「長崎IR」内定のオーストリア国営カジノは「疑獄事件」の渦中 日本法人代表は「小林幸子の夫」

「長崎IR」内定のオーストリア国営カジノは「疑獄事件」の渦中 日本法人代表は「小林幸子の夫」

カジノ・オーストリアが、佐世保市ハウステンボス内に建設予定のIR(長崎県ホームページより)

 長崎県が誘致を進めるIR(カジノを含む統合型リゾート)の設置・運営事業予定者が決定した。日本法人の代表は演歌歌手・小林幸子の夫であるが、早くも苦境に立たされている。親会社であるオーストリアの国営カジノは、母国で疑獄事件への関与が疑われるなどの問題を抱えており、長崎県の調査が適正に行われたか疑問視する声も一部で出始めているのである。

 ***


■“出来レース”


 8月30日、長崎県は、誘致を進めてきたIR設置・運営事業者として「カジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパン」を選定し、基本協定を締結したと発表した。この日本法人の代表取締役社長が、小林幸子の夫である林明男氏なのだが、まずは同社が置かれている状況から話を進めていきたい。

 同社の親会社はオーストリアの国営企業「カジノ・オーストリア・インターナショナル」。欧州を中心に35カ国で215のカジノと娯楽施設の開設に関わってきたカジノ業者である。今後、同社の事業計画をもとに長崎県が区域整備計画を作り、来年4月28日までに国に申請する。

 地元記者が解説する。

「横浜ではカジノ反対派市長が誕生したばかりですが、長崎はまるで様相が違います。地元政財界は、観光の起爆剤になると歓迎ムード。国の認可が降り次第、佐世保市のハウステンボス内の31ヘクタールの土地に、カジノ施設や展示場、『ホテルハイアット』などの外資系ホテルを建設していく予定です。開発総事業費は3500億円、年間840万人の集客を見込み、2024年後半の開業を目指すとしています」


■「1100万円も支払わされたのに……」


 これから国の認可に向けて、手を携えていこうとする県とカジノ・オーストリア。それに”待った”をかけているのは、最終審査で敗退した2事業者である。両社は県の審査は「出来レース」と主張しているのだ。最終審査に残っていたのは3社だが、両社は8月4日に県が行なった最終プレゼン前に、「不当に『廉潔性』に問題があると指摘され、公募から撤退するよう迫られた」と訴えている。廉潔性とは、カジノを運営する業者としてクリーンであるかという指標のことだ。

 落選した「ニキ&チャウフー(パークビュー)グループ」の関係者はこう憤る。

「私たちは1次審査が通ったあとの今年5月、県から廉潔性の調査に必要だと言われて、1100万円を納めました。そんな高額な調査を経て、県が何を示したかというと、ネット上のソースが怪しいような話ばかり。我々は繰り返し県にちゃんとしたエビデンスを提示するよう要求しましたが、最後まで納得いく説明はありませんでした。そのままプレゼンに進んだものの、結果は落選。県は初めからカジノ・オーストリアありきで動いていた節があるのです。県には選考のやり直しを求める要望書を提出しています」

 次点で落選した「オシドリ・コンソーシアム」も同様の対応を受けたと主張。県に対して情報開示請求を行なったことを明らかにしている。
 
 審査は県から独立した第三者委が行なったとされている。二社に中国資本が入っていることを県が懸念し、審査に介入したという噂もあるが、県は審査内容について項目ごとの採点結果しか開示おらず、真相は藪のなかだ。


■現職の財務大臣汚職疑惑にも関与


 では、最終審査でトップの点数を獲得したカジノ・オーストリアの廉潔性は大丈夫なのだろうか。実は廉潔どころか、母国では政界スキャンダルの渦中にあるのである。

「きっかけは、2019年、当時の副首相が支援者に利益供与を約束している様子を映した“隠し撮り動画”が流出したことでした。動画には、オーストリア大手カジノゲームメーカー『ノボマティック社』が政治家に違法献金を行なっていることを、副首相が示唆する言動も記録されていた。ノボ社は、カジノ・オーストリアの主要株主でした」(欧州事情に詳しいジャーナリスト)

