東京都医師会・尾崎治夫会長が2億円超の政治献金 政府が「医師会」に意見できない理由

政府は医師会にコロナ患者受け入れを強く言えず 東京都医師会長は2億円超の政治献金

記事まとめ

  • 新型コロナによって医療体制は逼迫しており、日本医師会の姿勢を問う声も少なくない
  • しかし、政府は医師会に号令をかけて患者の受け入れを拡充させることができていない
  • 東京都医師会・尾崎治夫会長は直近3年間で2億円もの政治献金を行っている

東京都医師会・尾崎治夫会長が2億円超の政治献金 政府が「医師会」に意見できない理由

東京都医師会・尾崎治夫会長が2億円超の政治献金 政府が「医師会」に意見できない理由

尾崎治夫氏

■2億円のカネを政治家にばら撒き…


 コロナの第1波から1年半。逼迫する医療体制に、日本医師会の姿勢を問う声も少なくない。そもそも、なぜ政府は号令をかけ、コロナ患者の受け入れを拡充させることができないのか。背景には“日医のドン”こと東京都医師会長の尾崎治夫氏(69)と国会議員との間での“ズブズブな関係”がある。

 ***

 昨年おこなわれた日医の会長選挙で、中川俊男会長を担いだのが尾崎氏だった。医療業界関係者は「力関係は尾崎さんの方が上。実質的な会長というか、“ドン”として君臨しています」と氏を評する。そんな尾崎氏と政治家との密着ぶりを示すのが、東京都医師政治連盟の政治資金収支報告書だ。同連盟の代表者は尾崎会長である。

 2017年から19年までの直近3年間の報告書をみると、パーティー券だけでも3年間で約50名の議員に約千万円、寄附の名目では約35の政治団体や政治家個人に約1億5千万円。計2億円ものカネを政治家にばら撒いているのだ。これでは政治家が医師会に「コロナ患者を受け入れろ」と強く言えないのは当然のことである。


■直撃に尾崎会長は…


 尾崎氏による「ばら撒き」はこれだけではない。

「尾崎会長はワイン好きとして知られ、東京都医師政治連盟の名で集めたカネで、毎年、大量のワインを購入しています。17年から19年では、約200万円分。これも国会議員などへのロビー活動に使われたと見られます」(永田町関係者)

 さて、尾崎会長本人は何と言うか。

――多額のカネを国会議員などに配っている。

「東京都選出の国会議員っているんですよ。そんな中でちゃんと、我々のためにしっかり働いてくれている人には重点的に」

――ワインも配っている。

「そういうのをやるのがどうこうと言われちゃえばそれまでだけど。業者さんとちょっとお付き合いがあって、皆さんが普段飲まないようなものが結構安く入るんです」

 9月16日発売の週刊新潮では、そんな尾崎氏のコロナ対応そっちのけの政治活動について詳報する。

「週刊新潮」2021年9月23日号 掲載

関連記事(外部サイト)