東京五輪仕様の「トヨタ車」が中古車市場で売出し中 「アルファード」でバッハ会長気分?

東京五輪で東奔西走したトヨタの車両が中古車販売店に登場 新古車同然の走行距離

記事まとめ

  • 東京五輪で関係者を乗せて東奔西走したトヨタの車両が全国の中古車販売店に姿を現した
  • トヨタから五輪に提供されたのは、プリウスやアルファードといった車種が計2700台
  • 価格は同種の中古車と変わらず、走行距離は多くは数百キロと新古車同然だという

東京五輪仕様の「トヨタ車」が中古車市場で売出し中 「アルファード」でバッハ会長気分?

東京五輪仕様の「トヨタ車」が中古車市場で売出し中 「アルファード」でバッハ会長気分?

中古車販売店に並ぶ東京五輪仕様の「アルファード」

 喉元過ぎれば熱さを忘れる。今回の東京五輪にピッタリのことわざだろう。終わってみれば、2ヵ月足らずで何事もなかったかのようである。が、その“レガシー”は身近なところで復職していて――。


■値段は300〜400万円


 9月上旬から、全国の中古車販売店に姿を現したのが、東京五輪で関係者を乗せて、選手村や競技会場を東奔西走したトヨタの車両である。トヨタから五輪に提供されたのは、プリウスやアルファードといった車種が計2700台。五輪閉幕後、お役御免となり、早くも中古車市場で売りに出ているわけだ。

「五輪が終わって、メーカーから買わないかと案内がきました。やはり目玉は五輪のロゴと、側面のデザイン。ラッピングなので剥がせますが、“現物限り”ということで剥がす予定はありません」(ディーラー)

 ネットで公開されるや、問い合わせも多く、店頭では記念撮影をする客もいるとか。走行距離によって値段の高低はあるものの、およそ300〜400万円と、同種の中古車と変わらない。走行距離も、多くは数百キロと新古車同然である。

「コレクターというのは自慢したいもの。これら五輪カーは、自慢するにはインパクトが弱いですね」

 と語るのは、数々のお宝グッズの収集家として知られる、庶民文化研究家の町田忍氏。

「現に市販されている車種なので、かつてケンとメリーのCMで人気を誇った日産スカイラインのように、数千万のプレミアがつくとは思えません。とはいっても限定品ですから、乗らずに保管しておけば、20〜30年後には、倍ぐらいの値になっても不思議ではありませんね」(同)

「週刊新潮」2021年9月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)