「フジロック」で記者は見た 東京ナンバーの車が大挙、“酒ナシ”でも“密”に踊る若者たち

フジロックで品川・練馬・足立など東京ナンバー目立つ 幼児を連れた大人も

記事まとめ

  • 新潟県湯沢町で8月22日まで3日間開催の音楽フェス「フジロックフェスティバル」
  • 会場近くの駐車場には夥しい数の県外のナンバーがあり、東京ナンバーが目立つという
  • 家族連れが多く、ベビーカーに幼児を乗せた人や河原で子供に水遊びをさせている家族も

「フジロック」で記者は見た 東京ナンバーの車が大挙、“酒ナシ”でも“密”に踊る若者たち

「フジロック」で記者は見た 東京ナンバーの車が大挙、“酒ナシ”でも“密”に踊る若者たち

20日開催された「フジロック」のメインステージ前で、密に盛り上がる若者たち

 新型コロナの新規感染者数が各地で過去最多を更新する中、新潟県湯沢町では8月20〜22日の3日間、音楽フェス「フジロックフェスティバル」(通称「フジロック」)が開催されている。主催者は、入場制限を設けたうえ、感染対策を徹底すると訴えるが、記者が目にしたのは、ステージ前で“密”になって羽目を外し、踊り狂う若者たちの姿だった。

 ***


■「品川」「練馬」「足立」ナンバー


 24年間にわたって、毎夏、開催されてきた日本最大級の音楽フェス「フジロック」。昨年はコロナ禍で中止に追い込まれたが、今年は開催に踏み切った。

「KEEP ON FUJI ROCKIN’」

 主催者がホームページで訴える標語である。

〈雨、風、嵐、そして台風。フジロックは今までも自然の脅威にさらされてきました。そして、フジロックはいつも、フジロッカーの皆さまと共に困難を乗り越えてきました。/今度は、新型コロナウイルス感染症です。でもこれは、自然の脅威とはまた別の、私たちの知恵と工夫、そしてモラルとマナーで予防することができる脅威ではないでしょうか〉

 だが、開催日が近づくにつれて、辞退する出演者が相次いだ。津田大介や小泉今日子をはじめ、大友良英、折坂悠太などが出演を辞退。また、メンバーに陽性者がいたことから、「indigo la End」(川谷絵音のバンド)も出演キャンセルとなった。

 記者は取材を目的として、8月上旬にチケットをネットで購入した。値段は1日券2万1000円。チケット購入者には専用アプリへの個人情報や当日の体温の登録が義務付けられ、希望者には「抗原検査キット」が送られてくる。キットは前日に届き、当日の20日、陰性と平熱を確認したうえで会場入りした。

 会場近くの駐車場に赴くと、目についたのは夥しい数の県外のナンバーだった。中でも「品川」「練馬」「足立」など東京ナンバーが目立つ。ついで「湘南」「川越」などの関東圏ナンバー。「岐阜」「神戸」など、遠方からの車も見受けられた。

 駐車場から会場までのシャトルバスに乗る際は、検温を受ける。バスの中は、Tシャツ、短パン姿の大学生らしき若者たちでいっぱいだった。


■ダフ屋は「今年は若者が多い」


「おにいちゃん、どうしたの? 券ないの?」

 エントランス前で、まず記者を出迎えたのが「ダフ屋」だった。いかにもという出で立ちの場違いな50代くらいの男性。他にも数人の仲間が、スタッフの目も気にせず堂々と、客に声をかけている。

「今年は外国人出演者がいないから若者が多いねぇ。海外の人気グループが出演する時は高騰するけど、今年は安いよ。定価で売るよ」

 エントランスに入ると改めて検温だ。アプリの確認、荷物検査も受ける。今年は会場内でも酒類の販売はなく、持ち込みも禁止。だが、スタッフの確認は極めて雑だった。さっとカバンを開けさせられるだけで、奥までは見ない。衣類の奥に缶や瓶を忍ばせることは容易だと感じた。

