【袴田事件と世界一の姉】味噌タンクに「5点の衣類」を放り込んだ警察の大胆な捏造工作

【袴田事件と世界一の姉】味噌タンクに「5点の衣類」を放り込んだ警察の大胆な捏造工作

浜松市の自宅で 今年1月(撮影・粟野仁雄)

「国はね、巖(いわお)が死ぬのを待ってるんでしょ。冗談じゃない、私は百歳まででも戦いますよ。死んでたまるか、です。もちろん弟には長生きしてもらわにゃ。でも、巖がここにいてくれるだけで、私は嬉しいんですよ。ワハハハハ」。静岡県浜松市の自宅で豪快に笑うのは、袴田ひで子さん(88)である。(連載第1回・粟野仁雄/ジャーナリスト)

 ***

 1966(昭和41)年6月30日に静岡県清水市(現・静岡市清水区)で、味噌製造会社「こがね味噌」の専務一家4人が殺害された上に、自宅が放火された。これがいわゆる「袴田事件」の発端である。

 この事件の犯人として、強盗殺人罪などで死刑が確定し、半世紀もの間、拘置されていた元プロボクサーの袴田巌さん(85)について、2014年3月27日、静岡地裁は再審開始と死刑及び拘置の執行停止を決定(村山浩昭裁判長)。これを受けて、巌さんは47年7カ月ぶりに釈放されることとなった。30歳で逮捕された男は、この時すでに78歳だった。

 2018年6月、拘置の執行停止の決定は東京高裁(大島隆明裁判長)で取り消されたが、再収監されることはなかった。現在、85歳の巖さんは、浜松市で姉のひで子さんと二人で暮らす。東京拘置所内で半世紀近く「濡れ衣」の不条理と戦いながら、毎日「死の恐怖」に怯えて暮らした巖さんには、強い「拘禁症」症状が出ており、その言動は今も多くが支離滅裂なままだ。

「あんな所に50年近くも閉じ込められりゃ、頭がおかしくなって当然。恥ずかしいなんてこれっぽっちも思いません。弟を連れてどこでも行きますよ」とひで子さんは意に介さない。

 33歳の時、突然「殺人犯の姉」となってからは、日常は奪われ、苦難の道を歩まざるを得なくなった。それにもかかわらず、自身の境遇について恨みつらみ一つ言わず、時に豪傑笑いを交えて明るく振る舞うひで子さん。一体あの若さと活力はどこから来るのだろう。

 今秋、高齢者の仲間入りをする筆者は、取材名目で「元気を分けてもらいに」、神戸から浜松に通っている。国家権力が決して勝てない袴田ひで子さんを軸に、世紀の死刑囚冤罪事件を時代背景も織り交ぜて連載する。


■巌さんが入れられたはずがない「5点の衣類」


「こりゃ、巖へのクリスマスプレゼントですね。でも、うわっと記者さんたちが押しかけて来て大変でしたよ」と振り返るひで子さんの相好が崩れたのは、記者の訪問が落ち着いた後、今年1月にお会いした時のことだった。

 その時、自宅で見せてくれたのが、2020年12月23日付の最高裁からの封書だ。最高裁は、確定審で「犯行時の着衣」と認定されていた「5点の衣類」について、付着した血痕の色の変化の再検証を求めて東京高裁へ差し戻した。ひで子さんがクリスマスプレゼントと表現したのは、最高裁の差し戻しの決定のことだった。長すぎる審理を経て、「袴田事件」に関する争点がほぼここに集約されていると言っていい「5点の衣類」とは何か。

 静岡県警は1967年9月初め、「8月31日に麻袋に入った5点の衣類が味噌タンクから発見された」と発表した。袴田さんの逮捕は1966年8月18日だから、それから1年以上も経過してのことだった。この時すでに静岡地裁で裁判は進んでいたが、当初、警察が「犯行時の衣類」としていた「パジャマ」は血痕などの証拠が弱く、検察は窮地に陥っていた。そこで「新証拠が見つかった」として突然、犯行時の衣類を、この「5点の衣類(ズボン、ステテコ、半袖シャツ、スポーツシャツ、緑のブリーフ)」に冒頭陳述を変更した。

 犯行から1年も経てば、衣類の血痕が黒ずんでいるはずなのに、警察が裁判所に証拠提出した写真では、血痕は赤いままだった。さらに言えば、衣類の発見場所とされた味噌タンクなど、事件の直後、警察が徹底的に調べていたはずだ。


■裁判長が「捏造の可能性」と明言


 逮捕・拘留されている袴田さんが「5点の衣類」を発見間近に樽に入れられるはずはなく、警察関係者が味噌樽に投入した可能性が高い。県警の捏造はこれだけではないが、再審開始を決定した静岡地裁の村山浩昭裁判長は、明確に「捜査機関による捏造の疑い」と指摘している。

 一般に裁判官は、「捏造」「でっち上げ」などという穏やかでない言葉をまず使わない。冤罪事件といえば、2003年の「志布志事件」は、鹿児島県警の刑事らによる一からの「でっち上げの選挙違反」だった。鹿児島地裁の谷敏行裁判長は、「中山被告(信一・県議)が同窓会を抜け出し、買収会合で現金を配って会に戻るのは、時間的に不可能」と自ら車で現場検証して立証したことから、被告全員に無罪判決を下した。それでも「捏造」とか「でっち上げ」とは言わなかった(詳細は拙著『警察の犯罪』[ワック]など)。その意味でも裁判官までが「捏造」とした「袴田事件」は、冤罪事件の中でも極めて稀有な例と言える。

