「国際柔道連盟」が高級ホテルで毎夜の宴会 20時以降も酒類を提供、数人が宴会場を飛び出す騒ぎも

国際柔道連盟が東京五輪開催時に永田町のホテルで連夜酒宴か 宴会場飛び出す騒ぎも

記事まとめ

  • 国際柔道連盟の幹部たちは五輪開会式の数日前から永田町の高級ホテルに宿泊していた
  • その際、国際柔道連盟の幹部たちには20時を過ぎても宴会場で酒類を提供していたという
  • 幹部たちは大声で会話をし、酒に酔った数人が宴会場を出て騒ぎを起こしたらしい

「国際柔道連盟」が高級ホテルで毎夜の宴会 20時以降も酒類を提供、数人が宴会場を飛び出す騒ぎも

「国際柔道連盟」が高級ホテルで毎夜の宴会 20時以降も酒類を提供、数人が宴会場を飛び出す騒ぎも

山下泰裕JOC会長

 史上最多となる9個の金メダルを獲得した柔道の日本代表。お家芸の完全復活に、山下泰裕JOC会長もほっと胸を撫でおろしたことだろう。だが、好事魔多し。山下会長も理事に名を連ねる国際柔道連盟(IJF)のお歴々が、緊急事態宣言下のトーキョーで、連夜の“酒宴”に興じていたのである。

 ***

 日本武道館でオリンピック柔道の熱戦が繰り広げられた7月下旬、広い宴会場の円卓には深夜11時過ぎまで数十人の外国人客が集まっていた。酔いが回るにつれて会話は大音量となり、笑い声も響き渡る――。

 酒宴の舞台となったのは、東京・永田町にある「ザ・キャピトルホテル東急」の大宴会場「鳳凰」。菅総理が番記者や秘書官などと朝食会を開くことでも知られるこの高級ホテルに宿泊していたのはIJFの幹部たちだ。

 事情を知るホテル関係者が声を潜めて打ち明ける。

「IJFの方々は、五輪開会式の数日前から10日間ほどキャピトルホテルに宿泊されました。鳳凰の間を貸し切りにして半分をミーティングルーム、残りの半分を朝と晩に食事を取る会場として使っていたのです。海外のVIP客を受け入れるのはホテルとしても名誉なことです。ただ、スタッフの間で疑問の声が上がったのは、宴会場で酒類を提供していたからに他なりません」

 五輪開幕を目前に控えた7月12日、都内では4度目の緊急事態宣言が発令された。飲食店には20時までの時短営業に加え、酒類提供の一律停止も要請されている。

「キャピトルホテルでもレストランは20時で閉店し、アルコールの提供は休止しています。ルームサービスを除けば、宴会場の一般利用者にもお酒は出していません。それなのに、IJFの皆さんには20時以降も飲食を認めていた。しかも、食前のシャンパンやワイン、スコッチウイスキー、ビールに日本酒や焼酎まで提供していました」(同)


■酒に酔って騒ぎも


 柔道が五輪序盤を大いに賑わし、そこに酒が加われば、IJF幹部が盛り上がるのも仕方のない話だ。

「酒に酔った数人が宴会場を出て騒ぎを起こしたとも耳にしました。予約が少なかったので、他の利用客との接触はなかったようですが……。会場内のアクリル板の仕切りは申し訳程度で、ほとんどのIJF関係者がマスクをつけずに大声で会話をしていました」(同)

 五輪関係者が酒宴を許されるなら、街場の飲食店の“禁酒令”も解除するのが筋というもの。渋谷のスポーツバー「フィールズ」の田中守店長は憤りを隠せない。

「サッカーやラグビーのW杯では連日、200人以上が押し寄せましたが、東京五輪ではお客さんはほぼゼロ。にもかかわらず、五輪関係者だけ例外扱いするなんて最悪ですよ。我々はルールを守って20時以降の予約を泣く泣く断っているのに、一部の人だけが宴会を開くなんてあり得ない」

 ホテル側に質すと、

「お客様のプライバシーに関する事になりますので、お答え致しかねます」

 と回答するのみ。

「週刊新潮」2021年8月12・19日号 掲載

関連記事(外部サイト)