四冠へ好発進 藤井聡太の将棋が大鵬の相撲に似てきた

四冠へ好発進 藤井聡太の将棋が大鵬の相撲に似てきた

竜王戦第1局2日目終局後(日本将棋連盟提供)

 藤井聡太三冠(19)=棋聖、王位、叡王=がついに、昨年まで6連敗だった「天敵」豊島将之竜王(31)との公式戦の勝敗を9勝9敗のタイにした。(粟野仁雄/ジャーナリスト)

 10月8、9日の両日、東京・渋谷のセルリアンタワー能楽堂で、一部公開で行われた注目の「竜王戦七番勝負」の第一局。藤井三冠が神経戦を制して先勝した。

 優勝賞金4320万円の最高額、名人戦と並び「最高峰」とされる竜王戦に挑戦する藤井はここで四冠を目指すが、もはや、「史上最年少」などの冠言葉は陳腐な印象だ。

 一方の豊島竜王はこの夏、藤井にフルセット5番勝で叡王を奪われている。「藤井が唯一勝てない棋士」だったはずが、気が付けば次々にタイトルを奪われかねない状況に追い詰められている。豊島は2019年に広瀬章人竜王(34)から竜王位を初奪取、昨年は挑戦者の羽生善治九段(51)を破って連覇しており、3連覇を狙う。しかし、負ければ一時の「三冠」から一挙に無冠に落とされるため、まさに「背水の陣」である。

 第1局の先手は藤井だった。最近、藤井が「豊島対策」として最も練ってきたといえる「相掛かり」(互いに飛車先の歩を前進させて戦う戦型)。

 豊島が巧みな差し回しで応じ、AI(人工知能)は七割がた豊島優勢の評価値を出していた。藤井は金を中央に繰り出すが、豊島の竜の「横効き」などで思うように活躍できない。対局では大駒同士が早々と交換され、藤井が角二枚、豊島が飛車二枚の形になっていた。ちなみに筆者などの素人将棋では使い方の難しい角二枚より、飛車二枚の方が威力を感じるものだ。それが理由ではないだろうが、藤井は中盤、苦しんでいた。藤井の角は働きにくい位置にあり、繰り出した金も動きづらい。自玉の守りは危なっかしく、大胆な攻撃もしにくかった。

 AbemaTVの中継で解説していた飯島栄治八段も「豊島さんが優位ですね」と見ていたが、解説を交代して終盤に戻ってきたら形勢が一挙に藤井に傾いていて「うわっ、逆転していますね」と驚いていた。

 豊島が大きな失着をしたわけでもなく、藤井が「AI超え」などと称賛される「仰天の妙手」を出したわけでもない。それでも終盤、徐々に豊島は追いつめられてゆく。互いに攻め合い、午後7時半前、藤井が「3四桂馬」で王手をかけると、豊島が盤に手をかざして投了した。藤井は「自信の持てない局面が長く続いたのですが、粘り強く差すことはできたのかな」と話した。言葉通り藤井は「AI超え」などの妙手はなくとも、決して悪手を指さず粘り強く戦っていた。

 敗れた豊島は「なんとか互角を維持しようと思っていたが悪くなっていった。集中して差すことはできた。(第2局は)気落ちを切り替えて臨みたい」などと話した。終盤に入っても優勢には違いなかったようだが、これといった決め手が見つからないうちに藤井にじわじわと形勢逆転され、悔しさが滲んでいた。

 二日制の竜王戦の持ち時間は8時間と長い。豊島は初日の最終手番となる封じ手「8四飛車」に88分もかけた。対する藤井は二日目になって、中盤で動きを封じられていた金を「6六」に動かすのに79分使う場面があった。藤井にとってはもっとも苦しい局面だ。これで両者の持ち時間はほとんど同じになった。しかし、豊島は最後に持ち時間を消費して秒読みに追われ、一方、藤井は秒読み将棋に入る寸前に勝負をつけた。


■「細かい所で工夫」とレジェンド


 藤井も豊島も「ディープラーニング」と呼ばれるAI(人工知能)などを駆使して研究を深めている。人間が入力した棋譜情報に依存せず、自主的に考えるコンピューターだ。棋力は棋士を超えてしまった。といってもAIは、「最善手」を示すが理由は示さない。棋士たちにとって「なぜ、その手が最善なのかを解明することが課題になっている」とされる。

