「佳子さま」の結婚が「来年にも」とささやかれる理由

佳子さまの結婚も近い? 「佳子さまは眞子さまを待たれている」との見方も

記事まとめ

  • 眞子さまの妹、佳子さまの結婚が近いのではないかとささやかれ始めている
  • 佳子さまは19年に「結婚の時期については,遅過ぎずできれば良い」と回答
  • すでに意中の男性がいるようで、婚約は固まりつつあるとか

「佳子さま」の結婚が「来年にも」とささやかれる理由

■3人で作戦会議を


 10月26日、眞子さま(29)は小室圭さん(30)と結婚され、お二方で会見を行われる予定である。「小室眞子さん」となってすぐの11月中にも小室さんと共にNYへ飛び立って、新生活をスタートされる運びだ。そんな中、妹、佳子さま(26)の結婚が近いのではないかとささやかれ始めた。その理由とは?

 佳子さまは2019年に国際基督教大学を卒業される際、記者からの結婚に関する質問に文書でこう回答されている。

《結婚の時期については,遅過ぎずできれば良いと考えております。理想の男性像については,以前もお答えしていますが,一緒にいて落ち着ける方が良いと考えております。(中略)姉が結婚に関する儀式を延期していることについてですが,私は,結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので,姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています》

 宮内庁担当記者によると、

「佳子さまは一貫して眞子さまの側に立たれ、その結婚を応援されてきました。小室さんとも早い段階でやり取りを始められ、眞子さまの結婚についての『作戦会議』のようなものをお三方で開いてきたという風に聞いています」

■異例の異動を経て


 この記者が続ける。

「2年前の文書回答にあるような信条は、佳子さまご自身の結婚についてもそのように考えられていると宮内庁は捉えています」

 佳子さまをめぐっては、さる大企業の御曹司との交際が報じられたことがあった。政界ともつながりの深い名門の一家である。

「この御曹司との交際は事実でした。彼はメガ銀行に入行して間もなく海外の支店に異動したのですが、これは極めて異例のことで、佳子さまとの交際をカモフラージュするためだったと聞いています。日本国内でもあえてこの御曹司のガールフレンド役を仕立てるなど、入念なダミー工作を展開していたと言います」

 しかし、この恋は続かなかったという。

「破局の原因は判然としませんけれど、価値観の相違だったということでした。その後、新たな男性の存在がうわさされるようになったのが昨年の春くらいでしょうか。グループで赤坂御用地を訪ねているとか、男性の素性がわからないよう御用地に入る際に氏名や肩書などはダミーで記している……などと耳にしましたね」

■家柄は申し分なく、ご夫妻と面会も


 別の担当記者にも聞いてみると、やはりすでに意中の男性がいるらしい、という。

「佳子さまが結婚を意識される男性がいるという風には聞いています。家柄は申し分なく、すでに秋篠宮ご夫妻とも面会はしており、ご夫妻の印象は悪くないという話もあります。ただ、婚約が固まる前に漏れてしまうと男性やその家族にも迷惑がかかってしまうので秘中の秘だということでした」

 そうは言っても今どきどこから漏れるかわからないようにも思われるが、それはさておき、この記者が続ける。

「ある宮内庁の人間は、“佳子さまは眞子さまを待たれている”という風に表現していました。婚約は固まりつつあるが、眞子さまの方が先に結婚すべきだということなのでしょう。かつて秋篠宮さまが紀子妃との結婚を急ぎたいと考えられつつも、“(皇太子さまに)結婚の意思があるならそれを待ちたい”とおっしゃっていたことが思い浮かびますね」

 眞子さまの結婚が成立したとなれば、自らの結婚の障壁もなくなるということになるのだろうか。

「そうですね。今年の末に27歳になられる年齢が以前に言及された“遅過ぎずできれば良い”に当てはまるのかは判断が分かれるところでしょうが、“煮詰まってきている”という印象は持っています」


■宮内庁内で懸念される点とは


 ただ、その際に宮内庁内で懸念されている点があるとして、この記者はこう話す。

「大学卒業の際に佳子さまはこう仰っていますね。“姉の件に限らず,以前から私が感じていたことですが,メディア等の情報を受け止める際に,情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています。今回の件を通して,情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています”。この回答は宮内庁内でかなり物議を醸しました。皇室が担う公私の問題が問われたのです。一部、世間からも“私の部分を優先しすぎではないか”といった批判的な声があがりました」

 たしかに佳子さまは近年、「情報があふれる社会」の恐ろしさを身近に感じられたことだろう。次こそすんなりと「国民に祝福される状況」となるのを願っているのは、実はご本人たちのみならず、多くの国民も同様なのではないだろうか。

デイリー新潮取材班

2021年10月15日 掲載

関連記事(外部サイト)