妻と不倫相手、2人に刺された男の告白 「あと10年くらいたったら結局残るのは…」

妻と不倫相手、2人に刺された男の告白 「あと10年くらいたったら結局残るのは…」

「こんな男、めったにいませんよね。情けない」と自嘲する

 最近、あまり聞かなくなったが「刃傷沙汰」という言葉がある。物騒な響きである。だが怒れば刃物を持ち出すのが人間の愚かなところであり、良くも悪くも「人間臭さ」を感じさせる行動といえるかもしれない。【亀山早苗/フリーライター】

「まさに“傷だらけの人生”ですよ。自分が悪いとはいえ、僕自身は彼女たちを物理的に傷つけたわけじゃないのに」

 内田秀夫さん(47歳・仮名=以下同)は、顔をくしゃっとさせながらそう言った。本人は苦笑しているつもりらしいが、どこか愛嬌があって憎めない“笑顔”である。彼曰く、「1ヶ月の間に妻と恋人、ふたりにナイフで刺された」のだそう。そして刺した妻と今も家庭を維持し、もう一人の刺した恋人ともまだ続いている稀有な男性である。

 秀夫さんが、人妻だった千里さん(42歳)と結婚したのは12年前。当時、千里さんには3歳のひとり娘がいた。職場で知り合ったふたりは恋に落ち、秀夫さんは千里さんの夫に直談判をして離婚してもらった。

「僕はそれまで、恋といえるような関係を女性と結んだことがなかったんです。好きだの嫌いだのという感覚もよくわからなかった。だけど会社に彼女が契約社員で入ってきたとき、脳天に近いところがピコピコしたんです(笑)。それが恋の予兆だったんだと思う」


■夫にブチ切れ、取っ組み合いに…


 一世一代のつもりで彼女を口説いた。最初は相手にしてくれなかった千里さんも、だんだん秀夫さんの気持ちにほだされていく。結婚して数年しかたっていないのに、千里さんと夫の仲はあまりよくなく、そこに姑も絡んで、彼女はつらい思いをしていたようだ。

「だったらと、家業を継いでいる千里の夫に会いに行きました。僕は千里を愛している。愛している者同士が一緒になったほうがいいと思う、と。『くれてやってもいいけど、子どもは置いていけ』と言った夫に僕はブチ切れて、取っ組み合いになりました。千里は物じゃない、ふざけるなと。若かったんですね……」

 近所の人たちが警察を呼んで大騒ぎとなった。その様子を見ていた千里さんは心を決めたのだろう、数日後には子どもを連れて秀夫さんのマンションにやってきた。その後、弁護士を通して離婚届を送付、夫は弁護士にビビったのかサインしてくれた。

「千里の娘がまたかわいい子でね。すぐに懐いてくれました。お父さんと呼ばなくてもいい、僕はお母さんの友だちだから、ヒデって呼んでいいよと言うと、『ヒデちゃんにする』と。あれから今に至るまで、僕はなぜか娘の『観点』『判断』をすごく信頼しているんです。すんなり受け入れてくれた恩があるから」

 その1年半後、秀夫さんと千里さんの間に男の子が生まれた。家族4人、それから10年間は平和に楽しく過ごしてきた。


■嫉妬深い、それ以外は完璧な妻


 ただ、千里さんが嫉妬深いことだけが彼の頭痛の種だった。

「僕が人妻だった千里に果敢にアタックしたために、彼女は『他の女性にもああやって猪突猛進に行くのではないか』と思ったようです。千里だから必死になったんだ、せっかく一緒になれたのだからこの幸せを壊すような真似をするわけないだろと、いつも言っていました。それでも信じられなかったのかもしれません」

