眞子さまと小室さんの結婚に異を唱える“2つの層”とは? 人気コラムニストの分析

【眞子さまと小室圭さん結婚問題】二人の結婚に異を唱える“2つの層”を解説

記事まとめ

  • 小室圭さんと母の佳代さんが皇室と“親戚”になることを疑問視する報道が後を絶たない
  • 眞子さまの結婚に違和感を覚える国民には、2つの層があると指摘されている
  • 皇室の"ファン"とも呼ぶべき層と、本来は皇室に関心を示さぬ人々で構成される層らしい

眞子さまと小室さんの結婚に異を唱える“2つの層”とは? 人気コラムニストの分析

眞子さまと小室さんの結婚に異を唱える“2つの層”とは? 人気コラムニストの分析

小室圭さん、眞子さま

 放送作家・コラムニストの山田美保子さんは、中京圏の情報番組「ドデスカ!」(名古屋テレビ制作・平日・6:00)で、水曜日のコメンテーターを担当している。

 ***

 読売新聞(電子版)は9月1日、「【独自】眞子さま小室圭さん、年内に結婚…儀式は行わない方向で調整」との記事を配信した。

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)が結婚すると報じたスクープ記事。そして1日は水曜だった。山田さんが振り返る。

「オンエア前から『コメントを求められるだろうな』と準備しました。読売の記事に目を通すと、眞子さまの結婚に対する強い意思を感じました。放送では実際にコメントを求められたのですが、どうしても『お幸せになってください』とは言えなかったです。とっさに出た言葉は、『穏やかな毎日をお過ごしになりますよう』でした」

 山田さんが「お幸せに」と言えなかったのも無理はない。ご結婚を通じて小室圭さんと母親の佳代さん(55)が皇室と“親戚”になる。このことを疑問視する報道は、今も後を絶たないからだ。

◆「勤め先『長期病欠』でも軽井沢で…『小室佳代さん』今度は『傷病手当』不正受給」(週刊新潮:9月9日号)

◆「独自『彼の実力では無理』全米トップ事務所の弁護士が語る“厳しい現実” 小室圭さんは大手弁護士事務所から断られていた」(週刊朝日:9月17日号)


■帰国報道の大パニック


◆「小室圭さん NY就活先に送った『虚偽経歴書』 『眞子さまの婚約者』と添え書き」(週刊文春:9月23日号)

 そもそも、我々がイメージしている「皇族のご結婚相手」とは、著しく違うことは事実だろう。

 一部のメディアは「小室さんはアメリカの法律事務所から内定を得た」とも報じているものの、そもそも司法試験の合否が判明するのは12月という。

 何も解決されていないはずなのに、“ご結婚”だけは既成事実化していく。共同通信は9月16日の午後12時26分、「小室圭さんが米国から帰国へ 眞子さまと10月にも結婚」の記事を配信した。

《秋篠宮家の長女眞子さまとの結婚の調整が進む小室圭さんが、滞在先の米国から近く帰国する意向があることが16日、関係者への取材で分かった。宮内庁は2人の記者会見を検討している。》

 記事は10月に婚姻届を出す方向で準備を進めているとも伝えた。反響は大きかった。YAHOO!ニュースのトピックスにも転載され、投稿されたコメントの数は18日現在、1万2000件を超えている。その大半が結婚に反対するものだ。


■婚期にこだわり?


「小室さんと眞子さまのご婚約の内定が発表されたのは2017年9月。ところが同じ年の12月に佳代さんの金銭トラブルが報じられたわけです。あれから4年が経ちました。率直に申し上げると、小室さんや佳代さんに関する報道で、国民の違和感を払拭してくれるものは1つも出ていません。結婚に反対する世論が今でも根強いのは、仕方のないことだと思います」(同・山田さん)

 眞子さまは「30歳までに結婚したい」という考えをお持ちとの報道もある。

「それが真実だったとして、現在の一般的な女性が持っている感覚とは異なるという気がして仕方ありません」(同・山田さん)

 昔なら、婚期にこだわったのは事実だ。2005年4月、日本テレビ系列でドラマ「anego」が放送された。

 データベースを調べてみると、このドラマ評を共同通信が配信している。

 記事では、《30歳すぎの独身女性を描いたドラマが、注目を集めている》という書き出しで始まる。

 中盤に差し掛かると、女性の“婚期”に関して以下のような記述がある。


■“クリスマスケーキ”


《24歳が売り時の「クリスマスケーキ」、31歳でも遅くない「年越しそば」と言われた時代を経て、日本人女性の婚期は上昇。心理学者の小倉千加子さんは「今や、結婚か仕事かという究極の選択を迫られるのは33歳『ひなまつりケーキ』になっている」と分析する》

「1994年に放送され好評を博した『29歳のクリスマス』(フジテレビ系列)というドラマもありました。主演は山口智子さん(56)。昭和や平成でも、女性の婚期は30歳までという“常識”がありましたが、今やそれほど多くはないでしょう。なぜ眞子さまが30歳までの結婚にこだわっておられるのか、どうしても疑問に感じてしまいます」(同・山田さん)

 共同通信の記事では、小室さんと眞子さまが会見に臨む可能性が指摘された。現実のものとなった場合、果たして世論は沈静化するのだろうか?

「ご結婚に国民が違和感を覚えるのは、“層”によって違う背景があると思います。1つは皇室の“ファン”とでも呼ぶべき層です。皇室に対する敬愛の念が強く、慶事に対しても一定のイメージを共有しています。小室さんと佳代さんは、こうした人々が思い描く結婚相手としてはズレが生じているため、反対しているわけです」(同・山田さん)


■怒りの源泉は「血税」


 もう1つの層は、本来であれば皇室に関心を示さない人々で構成されているという。

「こうした層の代表例が、SNSに反対意見を投稿している方々ではないでしょうか。もともとネット上では、“不公平”に強い憤りを示す傾向があります。小室さんと佳代さんは、金銭トラブルなど様々な疑惑、問題点を解決していません。ところが、結婚話だけはどんどん先に進んでいく。これを“不公平”だと見なしているのだと思います」(同・山田さん)

 コロナ禍の影響も大きい。感染防止のため、国民は様々な我慢を強いられている。外食を控え、旅行も自粛する。それだけならまだしも、収入減から生活苦に陥る人も少なくない。

「SNSに反対の声が投稿される理由の1つに、『自分たちはこれだけ我慢しているし、結婚にも反対している。にもかかわらず、結婚話だけは進んでいる。こんなに不公平なことはない』という怒りがあるのではないでしょうか」(同・山田さん)

 もう1つの大きな要因に、「血税」がある。反対意見を見ると、「この結婚に血税が使われるのは許せない」という指摘が多いことに気づく。


■記者会見の成否は?


「眞子さまが一時金を拒否されたと報道されても、その傾向は変わっていません。これまで眞子さまの生活の原資に、税金が使われてきたのは事実です。今後も警備費に税金を使うか、議論の対象になっています。『自分たちが一生懸命に働いて納めた税金が、これだけ問題の多い結婚話に、たとえ一部であっても使われるのは、絶対に不公平だ』という意識が強いのだと考えられます」(同・山田さん)

 こうした国民の声に対し、眞子さまと小室さんは記者会見で結婚を納得してもらう必要があるわけだ。果たしてその日が来たら、どんな会見になるのだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年9月20日 掲載

関連記事(外部サイト)