間男との現場を目撃しても何も言えず、今度は自分が…浮気性の妻をもった主夫のモヤモヤ

間男との現場を目撃しても何も言えず、今度は自分が…浮気性の妻をもった主夫のモヤモヤ

心の底にあるのは“妻への妬み”かもしれない

 男女問わず、罪悪感を持たずに不倫をする人はいる。開き直りとはまた少し違うのだが、そもそも「結婚と恋愛は別もの」と思っていたり、「惹かれてしまったのだから止められない」と感じていたりするようだ。

 そのあたりは個人の価値観なのだろうが、その価値観が違いすぎると、夫婦として暮らしていく上でつらくなるかもしれない。

 斉藤純也さん(44歳・仮名=以下同)が、友人主催の飲み会で同い年の聡子さんと知り合ったのは28歳のとき。

「何というか不思議な雰囲気の女性でした。うまく言葉にできないんですが、人として器の大きさが漂っているというか、ただ者ではないというか(笑)。話してみると話題が豊富でおもしろい。学生時代に演劇をやっていたそうです。僕はごく普通のチャラいサークルでテニスやスキーをしていたんですが、親友が演劇をやっていたのでいつも観にいっていました。芝居をやる人には興味があったので、聡子とも話が盛り上がりました」

 ごく自然に「また会おうね」「今度は芝居に行こう」とつきあいが始まった。週に1度は会っていたという。純也さんは中堅IT企業の会社員、聡子さんは飲食チェーンのエリアマネージャーとして多忙な日々を送っていた。

「なかなか会えないこともありましたが、時間をやりくりして会っていました。半年ほどたったとき、『もっと一緒にいたい。うちに引っ越してこない?』と聞いたんです。そうしたら彼女、『え、私たちってつきあってるの?』と怪訝な顔をした。その言葉にこっちが驚いちゃって。週に1度は会って性的な関係もあって、過去や未来を語り合っていたのに。僕は聡子のことを大事に思っているし大好きだし、一生一緒にいたいと思っている、今すぐ結婚してもいいと言ったら、彼女はケラケラ笑い出した。『先のことは約束できないでしょ、誰だって。私は今、この瞬間、純也のことは大好きだけど、そう簡単に結婚はできない』と。つまり彼女は、何かに縛られるのがイヤなんだろうなと感じました」


■結婚、出産、そして専業主夫に


 聡子さんにとっていちばん大事なことは何なのかと、純也さんは聞いたことがある。彼女は間髪を入れずに「自由」と答えたそうだ。あなたはと問われて、彼は考え込んだ。

「自由より、愛かなと答えました。すると彼女は『愛ある自由っていいわね。いや、自由な愛はもっといいかも』って。彼女の思考回路、よくわからないけどなぜかおもしろいと思ってしまう自分がいました。彼女と接していると今までの自分と違う発想が出てくるような気がして」

 実際、仕事の相談を聡子さんにしたとき、彼女は今までの彼とまったく違う発想で、仕事を手助けしてくれたことがある。

 そうやってつきあいが続き、30歳のときふたりは婚姻届を出した。彼女の妊娠がきっかけだった。

「彼女は『子どもを産むのはいいけど、きっとうまく育てられない。私は外で働くのが好きだから』と言い出して。つきあっていてわかったんですが、僕は地道に家庭を作りたいほう、彼女は常に外で羽ばたいていたいタイプ。じゃあ、子どもが生まれたら僕が育てるからと」

 にぎやかなほうがいいわねと、彼女は年子で子どもを産んだ。第二子が生まれた直後、純也さんは会社を辞めて専業主夫となった。そのほうがどう考えても効率的だったからだ。彼女は純也さんと知り合ってから仕事への意欲が高まったようで、もっとバリバリ働きたいと常に言っていた。職場での信頼も厚く成績もよかったようで、結婚前から純也さんより収入が高かった。

「専業主夫になると言ったら、聡子はすごく喜んでくれました。向き不向きがあるわよねと。しかし、年子でふたり育てるって大変なこと。彼女も可能な限り早く帰るよう努力してくれましたが、ひとりが泣くともうひとりも泣き始める。昼間なんて僕はひとりで何度パニクったか……」

 専業主夫と本人はいうが、もともとIT関係の仕事をしていた純也さんは、フリーランスとして家で仕事もしていた。が、きちんと受注できるようになったのは下の子が2歳になり、保育園に預けることができるようになってからだ。