 1日に何度も連絡が来る。返事をしないと電話を鳴らす。電話を切って取引先で会議をしていると、会社に「緊急連絡なんです」とかけてきたこともあった。

「オレの仕事を邪魔してどうする、どういうつもりなんだと怒ると泣きながら謝るんですが、数日するとまた、『早く帰ってきて』と連絡がある。妻を見ていて、妻は僕に嫉妬しているわけじゃなくて、嫉妬というモンスターに取り込まれて自分の中で妄想が広がっていくだけなんだとよくわかりました。嫉妬に関する本を買ってきて読んでもらったこともあります。彼女も頭ではわかっている。だけど嫉妬が入道雲みたいに、心の中にもくもくとわいてくるんだと言っていました」

 それ以外は本当に“妻として完璧”だった。料理はうまいし、子どもたちにもおおらかに接している。そして何より話していておもしろかった。だじゃれ合戦では、いつも妻が勝っていたという。頭の回転が並外れて速いのだ。下の子が4歳になったころ、千里さんは近所のファミレスでパートとして働くようになり、嫉妬心も薄れていったように思われた。


■連られて行ったスナックで…


 “恋人”と出会ったのは、今から2年ほど前のことだった。

「気の張る接待が終わったあと、同僚が『最近、ときどき行くようになったスナックがあるんだけど』と誘ってくれたんです。そこでアルバイトとして働いていたのが、留美です。当時、28歳だった。彼女は店のママの姪。その年齢で、アルバイトをしながら大学に通っているというので、若いけど苦労した子なのかなと思っていました」

 なんとなく留美さんが気になった秀夫さんは、数日後、今度はひとりで店を訪れた。ママは不在で、留美さんが店を仕切っているようだった。

「何度も通っているうち、彼女が両親に捨てられ、親戚をたらい回しされながら大きくなったこと、18歳で水商売に入ったものの男に騙され、自棄になって死のうとしたところをこの店のママに助けられたことなどを知りました。ママの姪というのは嘘で、実は縁もゆかりもないのだそう。姪だと言ったほうが酔客にからまれないですむからと笑っていました。あるときなんて、深夜に行ったら、彼女、カウンターで勉強していたんですよ。むずかしそうな経済学。翌日が試験だからと。僕も経済学部だったので、彼女が持っていたテキストを見せてもらったら急にいろいろ思い出したので、テストにはこんなところが出るかもしれないと言ったんです。数日後、店に行くと、本当にそこが出ていい点がとれた、と。あのときの彼女の笑顔は忘れられません」


■夏にはじまった関係


 そこから彼女との距離が縮まった。とはいえ、「浮気願望は本当になかった」と秀夫さんは真顔で言った。ただ、妻の目を盗み、仕事にかこつけてスナックに通うのが彼の唯一の息抜きだったのだ。もちろん、家庭をないがしろにしたつもりもない。

「子どもたちもある程度大きくなって、友だちが増えていく。妻もパートに出て世界が少し広がっていった。なんだか変わってないのは自分だけだと思っていたんです。留美に会って、自分が必要とされる感覚を取り戻せたような気がした。いや、もちろん千里や子どもたちと関係が悪化したわけじゃなかったし、家族に必要とされているのも事実なんだけど……。家族は基盤だから、それとは違う新鮮さが留美にあったのかもしれません。惹かれる心理って自分でもよくわからないけど」

 そんな留美さんと男女の仲になったのは昨年の夏だ。コロナ禍でスナックも時短だったり休業だったりを繰り返している日々、夜、ふらりと行ってみると休業の貼り紙が出ていた。だが店内にはうっすらと明かりがともっている。小さくノックしてみると、中から留美さんが顔を覗かせた。

「僕を見ると、ぱっと表情を輝かせて『来てくれたんですね。ひとりで寂しかったんですよ』と抱きついてきそうな勢いで。なんでもママが腰を痛めて動けなくなっているので、コロナ禍もあって店はしばらく休むとのことでした。『営業はしていないけど、少し飲んでいきませんか』と言われて、いつもは座らないソファ席に。店内は薄暗くて、外も暗くて、彼女がかけたジャズの音が低く流れて……。隣に留美が座って、ふたりでしみじみ飲んでいたら、まあ、雰囲気だけでもヤバいっすよね(笑)。あの状況で好きな女性にしなだれかかってこられたら、どうにもならない」