 その後、オーストリア自由党に所属する政治家が、カジノ・オーストリアの最高財務責任者に就任したことを受け、政権とカジノ・オーストリアの癒着構造に批判が集中する。政治家はすぐに解雇され、ノボ社も株を手放すことに。21年2月には、現職の財務大臣がノボ社から賄賂を受け取る見返りとして、カジノ運営許可について便宜を図っていた嫌疑も浮上。オーストリア検察が財務大臣宅を家宅捜索に入る疑獄事件に発展していくのである。


■長崎県は「クリーンな運営実績」と評価


 そもそも、カジノ・オーストリアに3500億円規模のIRを設置・運営する能力があるか疑問視する声もあるという。

「彼らが手がけてきたカジノは、テーブル数が多くて200くらいの小規模カジノばかりです。IRを手がけた実績はゼロです」(IRに詳しい専門家)

 だが、長崎県の評価はまったく逆だ。県が8月30日に公表した資料では、同社を「国有企業ならではの厳しい審査を受けたクリーンな運営実績」「厳格な規制を設けているEU各国でカジノ事業を実施してきた実績」と手放しで持ち上げている。いったい県はこれらの懸念についてどう捉えているのか。以下は長崎県IR課とのやりとりである。

――オーストリアで起きている疑獄事件にカジノ・オーストリアが関与していることは、把握しているのか。

「承知しています」

――このようなカジノ業者は、廉潔性に問題があるのではないか。

「それについてはコメントしません。カジノ・オーストリアは、決められた募集要項に則って、廉潔性調査を経て、第三者委の審査によって公正に選出されました。ニキグループやオシドリグループが、選考過程が不透明などと主張していることも承知していますが、県は両社に公募から辞退するよう迫った事実はありません。県は両社と守秘義務契約を結んでいたはずであり、それに違反するかたちでマスコミの取材に答えています」

 2社との言い分は食い違うものの、カジノ・オーストリアの廉潔性が適正であるかについては言及を避けた。カジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパンは、「県から二次審査前に廉潔性について指摘されたことは一切ない」と答える。確かに、なぜ県は2社にだけ廉潔性を厳しく問うたのか、疑問は残るのだ。


■10年前の事務所騒動


 ここからは日本法人「カジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパン」の話に入っていきたい。この会社も、役員が就任した経緯などに不可解な点がある。

 同社はカジノ・オーストリアの日本進出を目的として17年に設立された。代表取締役社長の林明男氏は、11年に演歌歌手・小林幸子と結婚した際に、芸能マスコミで盛んに取り上げられた過去を持つ。

「結婚直後に、小林が、33年間、二人三脚で歩んできた個人事務所の女性社長の解任に踏み切ったため、夫妻は世間から猛バッシングを受けました。解任騒動は、芸能界を知らない林氏が、事務所の経費問題などに口を挟んだことがきっかけだったと言われています。結局、小林が和解金を支払うことで決着がつきましたが、騒動が原因で小林の紅白連続出場は途絶え、しばらく芸能界から干されてしまいました」

 プライベートの話はさておき、なぜ林氏はオーストリアのカジノと手を組んだのだろうか。林氏は02年に再生医療研究の運営・管理を行う「TESホールディングス」を設立。同社は、17年に東京慈恵会医科大の研究グループと協力し、IPS細胞を使って、尿をつくる機能を持つ腎臓の再生に成功させるなどの実績を残してきた企業として知られる。だが、

「林さんがIR絡みの仕事を経験しているという話は、まったく聞いたことがありません。再生医療とIRはまったく結びつかない業種です」(前出・専門家)


■役員に名を連ねる立憲民主党議員の公設秘書


 役員には、もう一人気になる人物が名を連ねている。立憲民主党の衆議院議員・牧義夫氏の秘書であるY氏だ。

「Y氏は民主党時代、石井一・元国土庁長官や鹿野道彦・元農水相の秘書を勤めてきた人物。3年くらい前から、牧事務所の公設第一秘書として勤務しています」(永田町関係者)

