事件現場清掃人は見た 服毒自殺した「50代男性」の部屋で感じた“屈辱と反省”

 孤独死などで遺体が長時間放置された部屋は、死者の痕跡が残り悲惨な状態になる。それを原状回復させるのが、一般に特殊清掃人と呼ばれる人たちだ。長年、この仕事に従事し、昨年『事件現場清掃人 死と生を看取る者』(飛鳥新社)を出版した高江洲(たかえす)敦氏に、今も忘れられない悔しい思い出を聞いた。

 高江洲氏が特殊清掃を始めて間もない頃の話である。

「知人の葬儀会社の社長から依頼でした。50代の男性がマンションで服毒自殺し、死後2カ月経って発見されたそうです」

 と語るのは、高江洲氏。

「社長からは『今度の現場は遺品の撤去もしていないから、ちょっと生々しいかもしれないけど、作業は消毒だけでいいから頑張ってみてよ』と言われました。なんだか嫌な予感がしました」


■「そこの汚れ、拭いてよ」


「葬儀会社の担当者によれば、亡くなった男性はIT関係の個人事業者で、自殺の原因は離婚だといいます。奥さんが家を出た直後に命を絶ったそうです」

 机の上にあるパソコンの周りは書類だらけで、書棚には理学系の本がずらりと並んでいた。

「男性は、パソコンに向かう肘掛け椅子に座ったまま亡くなっていたそうです。朝から夜遅くまでパソコンの前に座り、コツコツと仕事をしていた男性にとって、奥さんは唯一の話し相手だったのかもしれません。二人の間にどんないさかいがあったのか知るよしもありませんが、奥さんに出て行かれた男性は、一人になってしまった人生に行き詰まったのではないか」

 そんなことを考えながら、高江洲氏は消毒作業を行った。

 そしてひと通り作業を終え、部屋を出ようとすると、葬儀会社の担当者からこう言われたという。

「おい、そこの汚れ、拭いてよ」

 高江洲氏は、

「いや、それはできませんよ。私が引き受けたのは消毒だけですから」

 すると担当者は、

「なに言ってんの?ご遺族がきれいにして欲しいと言ってるんだから、ちゃんとやってよ。掃除屋だろ?仕事じゃないかよ」

■屈辱の雑巾がけ


 高江洲氏は一瞬、ムッとしたが、すぐに思い直した。

「確かにその通りです。この現場の日当は3万円でした。当時の私は、特殊清掃のノウハウもないので、雑巾で汚れを拭き取るしかありませんでした。今だったらそんなことはしません。脂とタンパク質を含んだ体液を水を含んだ雑巾で拭くと、逆に体液の染みが広がっていくだけです。本来は、特殊な薬剤を散布して細菌を死滅させて死臭を消し、その後、汚れをヘラで削り取っていきます。その時は、雑巾で拭く方法しか思いつかなかったのです」

 床に転がっている無数の虫の死骸は、掃除機で吸い取った。

「男性が亡くなった肘掛け椅子は、体液や血液、糞尿までが椅子のスポンジに染み込み、さらに、床に大きな塊をつくっていました。その塊から、無数のうじ虫が這い出した跡が放射状に広がっていました」

 うじ虫の跡を端から丁寧に拭き取っていき、赤黒くかたまった汚れを雑巾でこそげ落とすように拭いていったという。

「赤黒いかたまりは、一見乾いているようですが、雑巾でかたまりの表面を崩すと中からドロリとした液体が出てきて、さらに強烈な臭いを放ちました。私は、喉の奥からこみあげてくるものをグッと抑えながら、バケツで汚れた雑巾をゆすぎ、トイレに流すという作業を繰り返しました」

 高江洲氏は、こみ上げてくる吐き気を我慢することができなかったという。

「なんで俺は……こんな仕事をしているんだろうと、悔しくて涙があふれました。自分が惨めで情けなく、こんな姿は誰にも見られたくないと心底思いました。ただ、引き受けた仕事は最後までやるのがプロです。その当時は、その思いだけで仕事を続けました。今思い出しても恥ずかしく、屈辱的な現場でした。その時は自分の力不足を実感し、特殊清掃を本格的に研究し始めたんです」

デイリー新潮取材班

2021年8月19日 掲載

関連記事(外部サイト)