テレ朝“宴会問題”の真相 8年ぶりの快挙に社内がお祭り騒ぎ、スポーツ局はとんだ勘違い

テレ朝“宴会問題”の真相 8年ぶりの快挙に社内がお祭り騒ぎ、スポーツ局はとんだ勘違い

「羽鳥慎一モーニングショー」ではテレ朝社員の玉川徹氏が頭を下げて陳謝した

 8月8日に幕を閉じた東京2020オリンピック。その夜から翌日未明にかけて、五輪中継に関わったテレビ朝日スポーツ局のスタッフ10名が“打ち上げ”と称した飲み会を開き、うち1名が転落事故を起こしていたことが発覚した。テレ朝は平謝りしているが、実は同じような飲み会は、他にも行われていたという。しかも、その目的は打ち上げではなく、祝勝会だったというのだ。

 ***

 ことの次第は、8月10日に発表された「当社社員の緊急搬送事案について」と題した、テレ朝の謝罪文が分かりやすい。

《今月8日夜、東京オリンピックの当社番組担当スタッフ10名が緊急事態宣言下における東京都の要請及び社内ルールを無視して打ち上げ名目の飲酒を伴う宴席を飲食店で開き、翌9日未明退店する際に当社スポーツ局社員1名が誤って店の外に転落し、負傷して緊急搬送されました。当該社員は現在入院中で、事案の詳細は確認中です。

 当社では従前より、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から宴席等を禁ずる社内ルールを設け、その遵守を徹底してまいりました。
 しかしこの度、不要不急の外出等の自粛を呼びかける立場にありながら著しく自覚を欠く行動があったことは大変遺憾であり、深く反省しています。緊急事態宣言下で尽力されている皆様をはじめ、関係各位に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び致します。》


■報道局も無視できず


 業界関係者が言う。

「コロナ禍と猛暑の中、2週間以上に及ぶ五輪の生中継は、各局とも2年がかりで準備した放送でした。8月24日から始まるパラリンピックまでの小休止として、飲んで騒ぎたい気持ちは正直言ってわからなくもない。実際、テレ朝スポーツ局の上層部も、ニュースにさえならなければ問題視するつもりはなかったようです。今回の10人以外にも、個別での打ち上げは行われていたそうですから。しかし、転落事故を起こし、通行人からは110番通報され、病院に救急搬送までされてしまった。さすがに報道局も無視できなくなり、テレ朝のニュースでも扱うことになったそうです」

 テレビ局の飲み会は、酒量も多く、ハメを外す人間も少なくないと聞く。

「しかもスポーツ局は、体育会系出身者も少なくありませんから。ただ、やはり緊急事態宣言中の飲み会はマズい」

 それにしても、明け方までよく飲んだものだ。


■三冠王の金メダル


「実は五輪打ち上げのほかにも、飲み会をやりたい理由があったのです。テレ朝は五輪中継で、2週連続して週間視聴率三冠王を獲得、しかも7月の月間視聴率三冠王まで取ってしまいました。これは13年6月以来の快挙なんだそうです。ですから今、テレ朝局内には“三冠王獲得!”と書かれたポスターがそこら中に張り出されていますよ」

 テレ朝が三冠王を獲得したことは、デイリー新潮「『東京五輪』中継でテレ朝が一人勝ち くじ運とSNS戦略が大当たり」(8月5日配信)で報じた。8年ぶりの快挙とあっては、お祭り騒ぎにもなるだろう。

「それもこれも五輪中継のおかげですからね。五輪中継に関わったスタッフは、まるで自分たちが金メダルでも獲得したような気持ちになり、何をやっても許されると勘違いしてしまったんじゃないですか」

 それでも、繰り返しになるがコロナ禍である。

「報道部フロアでは『コロナ重症者が病院に受け入れてもらえないニュースを流しているときに、何てことをしてくれるんだ!』と怒号が飛び交い、報道スタッフの間では『足を骨折ってウソでしょ。一体何をやったの?』と状況を把握できないまま、朝のワイドショーでニュースとして報じることになったそうです。『羽鳥慎一モーニングショー』ではテレ朝社員の玉川徹氏が頭を下げて陳謝するハメになった。社内では五輪中継の関係者一同に金一封なんて話もありましたが、もちろん立ち消えとなったそうです」

 まだ問題は残っているという。

「テレ朝上層部が頭を悩ませているのは、24日から始まるパラリンピック中継に今回の宴会に参加したスタッフを加えるのかどうかということ。報道局の幹部が『世間の目が厳しい中、担当させるべきでない』と言えば、スポーツ局の上層部からは『ケガをした社員以外の9名を中継業務の担当にしなければ、替わりがいない』という声が。オリンピック中継チームは取材パスも含め、そう簡単には代替スタッフを用意できませんからね」

 今回の不祥事で、テレ朝のオリンピック中継で大成功は一転した。

「コロナ禍の折、大ヒンシュクを買うことになったテレ朝のパラリンピック中継を見てくれる人はいるのか。民放の監督官庁である総務省から、何らかのペナルティを課されるのではないか……テレ朝は戦々恐々でしょう」

デイリー新潮取材班

2021年8月13日 掲載

関連記事(外部サイト)