「京都・亀岡暴走事故で加害者が出所」に遺族の父親が思うこと

「京都・亀岡暴走事故で加害者が出所」に遺族の父親が思うこと

犯罪更生保護団体「ルミナ」代表の中江さん

■仮釈放が検討されていた1年前


 2012年4月、京都府亀岡市内で登校中の児童と引率の保護者の列に軽自動車が突っ込んだ事件で、3人が死亡、7人が重軽傷を負った。軽自動車のハンドルを握っていたのは18歳の少年で無免許、そして居眠り運転だった。少年には不定期刑が下って服役していたが、この9月に満期出所した。子供に付き添っていた娘・幸姫(ゆきひ)さん(享年26)と、お腹の中にいた7カ月の孫を一瞬にして亡くした中江美則さん(58)が思いを語る。

 中江さんのもとに大阪高等検察庁の検察官らから、【処遇状況等に関する通知書】と題する書類が届いたのは今年9月24日のことだった。

 中江さんは、

「加害者が少年刑務所から9月22日に釈放されたことを通知するものでした。従事した作業は主として衛生係、運搬係、計算係、受刑態度は『特に良好』、改善更生の意欲の喚起および社会生活に適応する能力については、『その見込みが高い』という評価が付されていました」

 と明かし、これまでの経緯について触れる。

「実は去年6月、当局から『1年以内の仮釈放の可能性があります』という通知を受けて、意見陳述をしました。当局からは“陳述するなら意見は聞かせてもらうが、意見はそもそも反映されず、本人にも伝えない。それでも良かったら意見を陳述してください”ということでした」


■本当に更生するのか甚だ疑問


 中江さんが思いの丈を綴った意見陳述はざっと以下の通りだった。

《胎児を含む4人の生命を奪った加害者が10年にも満たない刑期で出所することは、被害者遺族として耐えられない。加害者が正当な報いを受けたと感じて、私たちは生きて行くことができると思う》

《ならば無期懲役や死刑なら正当なのかというとそういうことではない。刑務所の中に長くいるのが良いと思っているわけでもない。ではどういうことなのか。刑務所の中の教育や指導だけで、本当に更生するのか甚だ疑問に思っているということに尽きる》

《私(=中江さん)は犯罪更生保護団体「ルミナ」の代表として、刑務所で講演したり、被害者の視点を取り入れた教育に協力したりしているが、そういったプログラムで受刑者がどう変わるのか判然としない。受刑者の反応はどうなのか、反省の言葉を述べたとしてそれは本心からなのか全くわからない》

《加害者は刑務所という制約のある環境で刑に服したと言うかもしれない。それはその通りだが、彼らはやがて一般社会に出て自由に暮らす日を目標に希望を持って生きている。他方、何の過失もなく生命を奪われた被害者、その遺族、重傷を負った幼い子供たち、またその家族は明日への希望が持てないままだ。加害者は希望を持ち、被害者遺族らは希望のない苦しみの中で生きるしかない理不尽さを痛感している》


■半年に1度、知らされる加害者の生活


 結局この1年、仮釈放は認められることはなかった。

「私たちの意見は反映されないと言われていたわけですが、ある程度は汲んでくれたのかなと思いました。弁護士も驚いていましたね」

 と振り返る中江さんは、「ただ……」と続ける。

「加害者が刑務所に入ったのが19歳。27歳以上になると大人の刑務所に移送しなければならないという法律の仕組みがあります。そのことを私は裁判中には知らなかった。不定期刑の最高が9年。27歳から逆算した判決なんだなと気づいたら虚しくてやりきれませんでした」

 被害者遺族には半年に1度、刑務所内での加害者の生活状況が知らされることになっている。

「工場の中で真面目にやっていますというような報告で、A4で1ページくらいの分量です。評価の基準は書いていないし、一生懸命がんばっていると記してあっても、押し付けられているようにしか思えない。その姿を見せてもらえるわけではない。私が以前に京都の刑務所で講演した時には、受刑者の作業中の様子を見学させてもらえたのですがね」

 出所直前の今年7月には2度目の意見陳述を行った。

「例えば出所しても保護司のもとで生活しながら、私たちの意見が伝わる体制が取れたりできないかという思いも伝えましたが、それは認められませんでした。結果を裁判で認めたわけじゃない。本人から手紙はなく、親からも特に謝罪はありません」


■「被害者も加害者も作ってほしくない」


 中江さんが続ける。

「遺族仲間の中には、加害者が“刑務所を出たら謝罪に行きます”という意思表示があった後、実際にそうしてもらったり、それを続けてもらったりする人はいるし、一方でそれが1度きりだった例もあるそうです。私たちのところには何もないから、たとえ1度でもすごいなと思います」

 代表を務める犯罪更生保護団体「ルミナ」には、覚せい剤取締法違反や傷害など前科を重ねた人たちも参加している。それを主宰したのは、「人は変われる、変わることができる」という考えがあったからなのか?

「もちろんそういう点はありますが、ルミナをやっているのは苦しいからです。事件のことは忘れられないし、被害者も加害者も作ってほしくない。きれいごとかもしれないけど、僕の身近な人であれ誰であれ、そういう境遇になってほしくないんです」

 ルミナの代表として行う講演で刑務所などに出向いたら、こんな風に語りかけるという。

「“刑に服したからといってそれで償いは終わりじゃない。ここを出てきたら大事な人のところへ帰れよ。被害者やその関係者に対して、頭こすりつけて謝罪しに行けよ、そっからが始まりじゃないのか、お前たちの社会復帰は”と言っています。被害者の苦しみを目の当たりにすべきだと思うからです」

 それはそっくりそのまま、出所した加害者に対する中江さんの思いでもあるのだ。

「死んだ娘が加害者を許すことはないだろうし、生命を奪った人間に対して、遺族としては情状酌量の余地はない。ただ、加害者が気持ちを少しでも示してもらえるなら少し心は穏やかになるとは感じていますよ」

デイリー新潮取材班

2021年10月25日 掲載

関連記事(外部サイト)