 ようやくエントランスを抜けると、まず目に入ったのは、公式グッズ販売所前の長蛇の列だった。200人くらいはいただろうか。気になったのは、ソーシャルディスタンスが一切ないことだ。間隔をあけるよう注意するスタッフもいない。


■河原で水遊びする家族連れ


 次に屋台エリアを回ってみた。酒類は一切売っていない。みなソフトドリンク片手に、ラーメンや丼、ピザなどを食べている。30代で毎年フジロックに来ているという女性二人組に声をかけると、「こんなに人が少ないのは初めて」と教えてくれた。

「普段はどこも長蛇の列ですよ。トイレなんか10分以上待つのが当たり前です。もちろん目当ての外タレはいませんが、ゆったりフェスを楽しめるんで、来て良かったと思っています」

 主催者側の発表によれば、20日午後5時の時点で入場者は約1万2000人。例年の半分以下だという。

 女性にコロナ感染は怖くないかと聞くと、笑いながらこう答えた。

「もうワクチン2回打っているんで大丈夫かなと。自粛ばかりではストレスが溜まってしまいますからね」

 周囲を見渡し気になったのは、家族連れが多いことだ。ベビーカーに幼児を乗せている大人が目につく。会場内にはシーソーやブランコなど子供が遊べる施設も充実しており、河原では子供に水着を着せて水遊びさせている家族もいた。現在、ニュースでは子供の感染者急増が伝えられているが、気に留めている親たちは少なそうだった。


■アバウトな「ソーシャルディスタンス」


 午後3時過ぎ、「グリーンステージ」と呼ばれるメインステージに行くと、人気バンド「くるり」が演奏の最中だった。ステージに近づくと、足元に黄色い印が釘付けされているのに気づく。ソーシャルディスタンスの印だ。だが、一般的な距離よりも心なしか短い感じがする。1メートル程度か。ここに立つようにとスタッフから注意されることもない。

 だが、先ほど出会った“フジロッカー”に言わせると、

「普段は後ろの人の汗が付着するくらい、ステージ前は客同士が密着している状態です。今年はルールを意識しているほうだと思いますよ」

 確かに、歓声をあげる客はいない。拍手だけだ。観客は体を揺らしながら、制限の中で音楽を楽しんでいるようにも見えた。

 だが、屋根付きのステージである「レッドマーキー」を覗くと、印象が一変した。暗い会場内では激しいビートが鳴り響いている。足元の印は見えず、前方はぎゅうぎゅう詰めだ。「The Bawdies」という若者に人気のロックバンドがギターをかき鳴らしながら、観客を煽っている。

「みなさん! 大きな花火を打ち上げましょう!」

 ボーカルがそう叫ぶと、「せーの」で観客がジャンプ。「さぁもう一度!」。何度も煽り続けるボーカル。客は声を出していない。だが、息は切れ切れだ。


■準備体操をし出した女性


 午後7時からメインステージで開かれた「MAN WITH A MISSION」のライブは、開始前から異様な雰囲気に包まれていた。モッシュピットは観客ですし詰め状態。入場制限をしているが、黄色い印に沿って入れているようには到底見えない。係員に聞いてみると、

「人が多すぎると本部から指示が入ります。特に数えているわけではありません」

 ふと横を見ると、準備体操を始める若い女性が……。やがて狼の被り物を被ったバンドメンバーたちがステージに入ってくると、ボルテージは一気に最高潮に上り詰めた。

「お前ら、空に飛び上がることくらい許されているんだろ!」

 観客は大喜びだ。もはやソーシャルディスタンスもへったくれもない。前の人にぶつからんばかりに手を振り上げ、飛び上がり続ける観客たち。横にいる女性はマスクをつけてはいるが、明らかに歌っていた。全身を使って踊り出す中年男性までも……。

 こうして観客たちの熱狂は、夜更けまで続くのであった。22日まで続くというこの宴。「助かる命が救えない」。医療従事者の悲痛な叫びは、ここには届きそうにない。

デイリー新潮取材班

2021年8月21日 掲載

関連記事(外部サイト)