1億総「おひとりさま」時代に必要な“広く浅い”交遊関係 終活より大切なものとは

1億総「おひとりさま」時代に必要な“広く浅い”交遊関係 終活より大切なものとは

誰もがいずれは独り身に……

「夫がいるから」「俺には女房がついている」「別に結婚なんかしなくても」……。だが、将来どうなるかは分からない。確かなことはただひとつ。現代ニッポンでは、誰にもいずれ「おひとりさま」が訪れる可能性があるということ。独居生活の心構え、できてます?

 ***

 とにかく人様に迷惑をかけたくない――。

「おひとりさま」はよくこう言います。迷惑をかけないためにひとりで死んでいくのだと。日本人の美徳なのかもしれません。でも、実はそれが一番迷惑だったりするんです。

〈2015年の国勢調査によると単独世帯は34・6%で、10年の32・4%と比べて、おひとりさまは増加傾向にある。その上、少子高齢化に歯止めがかかる兆しはなく、40年には約4割がおひとりさまになるとのデータもある。配偶者の有無に拘(かかわ)らず、日本は誰もが「おひとりさま予備軍」といえる状態だ。

 そうしたなか、廣川奈美さん(44)は18年、「日本初のおひとりさまメディア」を謳(うた)うフリーペーパー「ひとりとひとり」を創刊し、編集長を務める。同誌では、ひとり旅やひとり飯といった「ソロ活」情報をはじめ、おひとりさまのさまざまな「生き方」の情報を発信している。廣川さん自身、カップルで賑わうクリスマスに「ひとりディズニーランド」を実践してきた。ソロ活、そしておひとりさま生活のアドバイスをする“プロ”である。

 そんな彼女の「おひとりさま論」に耳を傾けてみる。〉

 おひとりさまは「最強」にして「最弱」です。コロナ禍でそのことはよりはっきりしたと思います。

 おひとりさまであれば、食事もひとりですることが多いでしょうし、家庭内感染することもありませんから、その意味では「最強」です。

 一方、自宅療養となっても助けてくれる人がいなければ食事もままならず、孤立無援となってしまう危険があり「最弱」です。


■広く浅い人間関係


 誰にも迷惑をかけないで死ぬんだと意気込んでみたところで、周りとの縁を絶ってしまうと、例えば倒れて病院に運ばれて親戚が駆け付けても、本人の意思が確認できないから面会できない。あるいは亡くなった後に通帳の場所が分からず財産処理に手こずったり、結果的に周囲に迷惑をかけることが多い。本人は誰にも負担をかけたくないと遠慮しているつもりかもしれませんが、その遠慮が迷惑になることがあるんです。

 おひとりさまは気楽ではあるものの、完全に孤立しては誰も生きられません。そして人間は、人間のことが好きだけれど、一番怖いのも人間関係だったりします。どっぷり浸(つ)かる人間関係は煩(わずら)わしい。だからこそ依存し合わないで付き合える友人、寂しい時に気軽に会える知人、そういった「広く浅い」人間関係を築くことが、おひとりさまにとって重要になってくると思います。そこで私が提唱しているのは、孤立無援ではなく「個立有縁」です。それは「個立有援」でもあります。


■終活よりも…


 私は結婚していますが、夫は16歳年上で子どもはいません。そしてある時、気が付いたんです。夫が先に逝(い)ってしまったら、私もいずれはおひとりさまで、逆もそうだなと。そこで「ひとりとひとり」を始めることにしたんです。自分のため、また、「私、ひとりで生きていけるもん!」と思っている方のためにも、一緒に個立有縁の準備を進めていけたらいいなと。

 縁を作るためには、今の時代、SNSを上手に活用してみるのもひとつの手です。もちろん、不特定多数の人に発信するのは怖いという気持ちは分かります。でも、例えばツイッターを実名ではなくハンドルネームで始めてみて、趣味が合う人との出会いを探してみる。何も発信しなければ、誰もあなたのことを見つけてくれず、人とつながることはできません。私自身、宝塚観劇が趣味で、SNSでつながり、連絡を取り合って一緒に劇場に観に行く「友だち」がいます。でも、その人の本名は知りません。「広く浅い」人間関係のひとつですよね。

 SNSではなくリアルな場で、深入りせずに「有縁」するための一番のおすすめはスナックです。今はコロナ禍で難しいかもしれませんが、近くのスナックに行ってまずはママと雑談。そこでひとつ「壁」を越えられたら、今度はたまたま隣り合わせになった人とちょっと喋る。そうやってまたひとつ「壁」を越えてみる。1杯だけ飲んで、すぐに帰ってもいいんです。なぜなら「今日、誰とも話さなかった」ということは避けられますから。すれ違う人と挨拶するだけでも孤独は薄れるといいます。

 コロナ禍の前まで全国にスナックは7万軒ほどあったとされ、約5万5千軒のコンビニより多かった。スナックは、日本が誇るものすごいインフラなんです。お酒が飲めなければ、ウーロン茶だっていいじゃないですか。スナックの他には、「町中華」も“ハードルが低く”ていいですよね。


■「死に方」の前に「生き方」


 こうやって、気軽にコミュニケーションがとれるコミュニティーをどう見つけ出すかが、孤立や孤独に陥らないポイントです。

「おひとりさま」というと、終活をイメージする人も多いでしょう。私自身も終活関連の資格を持っていますが、実は終活という言葉はあまり使わないようにしているんです。終活って、ビジネスになってしまっていますから。残された人たちに迷惑をかけないようにお墓を買っておきましょう、業者に頼んで断捨離を進めましょうといった具合に。危機感、恐怖感を煽(あお)って購買に走らせるというのは、マーケティングの世界の常道なんです。

 でも、終活って本来は人生の集大成だと思うんです。それまでの人生の点と点がつながった最終的なものが終活であって、死期がだんだん近づいてきたから「死ぬため」の準備をしようというものではない気がします。老後資産を残しておいたとしても120歳まで生きて食いつぶしてしまうかもしれないし、遺書を書いても渡すべき家族に渡せなかったりで、つまりゴールがない。そういうことを一生懸命やるよりも、「生きるため」のことを考えるべきです。「死に方」の前に「生き方」ですよね。

 そう考えるとおひとりさま、またおひとりさま予備軍が優先すべきは、やっぱり個立有縁の環境整備だと思います。

 私自身、準備は進めていて、例えば先ほどの宝塚への遠征(長距離の移動を伴う観劇旅行)のように、広く浅い人間関係を楽しんでいます。同級生の友だちからは、「夫を放っておいて、料理も用意せずによくひとりで遊びに行けるね」と言われたりするんですけどね。

 でも、もし私が先に死んだら夫はおひとりさまになって、自分で料理を作らないといけないんですよ。そうなってから初めて夫が食事の問題に直面するほうが大変です。それは逆に、私が死ぬまで、夫におひとりさまの準備をさせずに見離していることになります。

 何も備えないで「いきなりおひとりさま」。それこそ個立有縁ではなく、孤立無援の始まりだと思うんです。

廣川奈美(ひろかわなみ)
「ひとりとひとり」編集長。1977年、福岡県生まれ。販促会社、出版社などの勤務を経て、デザイナーとして独立。20代から「ソロ活」をはじめ、現在、日本初のおひとりさまメディア「ひとりとひとり」の編集長を務める。「一般社団法人 ひとりとひとり」の代表理事でもある。

「週刊新潮」2021年9月30日号 掲載

関連記事(外部サイト)