 特別職国家公務員である公設秘書の兼職は原則禁止されている。例外として、議員の許可を得た場合のみ認められているが、ここで注目すべきは、彼の“雇い主”である牧議員の立場である。

「牧氏は民主党時代、カジノ議連メンバーに名を連ねていましたが、それは10年以上前の話。いま立憲民主党は、昨年に『カジノ廃止法案』を国会に提出するなど、IR反対の立場です」(永田町関係者)


■「けじめをつけさせないといけない」


 なぜY氏は「カジノ反対」の立場であるはずの牧事務所の公設秘書を務めながら、カジノを設置・運営することを目的とした会社の役員に就いているのだろうか。牧事務所に問い合わせると、議員本人が記者に電話してきて、こう聞いてきた。

「彼が勤めている企業は何という名前なのですか」

 牧氏はY氏が勤務している社名すら把握していなかったのだ。記者が説明すると、牧氏は困惑した様子で次のように語った。

「以前、Yから、オーストリアの関連企業で文書の翻訳などをする仕事をしたいと相談がありました。時差があるので、本業には差し支えることはないというので、許可しましたが、カジノ関連企業だとは、ご指摘を受けるまで知りませんでした。私とその企業とは何の関係もありません。私は以前、カジノ議連に所属していましたが、はるか前の民主党時代の話で、いまはIR反対です。事情を聞いたうえ、きちんとけじめをつけさせなければなりません」


■「説明責任があることは承知しております」


 いわば、Y氏は”隠れバイト”していたようなものなのだ。一連の疑問に林氏はどう答えるか。取材を申し込んだが、多忙で対応できないとのことで、代わりにY氏が答えた。

――IRの実績がないことや本国で起きている疑獄事件についてどう捉えているか。

「確かにカジノ・オーストリアは、国際会議場や展示施設など包括的なIR施設を設置・運営した実績はありません。ただ、グループの一角としてこれから作ろうとしている規模の施設に参画した実績はあります。疑獄事件については他媒体からも問い合わせを受けており、説明責任があることは承知しております。きちんとご説明できるよう本国に問い合わせている最中ですが、まだ返事がない状況です」

――日本法人に林氏が就任した経緯について教えて欲しい。

「林さんとオーストリアは20年以上前からの縁です。再生医療の会社を興す前は、オーストリアが作っている水を日本に仕入れる仕事もしていたと聞いています。東日本大震災後、福島のコーラス隊と現地の少年合唱団とのコンサートを主宰するチャリテイ活動も続けてきました。その活動が認められ、ウィーンから名誉市民賞もいただいている。

 そういう流れの中で、日本でパートナーになってほしいと先方から依頼を受け、引き受けることになったのです。その際、林さんはIR施設のなかに、医療施設を設けたいという条件を出した。それは、県への提案書の中にも盛り込まれています」

――あなたが牧議員の公設秘書と兼職して役員に入っているのはどういう経緯なのか。

「私と林さんとの付き合いは、10年以上の間柄です。鹿野先生の秘書をしていた頃、小林幸子さんと接点ができたことがきっかけです。その後、林さんがIR事業を始めるにあたり、私の語学力などを買っていただき、お声がけいただきました。役員として名前は入っておりますが、完全なボランテイアとして無報酬でお仕事させていただいております。

 牧に自分の仕事についてちゃんとした説明を怠っていたという反省はあります。牧もお話ししていた通り、牧自身はIRに一切関知していません。ただ、(秘書給与法に基づく)兼職規定に則って、ちゃんと兼職届を議会に提出しておりますので、法的にも倫理的にも問題はありません」

 以上がY氏の説明である。これだけの疑問がある以上、代表の林氏が一つひとつ丁寧に説明責任を果たしていくべきであろう。県もしかりである。このような混沌とした状況のなか、国の認可に向けてこのまま突き進んで大丈夫なのかーー。

デイリー新潮取材班

2021年9月6日 掲載

関連記事(外部サイト)