「筧千佐子死刑囚」の告白 「死刑の覚悟はできている。野暮なことは聞かんといて」「灰になったら会いに来て」

3件の殺人と1件の強盗殺人未遂の罪に問われた筧千佐子死刑囚 面会で心境を語る

記事まとめ

  • 3件の殺人と1件の強盗殺人未遂の罪に問われていた筧千佐子死刑囚
  • 面会室での様子は、弁護側が主張したような認知症の傾向は微塵も感じられなかったそう
  • 筧死刑囚は殺害動機について改めて尋ねられると、「主にお金やな」と断言したという

「筧千佐子死刑囚」の告白 「死刑の覚悟はできている。野暮なことは聞かんといて」「灰になったら会いに来て」

「筧千佐子死刑囚」の告白 「死刑の覚悟はできている。野暮なことは聞かんといて」「灰になったら会いに来て」

この頃の面影はなく……

「とっくに死刑の覚悟は出来てます。そんな野暮なこと聞かんといて下さい」

 7月21日、大阪拘置所の15番面会室に姿を現した筧千佐子(74)は、こう語りだした。

 この数時間後、死刑判決に対する弁護側の訂正申し立てが7月17日付で棄却され、21日までに死刑が確定したことが報じられた。

 事実上、彼女の立場は面会時点ですでに「被告」ではなく、「死刑囚」に変わっていたことになる。以下は、千佐子死刑囚が語った現在の心境である。

 改めて振り返ると、彼女は4人の男性に青酸化合物を飲ませ、3件の殺人と1件の強盗殺人未遂の罪に問われていた。結婚相談所で出会った交際相手や夫を次々に殺め、多額の遺産を手にしたその犯行の手口から、「後妻業の女」と呼ばれた。

 2014年の逮捕時には、年齢より若く見える溌剌とした姿の見合い写真が一斉に報道されている。

 面会室に現れた千佐子死刑囚は、逮捕時の若々しい姿は見る影もなく、乱れた白髪が肩下まで伸び、どこにでもいる老婆だった。

 そして、椅子に座ると、開口一番、

「私耳遠くなってるし、お互いマスクしているから、声聞き取りにくいので、マスクとって話して下さい」

 と、マスクを指差し身振り手振りを交えて告げた。むろん、新型コロナ対策の点からマスクを外すことはしなかったが、はきはきと話すその様子からは、弁護側が主張したような認知症の傾向は微塵も感じられなかった。

 弁護側は1審から上告審に至るまで、認知症を理由に責任能力がないなどと主張し、一貫して無罪を求めていた。千佐子死刑囚本人は、法廷で黙秘や殺害否認をすることもあったが、一方で犯行を認める供述をしたこともあった。

 彼女の弁護側が行った「判決訂正の申し立て」は、最後の不服申し立ての手段で、訂正が認められることはまずない。

 千佐子死刑囚も、

「訂正申し立てっていうのをしてるんですか? 弁護士の先生がなんかやってくれてるんやと思いますけど、私、訂正申し立てって言葉は今はじめて聞いたぐらいや」

 と、語り、ペンで紙に字を書く動きをジェスチャーでしながら、

「回答を訂正するとか、間違いを直すって意味の訂正でしょ? 判決の何を訂正することがあるんやろなあ。何を訂正することがあるの、どこに訂正するところがあるんやろと思って、可笑しくなりました」

 と笑うのであった。

「私、色んな記者さんからも、裁判でもずっと死刑や死刑やって言われてきて、今更死刑やって言われたかて驚いたりしないですよ。そりゃ死刑やって思ってました。そんな野暮なこと聞かんといて下さい。死刑になるのは当然やろ」

 何人もの人間を殺めた報いとして「当然」のことという認識なのかと問うと、

「うん。それはそうです。それだけのことはしてるんやから」

 とはいえ、被害者への謝罪の言葉が出てくることはなく、

「そりゃ、この弁護士先生あかんなとか、裁判になったらこっちの言い分通ることなんてほとんどないやろとかね、色々思うことはありますよ。でもそんなん言うたって仕方ないです。私、あなたのお母さんとか、お祖母さんぐらいの年です。今まで散々死刑やって言われてきたのに、今になって死刑やって言われたからって、赤ん坊みたいに“嫌や! 嫌や!”って泣き叫んだり喚いたりしたらおかしいでしょ。そんなことしません」


