「マッチングアプリ」「婚活」で人気の男女の特徴は 業界のプロたちが指南

「マッチングアプリ」「婚活」で人気の男女の特徴は 業界のプロたちが指南

座談会に参加していただいた業界の皆さん

 結婚に至るきっかけはさまざま。婚活パーティー、アプリなどで知り合うことも珍しくない。むしろコロナ禍の孤独感に苛まれる結婚難民には頼りになる存在だ。そこで業界関係者に集ってもらい、独身中高年のために、成婚へのプロのノウハウをアドバイスしてもらった。

 ***

――今日は、婚活アプリ、結婚相談所、婚活パーティーの会社のかたに集まっていただきました。そして、実録婚活小説『結婚のためなら死んでもいい』を書かれた作家の南綾子さん(40)と、婚活ドキュメント『57歳で婚活したらすごかった』を書いた僕、石神賢介(59)がいろいろ教えていただこう、と。僕はアプリも相談所もパーティーも体験して、成果が上がっていません。

南綾子(以下・南) 私もパーティーとアプリを利用しましたが、成果は出ていません。いきなりで申し訳ないのですが、石神さんは理想が高い……ということはないですか?

――いえ、そんなことはないと思っているのですが。南さんには初めてお目にかかりましたが、婚活しなくてもパートナーは見つかりそうな雰囲気です。

南 そんなことは話してみなきゃわからないですよ。飲み会や婚活パーティーで、私はふつうにふるまっているつもりでも、男性の目からは不機嫌に見えるらしいんです。「つまらないですか?」とか「怒っているんですか?」と、よく聞かれます。でも、いちいち対応するのが億劫で。

――今日は皆さんにアドバイスをいただきましょう。まず、アプリ、相談所、パーティーのシステムをうかがえますか。

岸本俊哉さん(婚活アプリ「パートナーズ」アドバイザー。以下・岸本) パートナーズは主に中高年の男女が対象で、スマートフォンやパソコンでプロフィールや希望条件を入力し、検索機能でパートナーを探します。アプリ内でカップリングしたら、自由恋愛です。

川上健太郎さん(結婚相談所「茜会」統括部長。以下・川上) 茜会は40代以上が対象です。厳正な審査を通過した会員のかたがたご本人の希望や相談所のお薦めする相手とお見合いをしていただき、交際期間を経て成婚、退会になります。

小林美穂さん(婚活パーティー会社「エクシオジャパン」アドバイザー。以下・小林) 平日夜、週末を中心に男女10〜20人が参加する婚活パーティーを全国で開催しています。パーティーで気に入ったかたがいたら連絡先を交換して、あとは自由恋愛です。

――コロナ禍で多くのシングルが将来への不安を感じ、パートナーを求めるようになったと聞きます。

岸本 パートナーズの会員数は前年比10%増くらいです。2011年の東日本大震災のときと同じで、大災害が起きると、人生を一人で過ごすリスクを現実的に考えるようになりますね。

川上 相談所は男女対面でのお見合いが前提なので、昨年の緊急事態宣言発令中はちょっと厳しい状況でした。その反動か、今年の春からは活動が活発化しているようです。

小林 エクシオのような婚活パーティーは、コロナ禍で大きくスタイルが変わり、マスクを着用し、席をパーティションで仕切るようになりました。昨年からZoomを利用して自宅で参加できるオンラインパーティーも開催しています。こちらが予想以上に好評で、今は会場型と同じくらいの開催数になりました。

――参加するには何を用意すればいいですか。

小林 免許証やパスポートなど写真付きの公的身分証明書を持参してください。

岸本 パートナーズは公的身分証明書の提出のほかに、任意で独身証明書や収入証明書(源泉徴収票や所得証明書など)の提出もお勧めしています。信頼度が高まるので。

川上 茜会は、公的身分証明書はもちろん、独身証明書、収入証明書、卒業証明書なども必須です。

――公的な独身証明書は、婚活で初めて知りました。

川上 独身証明書は本籍のある自治体、収入証明書は勤務先やお住まいの自治体、卒業証明書は出身校で発行してくれます。


■モテるためのコツ


――南さんは、アプリにも登録しているとおっしゃっていましたね。

南 アプリとパーティーは試しました。あまりお金がかからない婚活なので(笑)。30代前半までは友だちからの紹介とか飲み会で出会いがありましたけれど、30代後半から婚活ツールも利用し始めました。私が参加したパーティーはすさまじかったですよ。一部のきれいな女性に男性が殺到して、行列ができていました。

