「いつ死んでもいいのかな…」 「熊谷6人殺し」遺族が憤る「加害者天国ニッポン」

「いつ死んでもいいのかな…」 「熊谷6人殺し」遺族が憤る「加害者天国ニッポン」

加藤さんの「闘い」は続いている

 世の中は複雑極まりないが、例外的に単純なことがある。殺人者こそ悪であり、無辜(むこ)の被害者に罪はない。だが、警察も検察も被害者側を守ってくれない国が存在する。6年前の「熊谷6人殺し」。未だ裁判が続く事件が浮き彫りにした「加害者天国ニッポン」の実像。

 ***

「お骨を墓に納めてしまうと、何となく三人と心が遠くなってしまうような気がするので……」

 どんよりとした曇り空から、夏の雨が降っていた8月のお盆初日。加藤さん(48)は、自宅近くの寺院まで車を走らせた。顔なじみの住職に案内されて本堂に上がり、内陣の脇に三つ並んだ骨壺の前で、そっと手を合わせる。骨壺は、娘たちが好きだったお菓子や花々に囲まれていた。

「今も本堂に安置してもらっています」

 あれから6年、事件はまだ終わっていない――。

 地域住民の安全を守り、犯罪者を取り締まるはずの警察は一体、何をしていたのか。そんな「警察の罪」を問う民事訴訟が今、さいたま地裁で開かれ、いよいよ大詰めを迎えている。

 2015年9月14日から16日にかけて、埼玉県熊谷市の民家3軒で計6人が無差別に殺害された。「熊谷6人殺し」として知られる残忍極まりない事件だ。

 3軒目で犠牲となった妻の加藤美和子さん(41)=当時=と長女の美咲さん(10)=同=、次女の春花さん(7)=同=を一気に喪った加藤さんは事件発生から3年が過ぎた18年9月、県警を所管する埼玉県を相手取り、約6400万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。理由をこう説明する。

「すでに1軒目で殺人事件が発生し、犯人が私の家の周辺を逃げ回り、警察犬まで出して捜索していた。にもかかわらず、なぜ防災無線などを使って住民に周知徹底していなかったのか」

 加藤さんの家族を殺害した直後に逮捕された犯人は、ペルー国籍のナカダ・ルデルナ・バイロン・ジョナタン(30)=当時=。ナカダは15年9月14日に1軒目で50代の夫婦を、翌15日から16日にかけて2軒目で80代の女性をそれぞれ刃物で襲い、16日に3軒目の加藤さん宅に侵入した。

 県警が1軒目の事件発生時にパトロールや周知を徹底していたら、事件は続発しなかったのではないか。家族を奪われたのはナカダはもちろん、「警察のせい」でもあったとの思いを、加藤さんは拭えなかった。

 同時にナカダ逮捕後の県警の対応にも苛立ちが募った。幹部が加藤さん宅へ、事件の検証報告書の説明に来た時に謝罪はなく、仏壇に線香すらあげてもらえなかった。

 抑えられない警察不信。

 加藤さんは、熊谷署に一人で乗り込み、県警本部の幹部らを相手に問い詰めた。

「警察官として捜査に悔いが残る点はあるのか」

「捜査に誇りは持てているのか」

 いずれの質問に対しても黙りこくるか、

「お答えできない」

 の一点張り。

 妻と娘たちへの謝罪を迫ってもはぐらかされ、逆に説教までされた。

「そんなんじゃ、亡くなった三人が報われない。頑張って生きなくちゃダメだ」

 これには思わず声を荒らげてしまったと、加藤さんが当時の心境を回想する。

「ふざけるなと思いました。まだ心の傷が癒えていない時に、しかも身内にもそんな無神経な言葉を掛けられたことがないのに、あかの他人になぜそんなことを言われなきゃならないのか。署内に私の怒鳴り声が響くくらいに叫びました」

