小室圭さん「地元商店街」の人々に訊く 婚約内定時は千人以上で乾杯 今回の結婚発表では─

小室圭さん「地元商店街」の人々に訊く 婚約内定時は千人以上で乾杯 今回の結婚発表では─

小室圭さん、眞子さま

 メ〜テレ(名古屋テレビ)は10月1日、「眞子さま結婚正式発表『とやかく言われてかわいそう』『結局、決めるのは2人』 街の人からは祝福の声」と題した記事を配信した。

 ***

 記事はYAHOO!ニュースのトピックスにも転載された。メ〜テレが放送したテレビニュースを、動画とテキストに再構成してネット用として配信したものだ。

 タイトルにある「街の人」は、名古屋の繁華街・栄で取材に応じた人々を指す。

 名古屋の人々は、2人の結婚をどのように受け止めたのか。記事に紹介された“声”から2つを紹介しよう。ちなみに否定的なコメントは一切、記載されていない。

《「おめでとうございます。長い間お2人離れ離れになっていたので良かったと思います」(70代女性)》

《「かわいそうですよね。普通に好きな人と結婚するのに周りにとやかく言われて」(20代女性)》

 宮内庁は10月1日、秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)が26日に婚姻届を提出し、続いて2人による記者会見も開かれると発表した。

 メ〜テレの記事も、宮内庁の発表を受けて取材したものだ。祝賀ムード一色という報道になったわけだが、その一方で、横浜市にある小室さんの“地元”は、かなりビミョーな雰囲気になっている。

 ここで話を3年前に戻す。2017年9月3日午前、当時の天皇陛下(現在の上皇さま[87])が裁可し、眞子さまと小室さんの婚約が内定した。


■4年前はお祭り騒ぎ


 昼前に宮内庁は内定を発表し、午後に2人は会見に臨まれた。話題を集めた「太陽のような笑顔」、「月のように静かに見守ってくださる存在」という発言は、この会見で出たものだった。

 この時、小室さんの“地元”は文字通りの慶賀一色となった。日刊スポーツは翌4日、「大倉山で1000人以上梅酒で乾杯」の記事を掲載した。ポイントを引用する。

《小室圭さんの自宅に近い横浜市港北区の東急東横線大倉山駅前では3日、地元商店街が祝賀ムードに包まれた》

《地元の梅林の梅を使った梅酒「梅の薫」を振る舞い、1000人以上が乾杯で眞子さまと小室さんの婚約を祝った》

 当時、大倉山商店街振興組合の理事長は、日刊スポーツの取材に以下のように答えた。

《「幼稚園からこの町にお住まいの小室さんが、眞子さまと婚約されたことを大変誇らしく思います。健康第一で、健やかなご家庭を築かれることをお祈りしています」》

 婚約内定で、これほどのお祭り騒ぎになった。今回は結婚の発表だ。本来なら前回を上回る祝賀ムードになるはずだ。


■コロナが原因!?


 だが、実際は違った。記者が大倉山の商店街を訪れてみると、結婚を祝うのぼりも垂れ幕も何もない。東横線・大倉山駅を背にして左右に伸びる商店街の1店ずつを見て回ったが、結婚を祝うバーゲンセールも行われていなければ、「結婚祝賀ケーキ」「結婚祝賀赤飯」「結婚記念サンドイッチ」など慶事に関連した商品も売られていない。

 普通に車と歩行者が行き交っている、極めて日常的な光景しか見られない。婚約内定の時とは全く違っているようだ。

 食料品店を訪ねると、男性が「首都圏の商店街らしく、もともと加盟店同士の結びつきは弱いんです」と困惑気味に言う。

「商店街に店を構えている多くはチェーン店です。全国展開しているところも珍しくありません。地元の人が経営している店は限られています。更に、商店街に加入している地元経営者でも、会合に出席しない人は珍しくありません。そんな状態ですので、ご結婚を商店街として祝おうとしているのか、祝うつもりはないのか、何も聞いていませんね」

 商店街の関係者と親しいという地元の女性は、「正直なところ、お祝いしようという雰囲気じゃないわね」と率直に明かす。


■「商店街が祝うのは疑問」


「3年前は盛況だったのよ。大勢の人が集まったし、マスコミの取材も来ていたはずです。多くの人が梅酒で乾杯してお祝いしていました。でも、あれから年月が経って、相当に状況は変わりましたよね。私たちのムードも同じように変わりました」

 ムードが変化した理由を訊くと、女性は「コロナ禍は関係ないでしょうね」と答える。

「小室さんのお母さんに金銭トラブルがあるという報道で、ガラっと雰囲気は変わりました。ご結婚に反対している人が多いのに、商店街がお祝いしていいのかは疑問ですよね。ただ個人的には、眞子さまと小室さんが結婚後に渡米される、こちらのほうが大きいと思っています。大倉山駅の近くとは言いませんが、せめて日本国内で新婚生活をスタートさせるというのなら、少しはお祝いしようという声も増えたのではないでしょうか」

 駅の近くに住む初老の男性は、不動産関係の仕事をしているという。取材を依頼すると、「商店街の運営に関わってはいませんが、多少のことなら知っていますよ」と応じてくれた。


■今後も祝福なし?


「ここ1カ月間くらいかな、マスコミの人が商店街へ取材に来たという話を何度か耳にしました。結婚が発表されるので、ネタを探しに来たのかなと思っていましたね。ただ、テレビや新聞で報じられた形跡がないようです。やはり、商店街はお祝いムードではないので、記事にならないのでしょう。祝賀ムードが盛り上がらないのは、金銭トラブルの報道と、それによる世論の反対が一番の理由です。今後も、お二人の会見など様々な動きはあるのでしょうが、商店街や地元の有志から『お祝いしよう』という声が出ることはないと考えています」

デイリー新潮取材班

2021年10月3日 掲載

関連記事(外部サイト)