――確かにかつてのパーティーは女性の取り合いでしたね。一方で人気がない人はずっと一人でいました。

南 あれは絶対にトラウマになっちゃう。

小林 ああいう早い者勝ちみたいなフリースタイルのパーティーはほぼなくなりました。今はほとんどが、参加者全員が一対一で均等に会話できるスタイルです。

――「医師・弁護士限定」「モデル・CA限定」のような職業を限定するパーティーもよく見かけましたが。

小林 今は40代、50代60代……と年齢で分けています。エクシオでは「男性の年収600万円以上」というエグゼクティブのパーティーは設けていますが。

――どんな男女に人気が集まりますか?

岸本 アプリは男女ともプロフィールが具体的で前向きな人がよく申し込まれていますね。「一緒に海にドライブに出かけたい」「山を歩きたい」「おいしいものを食べに行きましょう」と、楽しい時間を期待させる人です。持病や直近の失恋などの悩みがあっても、マイナス要因を最初から伝える必要はありません。

――会話での注意点は。

岸本 もらったコメントにきちんと反応することが大切です。アプリは目の前に相手がいないので、つい自分語りになってしまいます。質問することを心がければ、会話が続くはずです。

南 女性との会話に慣れていないというか、恋愛経験が少ない男性の文章は妙に丁寧ですよね。句読点がすごく多いとか。外国人が書く日本語みたいな。

――ほんとうに外国人なのでは? アプリ内には外国人もいて、単語の組み合わせのたどたどしい日本語で連絡をくれますよ。

南 私のケースは日本人でした。仕事のことや近況も書かれていましたから。

――岸本さん、アプリでLINE IDやメールアドレスを交換するタイミングはどうでしょう?

岸本 ケースバイケースです。マッチングしてすぐに交換する人も、1年以上アプリだけでやり取りしている人もいます。

南 1年も!

岸本 もはや婚活ではなく、文通になっています。やり取りするだけでも楽しいのかもしれません。直接の連絡先の交換は会う約束をしたときが無難ではないでしょうか。男性から誘うなら、まずランチをお勧めしています。好きな食べもの、苦手な食べものを確認して、お店を当たってください。

南 せっかくマッチングしても、会う段階になると計画性のない“ノープラン野郎”もいます。

――ノープラン野郎(笑)。

南 けっこういるんですよ。「7月24日(土)新宿駅18時」しか書いてこない男性。新宿駅のどこ? 何食べるの? 予約しなくて大丈夫? たくさんの「?」を抱えて出かけていく。実際に会うと「どこへ行きましょうか? いい場所知ってます?」と聞かれる。一応、こちらも念のため考えてはきているけど、あからさまにプランを丸投げされると「お前、何しに来たの?」と言いたくなります。

川上 そういう男性、婚活じゃなくてもいますね。

南 仕事の場でもノープランなんだろうなあ。

小林 コミュニケーション能力の問題ですからね。


■写真は盛らないように


――アプリや相談所のプロフィールには、どんな写真を載せればいいですか。

岸本 アプリの多くは写真を複数掲載できるので、バリエーションを意識しては。メインはカジュアルなスナップをお勧めしています。パートナーズの雰囲気に合うので。2枚目はジャケットを着て。それぞれバストアップと全身があればいいのでは。

南 写真でも恋愛経験の少ない男性はわかりますよ。カジュアルすぎるから。背景に洗濯物がぶら下がっている部屋での自撮りを見たときはびっくりしました。

――茜会は、フォーマルな写真が好まれそうですね。

川上 茜会はスタジオで撮影した写真が基本です。それでも、10年前のお花見のときのスナップなんかを持参するかたはいます。きれいに撮れていてお気に入りなのはわかるけれど、古くて今の印象と違い過ぎる写真は婚活の場にはそぐわず、受け付けられません。写真は茜会でも撮れますが、できれば写真館で撮影したほうがいいですね。

南 本人にはっきりと言うんですか?