■「主にお金やな」


 裁判で罪に問われた4人を含め、千佐子死刑囚の周囲では1994年以降、10人以上の男性が死亡している。仮に彼ら全員を殺害していたとしたら、彼女は座間9人殺害事件の白石隆浩や秋葉原通り魔事件の加藤智大を超える大量殺人を犯していたことになる。この点について聞くと、

「12人って報じてるところもあるみたいやけど、12人も殺せるわけないです。私はそんなにたくさんは殺してない。私、女ですよ。プロレスラーでもないのに、どうやってそんなにたくさん殺せるの。後ろから襲ったって返り討ちにあうだけやろ。私の場合は、出会い頭にやったわけやないからな。お付き合いしたり、旅行に行ったりする仲で、そういうふうになってやっただけやから。それでそんなにたくさん、出来るわけないやろ」

 そう笑い飛ばしながら、

「出会い頭にやったわけやないんやから」

 と何度も強調した。

 実際、死亡した男性はすべて彼女の結婚・交際相手で、まさしく“お付き合いしたり、旅行に行ったりする仲”だった。また、このうち8人については、府警の取り調べには青酸化合物を飲ませたと供述。4人に対する殺人や強盗殺人容疑で追送検され、最終的に不起訴となっている。

“襲っても返り討ちにあうだけ”という発言は、力がなくても死に至らしめることの出来る青酸化合物を使った理由にも聞こえる。

 そして、最終的に何人殺害したのか、再度問うと、

「覚えてないです」

 と言いつつ、

「私、子供も孫もおるのに、何月何日誰々を殺しましたっていちいちノートに書いたりするわけないですよね。そんなことせえへんから。ノートにでも書いてたらわかったかもしれへんけど、書いてないから。書いてるわけないんやから、わからないです」

 彼女が「後妻業」によって手にした遺産は、約10年で10億円にも上る。ところが逮捕時、彼女の銀行口座は空だった。

 株やFXの他、先物取引、マンション投資、果てはねずみ講まがいの商法まで、ほとんどありとあらゆる金融商品に手を出し、相続した遺産のほとんどを溶かしていった。

 被害者の一人には、4000万円もの借金をしていた。もっとも、借金について聞くと、
「私は誰にも借金なんてしてません」

 と否定する。

 しかし、殺害動機を改めて尋ねると、

「主にお金やな」

 と断言するのであった。

「前の女にはあげたのに、私にはくれなかったとか、そんなんとか、色々あったんです。それはお付き合いしたりする中でのことやから、色々あったんです」

 と続けて、

「主にお金。主にお金やな」

 と、繰り返した。


■灰になったら……


 拘置所では毎日一体何を考えて過ごしているのか。「お金」のために何人もの男性を殺めた結果、死刑になることへ思いを巡らせることはあるのだろうか。

「それはね、一人になったら考えてしまうことはありますよ。でも考えたらご飯食べられへんから、考えんようにしています。弁護士の先生にも、ちゃんとご飯食べなあかんって言われるし、出されたもんはそれは食べなあかんから、生活は生活やから、毎日生活するために、考えんようにしてる。私も人間やから。それはそうやろ。怖いと思うことはありますよ。野暮なこと聞かんといて下さい」

 面会中、身振り手振りを動かし、時折笑いながら、自分の伝えたいことを表すことの多かった千佐子死刑囚だが、この時ばかりは笑みは消え、ジェスチャーを使うこともなかった。

 死刑が確定すると、面会は原則親族や弁護人に限定される他、手紙のやり取りも厳しく制限される。

 面会時点ではまだ判決訂正の申し立ての棄却が公表されていなかったため、最後にまた取材で面会に来てもいいかと問うと、千佐子死刑囚は明るい笑顔を見せ、こう言った。

「灰になったら、会いに来て下さい」

デイリー新潮取材班

2021年8月14日 掲載

関連記事(外部サイト)