幅寄せで4人を死傷させた建設会社社長 近隣住民が『ああ、やっぱりね』と言うワケ

幅寄せで4人を死傷させた建設会社社長 近隣住民が『ああ、やっぱりね』と言うワケ

昨年12月に群馬県で幅寄せされ大破した女性の車

 昨年12月13日、群馬県伊勢崎市の北関東道を走行中の乗用車が伊勢崎インターチェンジのガードレールに衝突して4人が死傷した。この事件で群馬県警は8月10日、幅寄せして事故を誘発し逃走した栃木県真岡市の建設会社社長・増山邦夫容疑者(54)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)と道路交通法違反(救護義務違反)の容疑で逮捕した。

 ***

 事故が起こったのは、13日の午前3時50分頃である。伊勢崎市三和町の北関東道西行きで、女性4人が乗った乗用車が本線と伊勢崎インターチェンジの分岐にあるガードレールに衝突し、乗用車を運転した女性と左後部座席の女性が死亡。右後部座席の女性は重症、助手席の女性は軽傷だった。

 当初、単独事故と見られていたが、助手席に乗っていた女性が「並走していた車に急に幅寄せされた」と証言し、遺族らが県警に事故の原因究明を求める上申書を提出していた。


■二面性を持った人物


 県警は、現場周辺のサービスエリアに設置された防犯カメラなどから、事故前後に走行した100台以上の車両を調べた。その結果、対向車のドライブレコーダーに、現場を通過する増山容疑者の車が写っていたことを突き止めた。

 増山容疑者は、逮捕前の任意聴取で現場付近を走行中に大きな音を聞いたと供述していたが、逮捕された後は、「今は何も答えたくありません」と語っている。無責任極まりないこの男、どんな人物なのか。

「まあ、正直言って、二面性がある人ですね」

 と語るのは、増山容疑者をよく知る、近所の住人である。

「人に対して、表面上は穏やかで好人物のように接するのです。子どもが通っていた小学校のPTA会長を務めたこともありますしね」

 ところがその反面、非常に利己的なところがあるという。

「彼は父親が設立した建設会社、増山工業株式会社の社長を務めています。社員は15人ほどですが、残業をさせても残業代を払わないそうです。日曜出勤しても休日手当も出さないので、社員から不満の声が上がっていますよ。つまり、お金に汚い人、ケチなんです」(同)

 増山容疑者は工業高校を出た後、地元の工業大学に進学したという。

「大学卒業後、修業のために東北地方にある建設会社に勤務。30歳過ぎてから増山工業に入社しています。奥さんも増山工業で事務の仕事を担当しています。子どもは3人いて、長男が大学生で、次男と長女が高校生です」(同)


■ここまでが俺の土地


 別の近所の住人がいう。

「増山家は、近隣地域での評判は最悪ですよ。というのは、増山容疑者の父親はトラブルメーカーとして知られていましたからね。もう20年以上前のことですが、増山家と隣接する他人の土地の一部を自分の土地だと言い張って奪い取っていたんです。登記簿謄本上の権利関係を全く無視してですよ、ブルドーザーを使って勝手に他人の土地を地ならしして、『ここまでが俺の土地だ』と。もう無茶苦茶ですよ」

 増山容疑者の父親は、近隣住民と計3件の土地トラブルを起こしている。

「増山工業の駐車場を増設するとき、他人の土地の一部を駐車場にしたこともありました。最初は、間違って駐車場にしてしまったと謝ったそうですが、結局それっきり。数年前に邦夫さんの父親が亡くなってから、土地を奪われた人が『私が固定資産税を払っているんだから、土地を返してくれ』と言っても、邦夫さんは知らぬ存ぜぬでしたね。結局、増山工業が土地を勝手に使っていますよ」(同)

 そのため、近所では増山家と付き合う人はない。もちろん、工事の依頼をすることも全くないという。

「父親も逮捕された邦夫さんも自分のことしか考えていない人ですからね、今回、増山容疑者が逮捕された時、近所の人は『やっぱり、起こるべくして起こった』『人の土地を奪ったから、天罰が下った』なんて言っていましたよ。私も同感です。どういう状況で幅寄せしたのかわかりませんが、事故を誘発したのに、車を止めないで逃げたわけでしょう。すぐに救急車を呼んでいれば助かったかもしれません。他人のことは全く考えない。彼の人間性をよく表していますね」

デイリー新潮取材班

2021年8月16日 掲載

関連記事(外部サイト)