川上 もちろんお伝えします。ご本人が結婚相手と出会うためには大切なことですから。

――アプリや相談所で出会ったなかには写真と実物がまったく違って、待ち合わせ場所でわからない女性もいました。男性にも写真と違う人はいるようです。

川上 今は写真の加工修整技術が発達していますからね。ご本人にも写真館にも、できるだけ盛らないようにとお願いしています(笑)。

――パーティーではどんな人がモテますか。

小林 パーティーに限らないとは思いますが、女性はナチュラルな雰囲気があり、笑顔で会話ができて、気取りのない人でしょう。男性はさわやかで紳士的で清潔感がある人です。

――女性が言う“清潔感”が男にはなかなか難しくて。

小林 背筋を伸ばせば、好印象だと思いますよ。服装に迷ったら、ジャケットを着て背筋を伸ばせば、それだけでイメージはいいです。

――オンラインパーティーでは、いかがでしょう。

小林 自宅にいても婚活パーティーなので、ジャケットをお勧めしています。

南 えー! オンラインで男性がジャケットを着ていたら、笑っちゃうかも。これからお出かけですか? と言っちゃいそう。でも、スウェット姿も嫌かな……。

小林 夏ならシャツだけでいいかもしれません。服装で価値観がわかりますよね。きちんとした同士、ラフな同士は気が合いそうです。

――以前ある相談所に登録したら、最初の2カ月は連日お見合いを申し込んでもらえました。もう有頂天ですよ。でも、3カ月目にぴたっと止まりました。

川上 新入会の女性に男性から申し込みが殺到するケースもよく見かけます。女性は冷静に選べなくなり、年収の高い男性からお見合いしてしまう。するとピュアな気持ちが失われて、ほんとうに自分に合う男性を見つけづらくなるんです。そうならないようにアドバイスしています。

南 新入会の女性は人気があるんですか?

川上 とくに男性は新しい会員を好む傾向を感じます。

南 へえー。

――ほかにはどんな男女が好まれますか?

川上 先日、典型的な成婚できる男性がいました。女性を一所懸命楽しませて、相談所規定の交際期間内も二人の時間を最優先していました。仕事の時間とプライベートをきっちりと分けて。自分の欲求は抑制していたのでしょうね。

――相談所に入会しなくても結婚できそうですね。

川上 そのかたは60代なので、日常生活では出会いの機会が少ないとおっしゃっていました。

南 もともと女性を優先するタイプだったのでしょうか? それとも、どこかで心を入れ替えたのかな?

川上 もともとだと思いますよ。婚歴があり、奥さまとは死別されています。しばらく一人でいたものの寂しくて入会されました。


■こんな人が向いている


南 女性で成婚しやすいタイプはありますか。

川上 自分の好みに執着し過ぎないかたでしょうね。茜会の男性会員は平均59歳です。離婚歴がある、子どもがいる、仕事をリタイアしているなど、若いときとは違う事情があります。そういう条件をすべてNGにすると、なかなか相手が見つかりません。

――無茶なリクエストもありますか。

川上 ときどきいらっしゃいます。先日も「東大卒かドクターしかお見合いしたくない」という、60代後半の女性がいました。10歳以上年上でもかまわないとおっしゃるのですが、80歳前後で独身で婚活中で現役バリバリのドクターはなかなか存在しませんよね……。

――男性が年下を求めるのはスタンダードですか。

川上 もちろん個人差はありますが、相談所で仕事をしていると、男性が年下を求めるのは好みというよりも本能だと感じています。

南 私は相手が年上でも年下でもいいけれど、「年下じゃなければいやだ」と言う男性は苦手かな。たぶん男尊女卑で「男は上、女は下」と思っている。5分くらい会話するとわかります。上からの目線で話してきますから。若いコ好きと、年下好きは、本質的に違うと感じています。

――アプリ、相談所、パーティー、それぞれどんな人に向いているのでしょうか。

岸本 時間やお金に余裕があるならば、全部やればいいのでは。その上でアプリをお勧めするとしたら、まだ気持ちに余裕があるというか、1、2年のうちに結婚できればいいと思っている人でしょう。パートナーズの場合、男性には無料会員と有料会員とがあります。申し込み数などが限られている無料会員に登録して、積極的な気持ちになったら自由に活動できる有料会員に移行すればいい。女性の場合は、現状無料なので、お試しのつもりで始めても負担はありません。

――いつでも相手を探せるように登録しておいて、心のスイッチが入ったら、婚活に集中する。

岸本 あるいはプロフィールを閲覧して、話したい人がいたら、有料会員になる。仕事が忙しくなったら、また無料会員に切り替える。

川上 相談所向きは、社交性がないというか、人が多い場が苦手だと自覚しているかた、人見知りのかたです。担当カウンセラーがサポートします。実際に、初対面の人と話す機会の少ない経理や技術職のかたが多いですね。