 その日からふたりの関係が始まった。だが3ヶ月もしないうちに留美さんの表情が沈むことが多くなる。

「リモートワークなのに出社だと妻には偽って留美のアパートに行ったりもしていました。だけど帰り際、留美はいつも黙って涙を流す。帰りづらいし、せつないし。『留美がつらいなら、オレとはつきあわないほうがいい』と言うしかなかった。すると彼女は『私をこんなに好きにさせておいて、ひどい』って、ますます泣くんです。惚気てるわけじゃないですよ、本当に僕も苦しかった。『下の子がもう少し大きくなるまで待ってほしい』としか言えなかった。その場しのぎの言い訳です。でも『大きくなるまでっていつまでよ』と言われて……」


■「自分で刺しました」


 既婚だとわかっていても、つきあっているうちにどんどん独占したくなっていくのはよくある話。だから秀夫さんは留美さんを責めることはできなかったし、家族のいない彼女に冷たくすることもできなかった。

「あるとき留美が『今日は私の誕生日なの。せめて今日だけは泊まっていって』と言い出して。それだけはできない。きみが寝るまで見ているからと言ったところから喧嘩になって……。彼女が顔面蒼白になって『こんなに好きなのに、どうして』と言うなり、僕の太ももにナイフを突き立てたんですよ。次の瞬間、彼女自身があわてふためいて、『ひゃっ』と喉の奥のほうから声が出て、ナイフを抜こうとしたので、抜くなと。あとで連絡するからと言って、そのまま外へ出ました。その日、僕は車で彼女のところに行っていたので、自分で運転して近くの救急病院へ行きました」

 3センチ近く刃が刺さっていたが、幸い、神経を切断するような大事にはなっていなかった。だが医師は「警察に連絡したほうがいい」と言う。秀夫さんは慌てた。

「自分でうっかり刺しちゃっただけなんですと必死で言いましたが、『それはあり得ないでしょう』と冷静に突き放されて(笑)。とにかく大丈夫です、自分でやったんですと言い張って、最後はほとんど喧嘩腰になってしまいました。『あなたは見てないでしょう。ひとりで家にいて自分でしてしまった怪我で、何のために通報しなければならないのか。通報したらむしろ個人情報漏洩ですよ』と……縫ってもらった後は、逃げるようにして帰宅しました。途中で留美に電話して『大丈夫だから、とにかく明日、また連絡する』と言ったら、彼女はごめんなさいと泣いていましたね」

 妻にはどう言えばいいのか。自宅の駐車場で車を止め、彼は必死で考えた。足の傷がジンジンと痛む。


■2人に対しての情はますます濃くなり…


「車だから、駅で転んだとも言えないし……。しかたがない、会社で転んだことにしました。転んで太ももに怪我をする状況を考え出すのが大変でしたけど(笑)、結局はシンプルに、躓いて転びそうになったので、デスクのノートパソコンを思わずつかんだらパソコンごとひっくり返り、ペーパーナイフが刺さってしまったということにしたんです。それを信じた妻は慌てて、それほど事細かにじぐざぐ8聞かれなかったのでツッコまれずにすみました」

 千里さんは彼に手を貸して家の中につれていき、ソファに座らせると冷たいお茶を出してくれた。それから数日、彼女はひたすら夫を気にかけ、身の回りのことをしてくれたそうだ。

「めったにないことなのでうれしかったですね。千里はやっぱりいい妻だなあと本人にも言いました。夫婦の心の距離がぐっと縮まった気がした。一方で、留美のことも気になっていたので、『とにかく大丈夫だから』と1日3回くらい連絡だけはしました。千里がいない時間帯に電話で話したりもして」

