年内ご結婚でも…小室佳代さんの“特異な金銭感覚”が眞子さまに影響を与えるという心配

眞子さまと小室圭さん「年内結婚」報道 母・佳代さんの金銭感覚が眞子さまに影響か

記事まとめ

  • 秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんが年内に結婚される方向で調整が進んでいると報道
  • 「母親だけでなく小室さん自身の金銭感覚も多くの国民が疑問視している」と記者は語る
  • 家族問題カウンセラーは小室さんと佳代さんの金銭感覚を指摘し結婚生活に警鐘を鳴らす

年内ご結婚でも…小室佳代さんの“特異な金銭感覚”が眞子さまに影響を与えるという心配

■借金まみれの人生


 読売新聞(電子版)は9月1日、「【独自】眞子さま小室圭さん、年内に結婚…儀式は行わない方向で調整」との記事を配信した。【独自】の文字は、読売が「スクープ記事です」と“宣言”していることを意味する。

 ***

 だが、国民の反発は激しい。様々な理由があるが、その中の1つに、いわゆる“金銭トラブル”が未解決だという点がある。

 デイリー新潮は6月16日、「小室圭さん、納采の儀の費用が“払えない” 秋篠宮家ご負担案が浮上していた」の記事を配信した。

 記事では、2018年3月に予定されていた「納采の儀」でも、金銭トラブルがあったことが明かされた。

 納采の儀は、いわゆる結納にあたる儀式だ。小室さん側の親族が使者として、鮮鯛2尾、清酒3本、絹の服地を天皇家に収めることになる。

 ところが、この負担に小室さんは異議を唱えたのだという。記事に掲載された宮内庁関係者のコメントから、一部をご紹介しよう。

《秋篠宮さまと小室さんが同席して、納采の儀に関する打ち合わせをした際のことです。納采の儀で男性側が用意すべき品について聞かされた小室さんは“こんなにかかるんですか?”と驚きをあらわにした上で“母子家庭ということもあって金銭的な余裕がなく……”と伝えたそうです。その様子をご覧になった秋篠宮さまは“ご苦労なさっているのだから”と費用を用立てるお考えを示されていた》

■高額な学費


 コメントには、秋篠宮さま(55)が小室さんに不信感を抱いた理由と経緯も説明されているのだが、それは割愛させていただく。

 気になるのは、小室さんの「母子家庭だから金銭的な余裕がない」という発言だ。母親の加代さん(54)や小室さんは、爪に火をともすような苦しい生活だったのだろうか。

 デイリー新潮は5月21日、「小室圭さん、中学・高校の学費は1200万円、400万円問題が解決しても消えない疑念」との記事を配信した。

「記事では、小室さんの学費がいくらだったか算出しました。国立音楽大学附属小からカナディアン・インターナショナルスクールに進み、国際基督教大学(ICU)を卒業。三菱東京UFJ銀行は2年で退職し、法律事務所に勤務しながら一橋大大学院国際企業戦略研究科に通学。今年はフォーダム大学のロースクールを卒業したことが大きく報じられました。こうした学歴に必要な学費を計算すると、3500万円を超えると分かりました」(担当記者)

 日本の一般的な教育機関に比べて学費が高額なのは、カナディアン・インターナショナルスクールとICUの2校だ。


■遺族年金の疑惑


「公立の中学校は義務教育ですから学費は無料。都立高の授業料は年約12万円です。ところが、カナディアン・インターナショナルスクールは中高の6年間で、少なく見積もっても計1200万円の学費が必要です。更にICUの学費は年約140万円。日本の私立大学文系の1年間の学費は平均で約100万円なので、これも高額です」(同・記者)

 小室さんの父親は、彼が国立音大附属小学校に通っていた時に死去。そして、母親の佳代さんが婚約者に金銭的な“支援”を求めたのは、小室さんがICUに通っていた時だった。

「それまでの貯蓄やご主人の遺族年金などは、多少あったのかもしれません。とはいえ、普通の家庭なら中学や高校は公立に通わせるなど、“家計緊縮策”を採るはずだと考える国民は少なくないでしょう。学費が高額なインターナショナルスクールとICUに通わせておいて、婚約者に金銭的支援を求めるという姿勢が疑問視されているわけです」(同・記者)

