スタバ、フラペチーノも“紙ストロー”で波紋 専門家は「ふやけるのは仕方ない」

スタバ、フラペチーノも“紙ストロー”で波紋 専門家は「ふやけるのは仕方ない」

紙ストローには「不味くなる」「ふやける」など不満の声が

 スターバックスコーヒージャパンは、9月からフラペチーノドリンクのストローを紙ストローに切り替えることを発表した。昨年1月から紙ストローを導入しているスターバックスでは、一部を除いて全面紙ストロー化となったわけだ。この発表に対し、「紙ストロー本当に使いづらいしドリンクの味も不味くなるし、本当に嫌です」「紙のストローはすぐフニャフニャになる」などとネット上での評判は芳しくない。そもそも紙製ストローにはどんな利点があるのだろうか。

 ***

 フラペチーノは一杯600円前後の冷たいドリンクで、「抹茶 クリーム フラペチーノ」「キャラメル フラペチーノ」などのメニューがスターバックスの看板商品である。コーヒーやクリームなどを氷と一緒にミキサーにかけて作る甘く冷たいドリンクで、ストロー付きで提供される。今回、そのストローが紙製に切り替わることで、年間約2億本分のプラスチックストローが削減されるという。一方で、カップは従来通りプラスチック製だというから、ストローだけを紙製に変更して意味があるのかという素朴な疑問が浮かぶ。

 レジ袋有料化などを審議した環境省の専門家委員会の元委員で、環境汚染に詳しい東京農工大学農学部教授の高田秀重氏によると、

「紙ストロー化に賛成ですし、非常に大きな意味があることだと考えています。確かにストローは、プラスチックごみの中では割合が小さく、これだけで十分とは言えないので、今後はカップを紙製に切り替えるなどさらなるプラスチックの削減を期待したいです。とはいえ、今回のスターバックスの全面紙ストロー化は、プラスチックによる環境汚染やマイクロプラスチックの問題について議論する1つのきっかけとして、とても重要だと思います」


■ウミガメの鼻に刺さったストロー


 消費者にとって一番気になるのは紙ストローの使い心地だろう。直接口にくわえるストローだからこそ、「不味くなる」「途中でふやけるのが嫌だ」などの不満の声が上がっているのも事実である。

「極端に言えば、紙ストローはふやけやすく、また水に溶けやすくないと意味が無いのです。2015年頃、アメリカの研究チームが鼻にストローが刺さったウミガメの動画を公開しました。取り除いてやろうとすると苦しそうな顔で、鼻から血を流すウミガメの姿にたくさんの人が心を痛め、プラスチックごみの問題に注目が集まりました。紙ストローなら、万が一海に流れてもウミガメを始めとして、海の生物を傷つける可能性は少ないです。ストローは細長い形状ですから、海に流れ出ると生物の体を傷つける可能性が高く、そういう意味ではカップより危険性は高いのです。スターバックスがカップより先にストローを全面紙製にしたというのも、良い判断だと言えるでしょう」(同)

 スターバックスによると、今回提供されることになる紙ストローは、強度や耐久性を高めたものだというから、従来のものより口触りや溶けやすさが改善されていることが期待できる。

「今飲んでいるフラペチーノと苦しんでいるウミガメは、すぐに結びつかないかもしれません。紙ストローが不便だと思う気持ちもよく分かりますが、回り回って海の生き物を守ることに繋がっています。反発の声が予想される中でも、スターバックスという大きな企業が全面紙ストロー化したということは、それだけプラスチックごみの問題が深刻だということです。紙ストローを使う時には、世界中で取り組んでいるこのプラスチックの問題に、自分が少しでも関わっているんだということを感じてもらいたいと思います」(同)


■レジ袋有料化の効果は?


 とはいえ、「自分はポイ捨てしないから、海の汚染とは関係がない」と考える人も多いだろう。確かにごみ箱にきちんと捨てれば、海に直接ストローが流れてしまうことは無い。ポイ捨てをしないなら、プラスチック製ストローを使っても影響は無いのだろうか。

「紙のストローも、ごみ箱に捨てられた後は焼却処分され、その過程で二酸化炭素が排出されるという点は、プラスチック製のストローと同じです。ここで出てくるのがカーボンニュートラルという考え方で、紙製ストローは元をたどれば木で、当然、木は二酸化炭素を吸って酸素を出すわけですから、環境にとって良い働きをします。一方、プラスチック製ストローは石油から出来ているので、もともと環境に優しい素材では無かった。焼却処分をするときに二酸化炭素を排出するという点は同じでも、木や森林は二酸化炭素の排出分の埋め合わせが出来ます。環境に優しい素材を増やしていくことは、二酸化炭素など温室効果ガスをプラスマイナスゼロにすることに繋がるのです」(同)

 プラスチック削減と言えば、昨年7月にレジ袋が有料化し、マイバッグを持ち歩く人が増えた。有料化から1年以上が経ち、その効果はあったのだろうか。

「レジ袋のごみが減ったことは確かですが、それが海の環境に良い影響を与えたことが確かめられるまでは、まだ時間が掛かります。レジ袋の削減を早くから進めていた中米などでは、海に漂着するごみの量が減ったという報告がありますから、もう少しすれば日本でも成果が見えると期待しています。一方で、残念ながらコロナ禍でマスクや持ち帰り用のプラスチック容器のごみが増えてしまっています。さらに今後は、プラスチックごみの割合として最も大きいペットボトルの削減も目指していくべきです」(同)


■脱ペットボトルしなかった東京オリンピック


 海外では脱ペットボトルの動きが進んでいる。2016年、アメリカ・サンフランシスコではペットボトル入りの飲料水の販売が禁止された。さらに、中国・青島でも空港に、マイボトルを持参すれば、誰でも無料で水を汲める機械が設置されている。

「ペットボトルを買わないようにするという動きは、日本ではまだあまり浸透していません。東京オリンピックでも、脱ペットボトルの大会にする計画が当初あったようですが、実際にはスポンサーのコカ・コーラのペットボトルが大量に消費されていました。マラソンの給水など、一部ではペットボトルが必要かもしれませんが、その他の競技ではペットボトルを使わない方法もあったと思います。ペットボトルではなくマイボトルを使っているところがテレビで中継されれば、世界に向けてアピールする場にも出来たのに、残念でした」(同)


■マイクロプラスチックとは?


 最後に、最近よく聞く「マイクロプラスチック」とは一体どういうものなのか解説してもらった。

「海に流れたプラスチックは、紫外線や波の力によって粉砕され、マイクロプラスチックと呼ばれる5ミリ以下の小さな破片になります。そのマイクロプラスチックを海の生物が餌などと一緒に体に取り込み、さらにプラスチックに含まれる有害物質は身の方にまで浸透することが分かっています。そして、その有害物質が含まれた魚の身を食べると、我々人間の生殖機能や免疫に悪影響を及ぼす可能性があることが分かっています。実際に我々の調査では、東京湾のスズキの胃の中からは5ミリ程度のマイクロプラスチックが見つかり、カタクチイワシの胃の中からもさらに小さい1ミリ程度のマイクロプラスチックが見つかりました。スターバックスの紙ストロー化をきっかけに、海のプラスチック問題に関心が集まることを期待しています」(同)

デイリー新潮取材班

2021年9月1日 掲載

関連記事(外部サイト)