――コストがかかる分、サービスも手厚い。

川上 希望があれば初回はカウンセラーがお見合いに同席することもあります。先ほど申し上げたように提出書類が多く、コストもかかる分、リスクは軽減されています。相談所にはナンパ目的や営業目的の会員はいません。真剣度も高い。

小林 逆にパーティーは、対面に慣れていると有利です。男性でも女性でも営業職はパーティーに向いていると思います。そしてアプリと同じように、心に余裕のある状況で参加したほうがいいかもしれません。繁忙期を終え「パートナーがほしいなあ」と思ったときに、ぜひ参加してください。また、最初から実物を自分の目で見て、会話したいかたには向いているでしょう。


■なぜ婚活をするのか


岸本 婚活は元気なときに頑張ったほうが成果は上がりそうですよね。落ち込んでいるときは、どうしてもネガティブな空気をまとってしまい、相手にいい印象を与えられません。

小林 確かにその通りです。パーティーは生身の自分で参加するので、表情や声のトーンに心のコンディションが表れます。

――皆さんの話を聞いて、南さんはどれが自分に向いていると感じましたか。

南 どうかな……。少し時間をおいて、今度は相談所に登録してみようかな……。

――少し時間をおいて?

南 40歳前後の女性って、男性の目にはあせっていると見えるらしいんです。出産にはリミットがあるので。私自身はそれほど出産を意識していないけれど、男性にはわかってもらえません。子どもをすぐにつくる前提で話を進められると、恋愛モードでの会話が成立しづらい。アプリとパーティーは体験したので、もう少し年齢を重ね、相談所を頼ってみるのもいいかなあ、と。

――僕はどんなツールでも、結婚相手に向いていなそうなエロスを感じる女性に近寄ってしまいます。

岸本 それ、婚活と目的が違いますよね。

――わかっているのに欲求に逆らえなくて……。パーティーだと、ノースリーブやニットの女性に魅かれてしまいます。

小林 わかりやすい(笑)。

岸本 なぜ自分が婚活をしているのか、どういう人生を送りたいのか、一度落ち着いて考えてみては。

南 でも、遊び人風の男性はナンパ目的だけど、女性は容姿が派手でも、結婚が目的だと思いますよ。良妻賢母型は激しい争奪戦があるけれど、派手な女性ならライバルが少ないのでは。

――そうか!

南 石神さんの本を読むと、初対面でベッドの相性を試そうとする女性が登場しますよね。あれはアプリで知り合った?

――S男を求めているMの女性にラブホテルに連れて行かれましたが、彼女とはアプリです。オールナイトでのセックスを誘ってきた華道の先生はパーティー。相談所で出会った女性には、食事した店から出たとたん抱き着かれてブチューとキスされた。帰国子女でした。

南 そういう人を呼んじゃうのかな。私のまわりにも奔放な女性はいます。でも、そこまでアグレッシブな女性はいないなあ。

――僕の生活圏にもいませんよ。でも婚活では、いわゆる肉食系に出会います。

岸本 やっぱり、婚活じゃなく“恋活”になっているんじゃないですか。自分が何を求めているのか……。きちんと整理しましょう。

――そうですね……。ありがとうございます。まだまだ頑張ってみます。

石神賢介(いしがみけんすけ)
ライター。1962年東京都出身。離婚後、婚活アプリ、結婚相談所、婚活パーティーなどの体験記『婚活したらすごかった』を出版。近著は婚活ドキュメント『57歳で婚活したらすごかった』(新潮新書)。

南 綾子(みなみあやこ)
1981年愛知県出身。作家。2005年に女による女のためのR-18文学賞受賞後、『ほしいあいたいすきいれて』で小説家としてデビュー。近著は実録婚婚活小説『結婚のためなら死んでもいい』(新潮文庫)。

岸本俊哉(きしもととしや)
婚活アプリ「パートナーズ」アドバイザー。パートナーズは11年を迎えた中高年向け婚活サイト(婚活アプリ)で、会員は約3万1千人。男女比は5対5でバランスを維持。

川上健太郎(かわかみけんたろう)
結婚相談所「茜会」統括部長。茜会は創業60年以上の中高年向け結婚相談所。会員の平均年齢は男性59.3歳、女性56.7歳。男女比は47.6対52.4。

小林美穂(こばやしみほ)
婚活パーティー会社「エクシオジャパン」アドバイザー。エクシオは創業25年。北海道から沖縄まで全国で婚活パーティーを開催。男女計10〜20人のレギュラーパーティー、個室やオンラインのパーティーも開催。

「週刊新潮」2021年8月26日号 掲載

関連記事(外部サイト)