小室圭さん、帰国後の滞在先は「帝国ホテル」をゴリ押し 仮住まい候補は家賃80万円超

小室圭さんが緊急帰国 眞子さまとの仮住まい候補は家賃80万円超か

記事まとめ

  • 緊急帰国した小室圭さんは、佳代さんが待つ横浜市内のマンションに向かった
  • 実は、ぎりぎりまで帝国ホテルで過ごす計画が進められていたという
  • 眞子さまとの入籍は10月下旬と見られるが、仮住まい候補の家賃は80万円超とか

小室圭さん、帰国後の滞在先は「帝国ホテル」をゴリ押し 仮住まい候補は家賃80万円超

小室圭さん、帰国後の滞在先は「帝国ホテル」をゴリ押し 仮住まい候補は家賃80万円超

小室圭さん

帝国ホテル側は難色


 9月27日に緊急帰国した小室圭さん。滞在先についてはさまざまな憶測を呼んでいたが、空港に到着後、彼が向かったのは母親の佳代さんが待つ横浜市内のマンションだった。もっとも、“高級ホテル滞在”計画がぎりぎりまで進められていたのだという。

 ***

「実は帰国直前まで、2週間の自主隔離期間を帝国ホテルで過ごす予定になっていたのです。本来、この期間中は基本的に自宅か空港近くの指定された宿泊施設で過ごすことになっており、帝国ホテル側も難色を示していた。それでも、小室さんの希望もあって特別に滞在が認められたのです」

 と明かすのは、さる宮内庁関係者。ところが、帰国直前に「世間の反発がエスカレートして不測の事態を招きかねず、その際、ホテルでは侵入者を防ぎきれない」という懸念が警察庁や警視庁の幹部から相次ぎ、急遽、滞在場所は自宅に変更されたのだという。

 ちなみに、予定されていた宿泊料金は、長期滞在用のプランで1泊およそ3万円。ここでも小室さんの“特権”意識が見て取れるのだ。


■仮住まいの家賃は80万円超


 眞子さまとの入籍は10月下旬と見られるが、眞子さまのパスポート作成やビザ取得などに日数が必要で、その間は都心の高級マンションに暮らすことになるという。

「実は4年前、お二人の婚約内定を受けて宮内庁は、都心の一等地の賃貸物件について、内々に大手不動産会社に問い合わせています」

 とは、都内の不動産業者。

「その中で今回、あらためて浮上しているのが、秋篠宮邸からもほど近い赤坂の物件です。総戸数も少ない瀟洒な低層マンションで、2LDKの賃料は月80万円超。リビングは30平方メートル以上あり、新婚のお二人には相応しい物件です」

 9月30日発売の週刊新潮では、小室さんのNYでの就職先などと併せて詳報する。

「週刊新潮」2021年10月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)