 羽生善治九段は竜王戦の開幕前のNHKのインタビューで藤井の強さについて「明らかな欠点とか弱点が見あたらない」「定跡(最善とされる決まった手)の最新形、最先端の形を提示している。細かい所で工夫しているのが興味深い。勉強になる。デビューした頃は、先手番では角換わりを得意としていて、この作戦は定跡も体系化されている。最近は相掛かりという作戦でセオリーが確立していない」と語る。

 十代で「欠点がない」と言わせることにも驚くが、レジェンドにも「新たな勉強」をさせるのも藤井聡太の凄さである。


■「つまらない? 勝ち方」が真の強さ


 飯島八段は「名勝負と言える一局」と解説していたが、今回のような藤井の勝ち方は、アマ高段者などの「玄人ファン」はともかく、筆者のような素人ファンには正直、あまり面白くない。たびたびファンを沸かせてきた「大胆な一手」「常識を破る一手」などの手や大逆転が減ったようだ。しかし今後、藤井三冠はこうした勝ち方が増える気がする。こういう勝ち方こそ「真の強さ」と思うからだ。

 話は変わる。先ほど引退表明した横綱白鵬はモンゴル流でもあり投げ技も多かった。しかしその白鵬が最も慕った「昭和の大横綱」大鵬は、勝ち相撲のほとんどが地味な「寄り切り」で、豪快な投げ技は少なかった。全盛時の大鵬の相撲は「鳥を籠に追い込むような勝ち方」とも形容されていた。土俵際での派手な投げの打ち合いなどは返されることもあるが、「寄り切り」は「吊り出し」に次ぐ「盤石の勝ち方」だ。「勇み足」と「打っちゃり」に気をつければいい。ファンには一見、つまらない相撲にも見えるが、これが最も「取りこぼし」が少なく、勝率が上がる。藤井の将棋が大鵬の相撲に似てきた気がする。

 さて、竜王戦シリーズは年内に終わる。

 全タイトル八冠のうち「最大で年度内六冠も」とも言われたが可能性はなくなった。藤井はこれより先、9月17日に棋王戦の挑戦者決定トーナメントで斎藤慎太郎八段(28)に敗北し、渡辺明棋王(37)への挑戦権を失ったためだ。(渡辺王将に挑むための王将戦の予選は勝ち進んでおり五冠の可能性は残る)。

 あまり話が先走るのは、戦いの真っ最中にある豊島竜王には失礼なのだがご勘弁願いたい。もちろん、藤井が豊島から竜王を奪取したらの話だ。


■「一強時代」への懸念


 仮に藤井が豊島を下して四冠となれば、事実上の「一強時代」と言ってよい。ただ、心配もある。

 再び、相撲談義で恐縮だが、ライバルの横綱柏戸が先に衰え、横綱佐田の山がいたとはいえ力量差はあり、事実上の大鵬の「一強時代」になると少し相撲人気が落ちたように思う。将棋界では昭和時代、ライバルの升田幸三名人が先に衰え、大山康晴(十五世名人)の「1強時代」になると、1970年代に入って中原誠(十六世名人)が登場するまでの間、将棋人気が落ちたような記憶がある。若く端正な風貌の中原が憎たらしいほど強い大山から名人を奪い話題沸騰。筆者の西宮市の高校でも将棋が大流行、授業中も先生の話など聞かずに「紙将棋」を回していたものだ。やはりスターに好敵手の存在は欠かせない。

 気が早すぎるかも知れないが藤井が豊島、さらに渡辺王将を下して五冠も取り、将棋人気が落ちるほどの「1強時代」になるのか。

 現在藤井のライバルは30歳前後の棋士が多い。しかし、彼らが衰えていけばどうなるのか。残念ながら藤井には「同世代のライバル」と呼べる棋士がいない。

 さて、「最後の砦」ともいえる豊島は藤井と同じ愛知県の出身だが、父は大阪で弁護士を開業しており、豊島本人は兵庫県尼崎市で暮らしている。まずは関西の将棋界の期待を背負って若武者に立ち向かう(豊島も若武者だが、もう「とよぴー」とか「きゅん」とかの可愛らしいニックネームは似合わないのでは……)。

 とにかく豊島将之竜王の奮起に期待したい。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」「警察の犯罪」「検察に、殺される」「ルポ 原発難民」など。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月11日 掲載

関連記事(外部サイト)