 ただでさえ家族三人を喪った憤怒と喪失感に苛まれているのに、その傷口に塩を擦り込まれ、「警察との闘い」まで強いられることになるとは……。


■「本当に捜査官ですか?」


 9月3日にさいたま地裁で開かれた口頭弁論では、事件の捜査を指揮していた当時の熊谷署長ら県警幹部3人が証言台に立った。尋問は、1軒目の事件発生前日に、ナカダが熊谷署から逃走した直後の警察の対応に集中した。

 ナカダは15年9月13日、市内の民家敷地内に侵入し、熊谷署に任意同行されていた。ところが聴取の途中、パスポートなどの所持品を置いたまま、屋外喫煙所から逃げた。その後、付近の民家2軒で「外国人が侵入した」との通報があり、熊谷署は捜査員20人態勢で、警察犬を出動させて捜索。しかし、ナカダを発見できず、翌14日に1軒目の夫婦殺害事件が起きた。この時点でナカダが殺人犯とは特定できていなかったが、逃走中で、捜査線に浮かび上がった点と点をつなぎ合わせると、事件が続発する危険性はあったはずだ。

 証言台に立った当時の熊谷署長は、被告側代理人からこの点を尋ねられると、

「予見できなかった。通り魔や屋外の事案はなりふり構わず連続発生するが、本件は連続発生の兆候が見えなかった」

 と説明。その上で、「本人(ナカダ)が熊谷署を立ち去った後、十分やるべき捜査は尽くした」と署の対応を正当化した。1軒目の事件発生後に防災無線で注意喚起すべきだったか否かについては、その方法が選択肢にすら入っていなかった。

「防災無線は使ったこともないし、使用を依頼したこともない。これが現実」

 原告である加藤さんの妻子が殺害された事件への思いとしては、

「被害に遭われて大変ご不幸なことで、心中を察すれば悔やまれることだと思っております」

 とだけ述べ、加藤さんへの謝罪の言葉はなかった。

 一方、原告側代理人の高橋正人弁護士から「1軒目の事件を起こした犯人が、別の屋内で事件を起こす可能性は全く想定していなかったのか。頭の片隅にもなかったか」と迫られると、署長は首を左右に振って、

「なかったねえ」

 と一言。この反応に高橋弁護士は「私には信じられない」と驚きを隠せず、思わずこう尋ねてしまった。

「失礼ですが、あなたは本当に捜査官ですか?」

 原告席側の奥に座っていた加藤さんは尋問の最中、ずっと厳しい表情で、時折、署長ら証人を射るような目で見ていた。

 事件の連続発生などない──。治安維持という責務を放棄したとも受け取れる発言で、その危機意識の低さが、第二、第三の悲劇を招いたのではないか。

 あの日、犯人のナカダは、加藤さん宅の1階トイレで、美和子さんに包丁で襲いかかり、さらに小学校から帰宅した娘二人を2階の寝室で次々と殺害した。美和子さんの遺体を1階リビングのクローゼットに移動させ、娘二人は2階のウォークインクローゼットに重ね、それぞれ遺棄した。

 すでに事件の痕跡はなくなっているが、リビングには、娘二人が描いた絵や一緒に遊んだゲーム機、妻のかばんなどが置かれたまま。一家四人で暮らした当時の様子がはっきりと残る。その生々しい生活空間に、加藤さんは今、一人で住み続けている。

「自宅で生活を始めるようになったのは事件から1年半ぐらい経った頃です。ですが30分もいると思い出すので、実家に戻る。実家にいても狂ってしまいそうになるので、極力、趣味の自転車で外出していました。そうして少しずつ時間を掛け、ここにいなくてはいけないという気持ちに変わりました。でないと三人の帰って来る場所がなくなってしまう。ずっとこの家に居続けます」