「免田事件」「財田川事件」など、死刑囚が生還した1980年代の4つの有名な再審無罪でも見られなかった「袴田事件」での無辜の民を絞首台に送らんとした捜査機関の恐るべき「捏造冤罪」について、現在、東京高裁の再審請求審(ここでは即時抗告審)で再審の可否をめぐり、裁判所、弁護団、検察の「三者協議」が続く。


■「2年や3年が何ですか」


 今年8月30日、東京高裁で3度目の「三者協議」が開かれた。当事者(再審申立人保佐人)なのに協議に参加できない不条理にも強い不平をこぼさないひで子さんは、いつも弁護団の西嶋勝彦団長、小川秀世事務局長らとともに終了後の記者会見に顔を出す。進行が遅いことで高齢の袴田姉弟を案ずる質問が出ると、ひで子さんは「もう50年近くやってきたんだから。いまさら2年や3年待つことが何ですか」とへっちゃらな様子で答え、記者もタジタジになってしまう。

 弁護団は新たな証人として「事件直後に味噌タンクを徹底的に調べたが、何もなかった」と証言している静岡県警の80歳を超える元捜査員を申請した。それに対し検察は、「血痕の色の吟味には関係なく不要」としている。そもそも「犯行時の着衣」を1年も経って変更するという不自然さのままに原審が進んだことが異常だが、仮に当初この捜査員の証人申請が採用されていれば、すぐに無実が証明されていたわけだ。


■「味噌漬け実験」


 小川事務局長によれば、この元捜査員は今も「袴田さんを犯人だと思っている」と話しているというから、逆に証言の信ぴょう性は高いといえる。

「微量すぎて血痕か汚れかの鑑定も不能に陥ったパジャマでは立件が苦しくなった検察・警察が、衣服を味噌タンクに放り込む大胆な捏造工作をした。しかし、袴田さんは前年8月に逮捕されており、彼が放り込んだなら衣類が味噌タンクに放置されてから1年が経過しており、血の跡が赤いままのはずはない」と語るのは、「袴田巖さんを支援する清水・静岡の会」(楳田民夫会長)の山崎俊樹さん(67)だ。

 ちなみに、この味噌タンクは事件後も使われ続けていた。「こがね味噌」は麻袋に入った服が浸かったままの味噌タンクを一度も洗いもせずに、1年以上も使い続ける「不潔な味噌造り」だったのか。

「白味噌でも3日もしないうちに黒っぽくなりますよ」と言う山崎さんが執念を燃やした「味噌漬け実験」の結果が、「5点の衣類」に関する真相を明らかにし、50年以上の審理に終止符を打つはずだ。

 ひで子さんは「山崎さんは、私が行かれない時も代わりに拘置所へ接見に行ってくれました。警察が事件の翌年に味噌タンクから見つけたとする衣服に疑問を感じて味噌漬け実験をしてくれ、再審へ大きな力になりました」と全幅の信頼を置く。


■愛されキャラ


「裁判のことはね、弁護士さんたちにお任せしてるんです。私の役目は巖をしっかりと守ることなんですよ」と常々語るひで子さん。支援者らが毎日訪れる自宅には、笑いが溢れている。当の巌さんは、地元浜松市の支援者による「見守り隊」(猪野待子隊長)に見守られて、毎日のように散歩に出かけている。

 おっとりした巖さんは「愛されキャラ」なのだ。「拘禁症」の影響で少ない会話もかなり頓珍漢だが、ひで子さんは「巖が出所した頃は、そのうち回復するって言ってくれる人もいたけど、私はそうは思わなかった。そんな簡単に治るはずもない。今さら精神科の医者になんか見せませんよ。心優しく、おとなしかった男が、国家の横暴でこうなってしまうということを世の中の人に見てもらいたいんですよ」と訴える。可能な限り弟を集会などに連れてゆき、頓珍漢でも好きに語らせる。それが彼女流の国家へのリベンジなのだ。

 しかし、生来が非常に明るいひで子さんとはいえ、これまで一貫して明るかったわけではない。「今みたいに私が明るく振る舞えるようになったのは、何といっても巖が(拘置所から)出てきてくれたからですよ。それまでは、支援者の人たちに講演なんか頼まれたり挨拶したりしても、話すことだけ話したら、あとはムスッと黙っていましたね。申し訳なかったんだけど、きっとおっかない顔してたと思いますよ」と打ち明ける。

 無罪が確定していない死刑囚が市中に普通に暮らしている状況は、世界でも例がない。巖さんは「死刑囚から元死刑囚」に、ひで子さんにとっては「死刑囚の姉から元死刑囚の姉」になるべく、戦いの旅も終幕に近づく。

【註釈】一般に「袴田事件」と呼ばれるが、殺人・放火事件そのものなら、袴田巌さんは無関係だから、本来は「清水事件」などと呼称されるべきだろう。とはいえ、有名な冤罪事件でも、財田川事件、島田事件、足利事件、布川事件などは川の名前や地名が冠される一方、梅田事件は冤罪被害者の名が冠されるなど名称はまちまちだ。免田事件は地名でもあり人名でもある。この連載では「袴田事件」と呼称させていただく。冤罪事件という意味での「事件」である。

粟野仁雄(あわの・まさお)
ジャーナリスト。1956年、兵庫県生まれ。大阪大学文学部を卒業。2001年まで共同通信記者。著書に「サハリンに残されて」(三一書房)、「警察の犯罪――鹿児島県警・志布志事件」(ワック)、「検察に、殺される」(ベスト新書)、「ルポ 原発難民」(潮出版社)、「アスベスト禍」(集英社新書)など。

2021年10月26日 掲載

関連記事(外部サイト)