 幼くして父親を亡くしたが、公立の中学校と高校で猛勉強し、晴れて国立大学に入学、卒業後、三菱東京UFJ銀行に入行した──こんな男性が眞子さまの“結婚相手”だったなら、国民は拍手して祝福したに違いない。

 その遺族年金にも、疑問の目が向けられている。文春オンラインは4月21日、「小室佳代さんが送っていた遺族年金“詐取計画”メール 口止めも…」の記事を配信した。


■金銭感覚への疑問


 記事では、佳代さんが遺族年金を受け取り続けるため、婚約者に事実婚を提案するメールを送っていたことを、メール本文の写真と共に報じた。

 また遺族年金に詳しい税理士に取材し、入籍せずとも事実婚の関係になると、その時点で受給資格が失われることを解説した。

「母親だけでなく小室さん自身の金銭感覚も、多くの国民が疑問視しています。安定しているはずのメガバンクを退職。ロースクールに通う際も、ニューヨークでの滞在費や生活費は、以前に務めていた法律事務所から借りています。要するに借金で法務大学院に通っていたのです。国民が眞子さまとの結婚を疑問視する原因の1つになっています」(同・記者)

 家族問題カウンセラーの山脇由貴子氏は、心理の専門家として児童相談所に19年間勤務した経験を持つ。

 山脇氏は週刊新潮の7月8日号に、「気づかぬうちにあなたも『小室佳代さん』に 『我が子』『我が孫』をダメにする『子供依存』」を寄稿した。そこで小室佳代さんと圭さんの金銭感覚について訊いた。


■依存の影響


「率直に言って、お二人とも『お金が湯水のように湧く』とでも思っているような、お金の使い方をされています。基本的に、親の金銭感覚は子供に影響を与えるものです。子供は他人から金銭感覚を学ぶことはないと言っていいでしょう。親が菓子1つ買うのにも慎重なのか、どんな高額なものでも遠慮しないで買うのかを、間近で見て学んでいきます。つまり、金銭感覚は生活習慣のように親から子に受け継がれるものなのです」

 山脇氏は「『我が子』『我が孫』をダメにする『子供依存』」の原稿で、佳代さんは圭さんに依存し、圭さんは佳代さんに依存しているという親子関係だと指摘した。

「思春期では、子供が親を否定的に見ることで人間的に成長します。ギャンブル依存症の父親を持つ子供が、『自分は絶対に博打には手を出さない』と誓い、成人してからは堅実な経済感覚を持つようになる。小室さんも佳代さんの金銭感覚を批判的に見る機会を得たならば、ひょっとすると今とは違う感覚を持ったかもしれません。しかし現実は、小室さんが発表した例の28枚の文書で、佳代さんの金銭問題を徹底的に擁護しました」

 これまで小室母子は上手くやってきたのだ。学費の高いカナディアン・インターナショナルスクールもICUも、何とか無事に卒業できた。

 小室さんが「母親はお金の問題を解決してきたし、これからも解決する」と考えていることが、あの文書から浮かび上がるという。


■待ち受ける“結婚生活”


 こうした特異な金銭感覚の持ち主でなければ、納采の儀に必要な費用を「秋篠宮家に援助してもらおう」とは考えないはずだ。普通なら相手に迷惑をかけてはならないと、自分で工面しようとするだろう。

「私の経験上、金銭感覚が普通ではない男性と結婚した女性は、かなり大変な思いをされます。絶対に財布を渡さないタイプが多いので、妻として家計を管理しようとしても、なかなかうまくいかないのです」(同・山脇氏)

 まして、その金銭感覚に歪みのある小室さんと結婚するのは、眞子さまなのだ。どれだけ眞子さまがしっかりとした女性だったとしても、小室さんの金銭感覚を今さら修正するのは困難だろうと、国民の誰もが思うはずだ。

 山脇氏は先の原稿に、佳代さんも圭さんも他者に対する愛情が足りないと指摘した上で、眞子さまとの結婚生活に関して次のように“警鐘”を鳴らした。

《愛情が足りていない人は、結婚しても配偶者に愛情を注ぐことができず、一方的に「愛されたい」という欲求ばかりを募らせます。また、過干渉の親に何でもやってもらってきたせいで、配偶者に対しても「何でもやってくれて当たり前」と感じることになります》

デイリー新潮取材班

2021年9月3日 掲載

関連記事(外部サイト)