 加藤さんが毎晩寝るのは、娘二人が発見されたクローゼットのある部屋だ。

「そこしか寝る場所がないからなんですけど……。睡眠薬は飲み続けています。そのためか寝入りは良いんですが、途中で起きてしまうことがあります」

 特に週末の夜は、家族の思い出がふと浮かぶ。今でもパソコンに保存されている写真は、心に余裕がある時しか見られず、三人の後を追い掛けたいという衝動に駆られたこともある。

「感情が壊れたと思う時があります。自分の今の生活とかいろんなことがどうでもよくなるっていうか。だからいつ死んでもいいのかなっていう感覚ですね。たとえば今、コロナに感染してもし死んだとしても、それでもいいかなって」


■「紺は暗闇で黒く見える」


 加藤さんが特に精神的にこたえたのは、刑事裁判での二審判決が出た時だった。

 裁判員裁判となった一審のさいたま地裁は、ナカダに死刑判決を言い渡したが、二審の東京高裁はこれを破棄し、無期懲役に「減刑」する判決を下したのだ。

 裁判員が悩み抜いた末に導き出した死刑判決が高裁で破棄されたケースは、2009年に裁判員裁判制度が始まって以来、これで7件目。市民感覚が軽視され、結局はプロの判断が優先されるのであれば、制度の意義はどこにあるのか。あらためて「司法の矛盾」を突き付けた一連の刑事裁判の争点は、統合失調症に罹患していたナカダの刑事責任能力の有無だった。

 ナカダは犯行前、「黒いスーツ姿の男たちに追われている」との妄想を強め、その追跡者から逃れるために殺害に及んだ可能性が指摘されていた。しかし一審判決は、「そうした精神症状としての妄想の影響は限定的で、完全責任能力を有していた」と判断し、死刑判決を下した。

 これに対し、二審判決は、「各犯行は妄想や精神的な不穏状態に大きく影響されていた」とし、ナカダの心神耗弱を認定。一審とは異なり、限定責任能力しかなかったと判断されたのだ。

 加藤さんのもう一人の代理人、上谷さくら弁護士は、両判決をこう解説する。

「一審では丁寧に事実認定が行われ、責任能力が認められた。ところが二審の審理はたったの3回で、合計数時間。証人も鑑定医の一人だけで、ほとんどが書類上のやり取りでした。つまり一審と二審で事実認定はほぼ同じで、その法的評価が変わっただけなんです。喩えるならば、紺色が紺色である事実に変わりはないのに、暗闇では黒に見える。それだけのことで、死刑から無期懲役になってしまった印象です」

 中でも不服なのは加藤さんの長女にナカダが行った性的行為について、二審判決は、「欲望を満たすため」という一審の解釈を紹介するに留まり、高裁独自の価値判断を示さなかった点だ。

「性的行為は、追跡者に追われているという被害妄想とは関係がない。ところがその説明がなされておらず、到底納得できる判決ではありません」

 加藤さん自身も東京高裁の法廷で判決を聞いた時は、

「ええ、なんで?」

 と耳を疑ったという。

「でも検察が最高裁に上告して、当初の求刑通り死刑に戻されるかなという期待はありました」

 しかし19年12月、検察は最高裁への上告を断念。その理由は、「適法な上告理由が見出せない」という曖昧なもので、何度説明を受けても全く頷けなかった。

 検察庁の一室でその一報を告げられた当時の胸中を、加藤さんが振り返る。

「あの時ばかりは、検察は一体、何のために存在しているのかと思いました。もはや被害者の味方ではありませんね」

 警察だけでなく、検察も被害者を見捨てるのか。

 その場に同席していた上谷弁護士も、「要約するとやる気がないというふうにしか聞こえなかった」と検察側の対応を非難し、こう言葉を継いだ。

「弁護士の立場からすると、上告理由は何とかなります。聞くところによると、東京高検は上告したかったが、最高検が引き取らなかった。判断が分かれたのなら、上告すべきです。そもそも最高検は、検事正など次のステップへ向けた“待機ポスト”で、面倒な案件を抱え込みたくない検察官がいるといわれています」


