【眞子さま・小室さんついに結婚】 米紙の「ポニテ擁護・ハリー&メーガン」報道を宮内庁側はどう見たか?

■「金食い虫」というイメージが


 小室圭さん(29)がニューヨークから一時帰国し、眞子さま(29)との結婚が発表された。これと相前後して、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストは結婚や帰国に関する騒動について触れている。皮肉が随所にちりばめられた論評を宮内庁側はどう見たか?

 ニューヨーク・タイムズ(10月1日付)は、「プリンセスが結婚することになったが、それはおとぎ話ではない」というタイトルで、以下のように報じている。

《お姫様になることを夢見ている人は、日本の眞子さまと話してみるといいだろう》

《当初は2018年に予定されていたお二人の結婚式は、小室さんの母親が元婚約者に3万6000ドルの借金をしていたという報道の後、延期されました。そのお金の一部は、小室さんの学費に充てられていたと報道されました》

《この騒動により、小室さんには「金食い虫」というイメージがつきまとい、そのイメージを払拭するのに苦労しました。これから義理の父となる秋篠宮さまに促され、小室さんは今年4月に28ページの文書を公開し、弁護士も「小室さんは必ず返す」と約束しました。しかし、文書公開による余波やダメージは大きいものでした》

 実際の経緯は、いわゆる小室文書で小室さん側は「金銭トラブルは母も私も解決済みと理解」と綴った直後、一転して解決金支払いの用意があると申し出ていたのはご存じの通りである。

■Netflixと制作契約を結んだりすることは


 引用を続けると、日本の皇室は英国王室のようなドラマはほとんどないとしたうえで、

《眞子さまと小室さんは、世界で最も有名な王室離脱者であるハリー王子とメーガン・マークルのように、(米国一のMCである)オプラ・ウィンフリーと共演したり、Netflixと制作契約を結んだりすることはないでしょう》

 彼らから見て奇異にうつったのは、髪型を巡る批判だったようだ。

《最近のスキャンダルはポニーテールについてです。小室さんはこれまで中途半端な長さのボーイッシュな髪型をしていましたが、ニューヨークで長い髪を後ろで結んでいる姿を目撃され、一面トップニュースになりました》

《日本のツイッターには辛辣なコメントが殺到し、ニュースキャスターは「プリンセスの恋人にふさわしくない髪型だ」と批判した》

 と述べている。また、ワシントン・ポスト(9月28日付)も、ハリーとメーガンを引き合いに「騒動の渦中にある眞子さまと小室さんを紹介します」というタイトルで、小室さんの髪型への反応に触れた。

《ポニーテールという髪型でさえ、皇族と関わるにはふさわしくないと揶揄されるほど、小室さんは悪く扱われています》

《ヘアスタイルの統一が社会的規範の尊重の表れとみなされる日本では、多くの人がそれを快く思っていません》

《何百万もの人がそのヘアスタイルを批判し、スポーツ紙は「ポニテ帰国」という見出しで、彼の新しい髪型をさまざまな角度から撮影した写真や、ポニーテールの絵まで掲載しました》

《髪型のみならず、ポケットに入れた手、報道陣の質問を無視する姿など、彼の対応を批判する声も多く聞かれました》

■結婚の経緯を暴露されるという可能性は


 宮内庁担当記者に聞くと、

「ニューヨーク・タイムズは昭和天皇の第5皇女・島津貴子さんが結婚後に、“人の目を気にせず、静かに生きられるようになった”と話した過去のインタビューも紹介していましたね。ワシントン・ポストと合わせて、皇室に対する日本人の視線は硬直的かつ前時代的で、皇族方は息苦しく生活されているというような指摘でしたね」

 と感想をもらし、宮内庁側の受け止め方についてこう続ける。

「まず、ハリー&メーガンについてですが、彼らは結婚してから王室内の体質に耐えかねて外へ飛び出していったわけで、眞子さまとは事情が違うのではないかという風に宮内庁の人は話していました。複雑性PTSDの症状が明らかにされたこともありますが、まずは静かな生活を送られることを望んでおられるようです」

 さらに、

「今回の結婚では、皇室の公と私がクローズアップされ、眞子さまが個人としての幸せの方を優先されたと見るムキもありますね。しかし、将来の天皇陛下となられる悠仁さまの姉君であるという点については特に大事にされており、それを踏まえれば、ハリー王子夫妻の様に結婚の経緯を外部にあれこれ話されるという可能性は極めて低いのではないかと宮内庁側は見ているようです」ある種の演出なのかなと思いました

■ある種の演出なのかなと思いました


 他方、小室さんのポニテ帰国についてはどうか?

「米紙の論調は理解できなくもありません。もちろん人は見た目でははかることはできませんが、その一方で人は見た目だと考える人も少なくない。ある宮内庁の人はこう言っていました。“自分がどう見られるか、どう見られたいか、どう見せたいかという内面の表れが外見だとしたら、ある種の演出なのかなと思いました。小室さんは海の王子から始まってメガ銀行に就職・退社し、海外の法曹資格を取ろうとし……とカメレオンのように変化しながら今に至っている。そう考えると、会見の際には髪を切ってサッパリした印象で出てくるかもしれませんね”と」(先の記者)

 別の記者はこう明かす。

「宮内庁側の複数の反応を確認してみましたが、芳しくないものばかりでした。例えば、“単なるポニテではなく、これまでの経緯があってのポニテであり、最悪の印象だった”“驚きました。個人の自由だし、手入れされていないなどの汚い印象ではなかったのは救いです。ただ、品格のことを持ち出されることは容易に想像できたはずで、そんなことは打っちゃっておけば良いという判断だったのなら空気が読めておらず、結婚後が心配になりますね”とか、“われわれ宮内庁に対し、あまり良い感情を抱いていないという意思表示なのかなと思いました”などといった内容でした」

デイリー新潮取材班

2021年10月5日 掲載

関連記事(外部サイト)