりにすると、なぜこんなふうに死ななければならなかったのだろうと思い、涙が出てくることがあります」

 と語るのは、高江洲氏。


■神主の訪問


 肉体的な疲れは休息を取れば問題ない。しかし精神的に参っている時は、たまったストレスをうまく処理しないと、仕事に支障をきたすという。

「こんな時、信仰を持っている人は強いのかもしれませんが、私はこれまで宗教とは無縁の生活を送ってきました。ですので、なかなか大変でしたね」

 ところがある日、一人の神主が彼の会社を訪ねてきた。

「テレビで放送された私の仕事の様子を見て関心を持ったそうです。私の会社のホームページも読んだと言っていました。その神主は、『困ったことがあったら、いつでもいらしてください。お力になりますから』と言い残し、帰りました。最初は突然の訪問に面食らいましたが、よくよく考えてみれば、神主さんがわざわざ訪ねてくれるなんてありがたいことですね」

 その後、高江洲氏は、精神的に最も辛かった現場を経験する。

「どの現場も凄惨なものですが、特に辛いのは遺族から亡くなった方を弔う声が全くない時です。死んで良かったというような感情を抱いている場合は、一番ストレスがたまります」

 その現場は、地方都市の1DKのアパートだった。

「40代の男性が孤独死し、1カ月経って発見されたそうです。ベッド代わりにしていた押し入れで亡くなっていました。病死のようでした」

 亡くなった男性は、子どもの頃から手が付けられないワルだったという。

■母親からの手紙


「遺族は『やっと死んでくれた』と言いながら、安堵の表情を見せていました。家庭内暴力がひどく、大人になってからは、覚醒剤にも手を出すようになり、逮捕されたこともあったといいます。男性には妹がいましたが、兄を怖がって行方をくらまし、連絡が取れなくなったそうです」

 男性の部屋はゴミが散乱し、荒んだ状態だったという。机の上には、母親からの手紙が置いてあった。

「手紙には、二度とうちに来ないでくれと書かれていました。男性は母親に対して、お金の無心をしていたそうです。男性は、家族へ恨みや怒りがあったようです」

 高江洲氏は、そんな家族の事情を考えながら清掃したという。

「さすがに、心がくじけそうになりました。私は死んで当然と思われている人の部屋の清掃をしているのかと。ふとあの神主さんのことを思い出し、神社を訪ねました。神主さんは私を快く社殿に迎えてくれ、さっそくお祓いをしてくれました」

 神主は、神様に向かって頭を下げ、柏手を打つと、こう言った。

「高江洲さんのことを待っていらっしゃる方が、たくさんいます。本当に大変なお仕事だと思いますが、神様がついて、いつも高江洲さんのことを守り、浄化してくださると思います。ですから、体に気をつけて、また明日から仕事に励んでください」

 高江洲氏は、

「この言葉を聞いたとき、私の辛い思いがさっと晴れ、気持ちが軽くなるのを感じました」

 高江洲氏は神主に、1時間ほど話を聞いてもらい、神社を後にした。

「以来、この神社には2カ月に1度くらいの割合で足を運び、お祓いを受けては神主さんと語らうようになりました。神主さんと気持ちの上でつながっていられると思えることが私の心の支えとなり、この仕事を続けられています」

デイリー新潮取材班

2021年8月12日 掲載

関連記事(外部サイト)