■妻の浮気には気づいていた


 純也さんが家事育児をメインに担っていることを除けば、ごく普通の家庭だった。週末は家族で過ごすことが多かったし、夏休みや冬休みには一家で旅行もした。

「だけど僕、知っていたんですよ。聡子が時折、浮気していることを。つきあっているときも怪しいと思ったことはありましたし、彼女はおそらく浮気をしても罪悪感を抱かないタイプだろうなと感じていました。もちろん、妻が浮気してもかまわないとは思っていませんでしたけど、僕に彼女を止めることができるとも思えなかった」

 それは純也さんが彼女に惚れているからでもあるが、「他人の想いを止める権利はない」と考えていたせいでもある。彼はそういう性格なのだ。

「子どもにしつけは大事だけど、大人である聡子を倫理的に説得できるほど僕は偉くないですからね。しかも彼女は自由を何より大事にしているのだから、彼女を止めたり責めたりしたら、きっと逃げられてしまう。そう思っていました」

 それでも気になる。モヤモヤした不安を抱えたままでいるのが苦しい。


■こっそりと自宅に帰ったら…


 4年ほど前の夏休みのこと。純也さんは子どもを連れて、自宅から2時間ほどかかる海辺の実家で10日ほど過ごすことにした。聡子さんは仕事があるので、後半の数日間だけ来ると言う。

「そうなったら自宅に男を連れ込むだろうなと思っていました。だから僕、子どもたちを実家に残して、夜、ひとりで自宅に引き返してみたんです。マンションですが、そうっと鍵を開けて入ったら、案の定、玄関に男ものの靴があった。リビングの手前に寝室があるんですが、そこは静かでした。廊下を歩いてリビングに入ろうとしたら聡子の嬌声が聞こえました。やっぱりという感じでしたね。音を立てないようドアを開けたら、絨毯の上で組んずほぐれつの姿が目に入って……。激しかったんですよ、その様子が。聡子は今、別の世界にいるんだろうなと思ったら、なんだかこっちがいけないことをしたような気になりました」

 そうっとドアを閉めて外へ出た純也さん、その日は近くのビジネスホテルに泊まったそうだ。もちろん、聡子さんには何も告げなかった。

 自分さえ我慢すればいいという被害者意識はなかった。なぜなら聡子さんが家庭を蔑ろにしたことはなかったからだ。たまに予定より帰宅が遅くなったり、なぜか週末に出張が入ったりするだけだったし、常に純也さんに感謝の気持ちも伝えてくれた。


■黙って絨毯を買い替えた


 それでも「何かが足りない」気がしていたと純也さんは言う。それは他の男への嫉妬なのか、あるいは自分勝手に振る舞う聡子さんへの憤りだったのか。

「自分が妻の奔放さを許している器の大きな男であることを、当の妻に認めてほしかったのかもしれません。妻が自宅に男を引き入れていたとわかった直後、些細なことで口げんかをしたんです。僕は何も言わずに翌日、絨毯を買い換えました。妻はちらっと見たけど何も言わなかった。僕が知っているとわかったんだと思います。だけど今思えば、妻は前から自分が浮気していることを僕が察していると、知っていたのかもしれない。もっといえば、浮気をしても僕が怒らないとわかったから結婚した可能性もある」

 その後、聡子さんがしみじみと言ったことがある。「私は純也と一緒にならなかったら、今のような幸せはなかったと思う」と。

 浮気を謝ったわけではない。だがすべてわかっていて、彼女はその言葉を純也さんに言ったのだろう。それでも純也さんのモヤモヤは収まらなかった。


■そして純也さんも不倫の道へ…


「別に仕返しをしようという気はありませんでした。ただ、浮気する側の心理ってどういうものなのかは知りたかった。それは潜在意識として深く自分の中にあったんだと思います」

 2年前、仕事関係で三智子さんという20代後半の女性と親しくなった。ふたりで手がけた大きなプロジェクトが終わり、打ち上げをかねて食事をすることになった。純也さんは聡子さんとも相談し、近所のママ友に話して子どもたちを預かってもらうことにした。

「結局、聡子が早めに帰れたので、夕食前に子どもたちを迎えに行けたそうですが、そのころ僕は、三智子さんとふたりきりで食事をしていました。大きな仕事がうまくいった打ち上げだったので、テンションも高くなっていた。いい気持ちで飲んで、彼女も『つい最近、3年つきあっていた彼氏にフラれたばかりなんですよー』とプライベートなことまで話してくれて、すごく楽しかったんですよ。帰り際、ダメ元でホテルに誘ったら、彼女がOKしてくれた」

 あの日のことはよく覚えていないのだけれど、と彼は前置きした。ただ、長年、知らず知らずのうちに自分を抑圧してきたのは確かだったのだろう。一気に解放されたような気分になって、結果、朝帰りとなってしまった。