 1ヶ月ほどたち、毎日、出社するようになったころには足もすっかりよくなっていた。彼が真っ先に行ったのは留美さんの元だ。

 以前より、妻に対しても留美さんに対しても「情が濃くなっていったと思う」と秀夫さんは話す。昨年秋といえば、ワクチンもないままコロナ禍が長引くことが確実となったころだ。先が見えない状況では、人とのつながりだけが確かなものに思えたのかもしれない。

 ところが、

「もともと妻が嫉妬深いタイプだということを忘れていた。年末に留美との関係がバレて、今度は妻に刺されました」


■また自分で病院へ


 夫の行動に不信感をいだいた千里さんは、留美さんとの関係を携帯や言動から探り当てた。深夜、寝ているところを叩き起こして携帯を突きつけてきた妻に、「勝手に携帯を見るなんて」と秀夫さんも激怒、そこから大げんかとなった。妻は寝室のテーブルの引き出しからはさみを取り出し、刃を開いた形で近距離から夫に投げつけたのだ。

「これが見事に腕に刺さりまして(笑)。実際は刺さったと思ったらぽろっと落ちたんですが、そこから血が噴き出した。ぎゅっと止血して、また自分で運転して病院へ。もちろん前とは別の病院です」

 数ヶ月の間に2度も刺されるとは。思わずクスリと笑うと、秀夫さんも「こんな男、めったにいませんよね。情けない」と恥ずかしそうにうつむいた。

 ところが不思議なのは、ふたりの女性たちとの距離が今も変わらないのだそうだ。

「千里には、留美とは別れたと言いました。留美には『きみには、この先の長い人生を自分の足でしっかり歩いていってほしい。そのための手助けはする』と言いました。彼女はまだ若いんだから、僕なんかと関わらないほうがいい。本気でそう思ったんです。でも彼女は『私がちゃんと自立できるまで、ときどき一緒にいてほしい』って。彼女の思いにつけ込んでいる面もあるとわかっていますが、僕にとってはどちらも大事な女性に違いはなくて」

 15歳になった千里さんの連れ子である娘は、つい先日、じっと秀夫さんを見つめ、「ヒデちゃんって女にモテるでしょ」と言った。飲んでいたコーヒーを吹き出した秀夫さんに、千里さんが「そうなの、疑惑はたくさんある」と笑いながら言った。

「妻はそういう方向で来るのか、と妻の覚悟を受け取りましたね。娘を通して僕をいじりながら、でも一緒にやっていこうと思ってくれていると」


■秀夫さんが得た“悟り”


 この関係を通して秀夫さんが感じたのは、「それぞれが安定していると、婚外恋愛はうまくいく」ということだ。

 妻は揺れはしたが、夫の「しょうもない面」を受け入れると決めた。こうなれば家庭は盤石だ。留美さんが自分の人生を最優先すれば、いずれは秀夫さんから離れていく時期がくる。離れないとしても、自分の足で立てば彼のことは二の次になるだろう。

「結局、夫婦であっても恋人であっても、人との関係そのものが生きる上で人間の第一義的理由にはならないんだと悟りました。あくまでも自分は自分の生があって、その上で他人との関係が成り立っているのを実感したというか。決して冷たい意味合いではないんですが、僕自身、一心同体みたいな感覚で留美に惚れたつもりでいたけど、それは違うんですよね。そう考えると夫婦の情愛も、恋人との情熱も、どこかせつない」

 足も腕も、痛みはないが傷跡は残っている。

「あと10年くらいたったら、千里にも留美にも去られて、傷跡だけが人生だなんて言っている自分が見えますよ」

 自嘲気味につぶやいた秀夫さんだが、その頃にはまた別の女性がいる可能性もある。瑕疵がそのまま魅力に映る男性というのが世の中にはいるものだが、彼はそういうタイプなのではないだろうか。妻の千里さんは、そこに気づいているのかもしれない。

亀山早苗(かめやま・さなえ)
フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月20日 掲載

関連記事(外部サイト)