■「悪いヤツ」の“特権”


 これに対して、東京地検特捜部の副部長などを歴任した若狭勝弁護士は、「個人的には上告するべきだったと思う」と前置きした上で、検察OBの立場からこんな見解を示した。

「昔から責任能力の問題はグレーゾーンで、さじ加減一つでどうにでも法的評価が可能。にもかかわらず地裁より上級審である高裁で『責任能力は限定的』と無期懲役の判断が下されたのであれば、それを覆す壁は厚くて高い。だから上告しても難しいという判断に至ったのではないか」

「責任能力」という揺らぐ基準をもとにひねり出される判決に対し、最高裁に不服を申し立てたい遺族の訴えは、検察の一声にかき消されてしまう。一方の被告は、自身の判断での上訴が可能で、ナカダは二審判決の「心神耗弱」の認定は誤りで、自分はそれ以上に深刻な「心神喪失」だったとして最高裁に上告した。この訴えは棄却され、二審の無期懲役が確定したが、遺族は最高裁の判断を仰ぐスタートラインにすら立てなかったのである。

 6人もの無辜の民を殺しておいて死刑を免れたナカダ。そして加害者のナカダには控訴・上告の権限が認められ、遺族ら被害者側にはそれが付与されていない。「悪いヤツ」だけに“特権”が与えられる……。

「日本の司法制度において、公訴権は検察に独占されており、被害者は、捜査や起訴、求刑、判決などの刑事司法手続きから排除されています」

 こう解説するのは、被害者学を専門とする常磐大学元学長の諸澤英道氏である。

「犯罪捜査や刑事訴追は、公共の利益のために行われると同時に被害者のためというのが国際的なコンセンサス。ところが日本では未だに、そのような原則が確立しているとは言い難い」

 諸澤氏によると、刑事司法手続きへの被害者参加に反対する刑法学者は多く、理解を得るのが難しいという。その背景には、日本の学部教育における「偏り」があると指摘する。

「日本の大学の法学部は加害者の人権を重視する教育を徹底してきた。特に有力大学の法学部教授は、昭和中期にそうした教育を受けた。だから被害者の視点が頭になく、現行制度の問題点を指摘する研究者が少ない。日本では相変わらず、被害者は『忘れられた人々』なのです。一方、ドイツやフランスの司法制度では被害者が起訴できます。その他の欧州諸国でも、刑事司法手続きへの被害者の参加が認められています」

 日本は世界の潮流から取り残されているのか。

 検察から一方的に「上告断念」を告げられ、涙を飲まざるを得なかった殺人事件被害者遺族は加藤さん以外にもいる。被害を受けた当事者側でありながら、司法手続きの「蚊帳の外」に置かれ、泣き寝入りするしかないという不条理――。

 加藤さんは今も、悔しさを胸の内に秘めている。

「検察にしか上告の権限がないのはおかしい。被害者側もできるよう、法律を変えるべきです。それには時間も労力もかかるかもしれませんが、働き掛けたい気持ちはあります」

 家族三人の命を突然奪われ、自宅に一人残された加藤さん。心をへし折られながらも、司法の矛盾に挑むその姿からあらためて浮き彫りになったのは、被害者よりも加害者の権利が重視されるという、「加害者天国ニッポン」の異形だった。

 警察にも、検察にも守ってもらえず法廷闘争を続ける加藤さんは、9月16日、一人で家族の七回忌を迎えた――。

水谷竹秀(みずたにたけひで)
ノンフィクション・ライター。1975年生まれ。上智大学外国語学部卒。2011年『日本を捨てた男たち』で第9回開高健ノンフィクション賞を受賞。10年超のフィリピン滞在歴をもとに、「アジアと日本人」について、また事件を含めた世相に関しても幅広く取材している。

「週刊新潮」2021年9月15日号 掲載

関連記事(外部サイト)