 帰宅すると、聡子さんが子どもたちの朝食の用意をしているところだった。後ろめたさで口ごもる彼に、「おはよう。楽しんできた?」と聡子さんは声をかけ、「悪いけど出かけるね、今日は朝から会議なのよ」と出て行ってしまった。

 子どもたちも学校へ行き、がらんとした家でひとり、純也さんはソファに座り込んでいた。

「浮気ってこんなに後ろめたいのか、と落ち込んでいました。朝帰りは妻もしたことがないのに、彼女はあんな朗らかに朝帰りの夫を迎えるのか、ということにも驚いたし、浮気している妻のメンタルもわからなくなった」


■気持ちを萎えさせた妻の言葉


 それほど後ろめたかったのに、彼は三智子さんとの逢瀬を続けた。酔っ払って話した「専業主夫の孤独」に三智子さんがいたく同情していたようだが、そのことについて純也さんはほとんど記憶がないという。それでも自分を好いてくれる三智子さんの気持ちがうれしくて、独身の彼女から「寂しいの。飲みに行こう」と言われると断れなくなった。

「子どもの世話がおろそかになって、数ヶ月たたないうちに聡子に言われました。『働き方を変えたいなら相談してよ』と。『あなたがもっと外に出たいなら、私も時間のやりくりを考えるし、収支が合うならシッターさんに来てもらってもいいし』って。そのとき気づいたんですよ。聡子はできすぎなんだ、と。いや、浮気しているんだから、一般常識でいえばできすぎた妻であるはずもないんだけど、僕らの関係としては妻はできすぎている。彼女は自分のしていることにすべて自分で責任をもっている。でも僕ははみ出してしまった。そんな僕に『ちゃんと役割を果たせ』と言わないのは、聡子の優しさであり、できすぎたところなんですよ。だから僕はますます自分の小ささを感じさせられてしまう」

 話を聞いていた私は、それは違うと思った。聡子さんは、なにより自分の自由を大事にする人だから、夫である純也さんの自由も邪魔したくなかったのだ。浮気しているとわかっても、そこを突かないのは、自身を見逃してくれている夫への感謝の念があるからこそではないのだろうか。独特かもしれないが、そういった彼女の思考回路を念頭に置かなければ、妻への理解は深まらないのではないか。一般論にとらわれていたら、彼女の魅力がわからない。そのことは純也さん本人もわかっているはずでは……。

 そう思って熱弁をふるうと、純也さんはしばらく黙り込んでいた。

「そうですよね。わかっていたはずなのに、なぜ僕だけが悪者になってしまうのか、そこに苛立ちを覚えていたんです。結局、僕は聡子にああ言われて気持ちが萎え、三智子と別れました。聡子のほうは相変わらず、男がいるみたいですけど、いっさいそういうそぶりを見せない。そもそも僕の方が子どもと深く関わってきたから、もし浮気がばれた場合、僕のほうが家庭内の立場がなくなるんです」

 そう言いつつ、彼は「いや、そういうことじゃないな」と逡巡を見せた。何もかもうまくやっている妻への妬みがあるのかもしれない。

「夫と妻を入れ替えるとわかりやすいかもしれませんね。夫が浮気したとき、妻はそんな暇と金があったら、自分と子どもにその時間と愛情をかけてくれと思うわけでしょ。自分だけ勝手に遊ばないでよ、とも思うでしょう。本音を言えば、僕もそう思っているんです、きっと。だけど男のプライドみたいなものが邪魔して、そう言えない。そんなふうには思っていないと自分で否定してしまう。やはり男としての器みたいなものにこだわっているんでしょうね」


■そして家庭生活は今も続く


 純也さんは今も聡子さんに惚れ込んでいる。そして聡子さんがいちばん大事にしている「自由」を奪ってはいけないとも考えている。だからこそ苦しいのだろう。こんなに尽くしているのに、どうして「僕だけ」ではいてくれないのか。そんな本音もあるのではないだろうか。だがそれを妻に言えないのは彼のプライドであり、言ったら聡子さんのよさを否定することにもつながるとわかっているからだ。

 三智子さんと関係をもってから2年、純也さんは今も主夫業をメインに家庭を維持している。聡子さんは変わらず、外でバリバリ働き、さらに出世街道を驀進しているようだ。

「子どもたちも思春期で微妙な時期になっていきますから、あとしばらくは子ども優先にしていこうと思っています。いろいろ苦しいけど、老後、聡子とこういうことも話せたらと思って……」

 外へ向かう妻、内に向かわざるを得ない夫。微妙にして肝心な舵取りは夫の腕にかかっているのかもしれない。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年9月29日 掲載

関連記事(外部サイト)