白金高輪駅の硫酸事件で被害男性は失明危機、実行犯が赤坂見附駅から追いかけた理由は?

白金高輪駅の硫酸事件で被害男性は失明危機、実行犯が赤坂見附駅から追いかけた理由は?

警視庁が公開した容疑者

■22歳の男性をターゲットに


 8月24日午後9時ごろ、港区の東京メトロ白金高輪駅で発生した「硫酸事件」。都内在住の会社員の男性(22)と女性(34)が顔や足などに火傷をし、病院に搬送された。被害男性は全治6ヶ月の重症で、現場から逃走した男を警視庁は傷害容疑で公開手配し、その行方を追っている。

 社会部記者によると、

「容疑者の男は30〜50代ぐらいで、身長約175センチの小太り。黒色のポロシャツと長ズボン、スニーカーのいでたちで、黒いキャップに白色マスク姿ということです」

 右手に手袋をして、小瓶のような容器を持っており、駅の地下2階から1階に上がるエスカレーター付近が現場となった。

「被害に遭った男性と女性はエスカレーターの左側に立っていたところ、右側を歩いて通り過ぎていった男が振り返りざまに、男性に向かって硫酸をかけたようです」

 被害に遭った男性と女性とは面識がないという。中の液体を男性の顔にかけた後、容疑者の男は容器をショルダーバッグに入れて立ち去っている。

 この種の犯罪はアシッド・アタックと呼ばれ、バングラデシュやインド、パキスタン、そしてイギリスなどで頻発するが、容疑者の男の狙いは何だったのか?

「22歳の男性をターゲットにしていた可能性が高いと捜査本部は見ています。男性が勤務先近くの赤坂見附駅から乗車して白金高輪駅で降車して犯行に及ぶまで、地下鉄内では容疑者が同じ車両に乗車していたことがわかっています。エスカレーターで追い抜き犯行に及ぶ際には、右手だけ手袋をはめており、両手ではないところからある程度、硫酸の扱いに慣れている風にも見え、実行犯とは別に指示した人物がいるという見立てを捜査を担当する警視庁捜査1課はしている模様です」


■地下鉄サリン事件や小田急線の事件が


 被害を受けた男性と女性は命に別条はないと報じられたが、

「女性は地面にこぼれた硫酸を踏んで転倒し、右膝に火傷を負ったのですが、男性の被害が実は甚大のようです。全治6ヶ月とされており、病院に搬送される際に『目が痛い』とこぼしていたように硫酸の一部が目に入ってしまったと聞いています。失明には至らないもののかなりのダメージを受け、現在も顔面から頭部を包帯でぐるぐる巻きにされ、事情を聴くのもそう簡単ではない状況だということでした」

 捜査当局では「地下鉄で薬品」というキーワードから、1995年に発生した地下鉄サリン事件を連想した関係者も多く、特に消防の関係者は色めき立っていたようだ。

「さらに、小田急線内で無差別刺傷事件があったばかりでしたから、その模倣犯ではないかという見方もあったのですが、現在は、先ほどもお話したように被害男性狙いだったということで捜査を進めています。恨まれるようなきっかけはなかったかなど、男性から聞き取りを重ねるとともに、各所に張り巡らされた防犯カメラの映像をつなぎ合わせて、容疑者を確保する方針です」

 現在は傷害事件として捜査が進められているが、

「硫酸の濃度なども含め、殺意が認定されるようなら殺人未遂などの容疑に切り替わる可能性があります。全治6ヶ月は相当な大怪我で、顔の火傷は目立ち、一生残るほど広範囲に及んでいるようです」

 仮に何らかの恨みがあったとしても決して許される行為ではない。

デイリー新潮取材班

2021年8月26日 掲載

関連記事(外部サイト)