東大大学院教授がデジタル教科書に警鐘 「覚えやすいのはスマホより紙」

東大大学院教授がデジタル教科書に警鐘 「覚えやすいのはスマホより紙」

スマホやタブレットはいまやビジネスシーンで不可欠となった

 スマホやタブレットはいまやビジネスシーンで不可欠となり、学校ではデジタル教科書の導入も着々と進んでいる。しかし、そこへ一石を投じたのは東大大学院教授による実験結果。なんとデジタルより手書きの方が覚えやすく、脳活動も活発になるというのだ。

 ***

「教育やビジネスの現場において、スマホやタブレットではなく、あえて紙のノートやメモ帳を使うことで記憶が定着しやすくなる。そのことが、この実験によって示されたと思います」

 そう語るのは言語脳科学者で『チョムスキーと言語脳科学』(集英社インターナショナル)などの著書がある東京大学大学院総合文化研究科の酒井邦嘉(くによし)教授(57)だ。

 スマホやタブレットはいまやビジネスパーソンにとって必須のツールである。手書きの手帳やメモ帳を使っていた人も、スケジュールはスマホのアプリで管理、打ち合わせにはタブレット持参、コロナ禍で増えたオンライン会議では資料の画面共有だけで済ませる、といったケースも多いだろう。

 学校などの教育現場でも、紙の教科書に代わるタブレットなどのデジタル教科書が使われはじめ、2024年度から全国の国公私立すべての小中学校で本格的に導入される予定だ。そうした中で今年の3月、酒井教授らはNTTデータ経営研究所との共同研究を通して、変わりゆく我々の生活に対し一石を投じる研究結果を公表した。そこで行われた実験とは大要以下のようなものであった。

 18歳から29歳の東大の学生と一般公募者の計48人を16人ずつの三つのグループに分け、それぞれ、手帳、タブレット、スマホという別々のメディアを使って、ある課題に取り組んでもらうというものだ。

 課題では、ある大学生の日常生活に関する会話文を読み、「2月13日10時半、ドイツ語授業」「2月23日、統計学レポート17時〆」などのスケジュール情報を書き留める。手帳グループは4色ボールペンで手帳に、タブレットグループは電子ペンでタブレットに、スマホはフリック入力等でスマホに入力した。それから1時間後にその書き留めたメモを見ない状態で「レポートの早い方の締め切りはいつか?」などの質問に回答していくのだ。どのデバイスを使ったかにより、記憶力に差が生まれるのかを実証しようという試みである。

 さて、その結果は――。

「全体的な正答率については3群で差が見られませんでした。ところが、『図書館に参考文献を取りに行くのは何時?』といった予定を直接尋ねるような簡単な問の正答率では、手帳群の方がタブレット群よりも高くなりました。また、スケジュールを書き留める速さでは、手帳群がタブレット群やスマホ群と比べて速かったのです。手帳群は最も短時間で正確に記憶できたということになります」(酒井教授。以下同)


■デジタル機器の欠点


 さらに記憶を想起中の脳活動をMRI装置で測定したところ、興味深い結果が得られた。

「言語処理に関連した運動前野外側部と下前頭回や、記憶処理に関係する海馬、視覚を司る領域で、手帳群が他の群と比べて脳活動が高くなりました。これまでスマホやタブレットなどの電子機器が日々の学習に及ぼす影響については十分な検証がなされてきませんでしたが、この実験によって、覚える時に紙の手帳を使用した方が、一層豊富で深い記憶情報を取り出せることが明らかとなりました」

 デジタルよりもアナログの方が脳は活発になるという驚くべき結果。なぜ、紙の手帳の方が記憶しやすくなるのだろうか。

「紙は覚えたことを思い出すための手がかりが豊富であることが原因でしょう。手帳にメモする場合、その手帳の何ページあたりで、見開きのどの位置に書いたか、といった『空間的な情報』と関連づけて、書き留めた内容を記憶できます。また、自分で書き留めたという『体験の情報』と相まって、書いた内容が頭に浮かんできます。筆の運びや筆圧が記録されることも、想起する時の手がかりとなる。ボールペンよりも万年筆や毛筆のように、太さや速さの変化が痕跡として残る筆記具の方が、文字の視認性に優れています。さらに下線を引いたり付箋を貼ったりすれば、一層忘れにくくなります」

 一方でデジタル機器によるメモについては、次のような「欠点」を挙げる。

「デジタル機器では文字が書きにくい。ペンが滑って筆圧がコントロールしにくいですし、後で自分の字が読めないこともあります。また、画面のスクロールなどのために位置と結びつかないので、記憶がしにくいのです。デジタル機器のメモ機能は、メモ帳と比べて改善の余地が大きいと感じます」


■マルチタスクが減少する危険性


 2000年代に入ってからノートパソコンやスマホ、タブレットが急速に普及していく中で、酒井教授は、東京大学の学生にも大きな変化を感じてきたという。なんと講義中に「メモを取ろうとしない学生」が増えているそうなのだ。

「教室の前の方で熱心に聞いている学生なのに、その机の上にはノートや筆記具が載っていないということが多々あります。コロナ禍でオンライン授業が増えましたが、ウェブカメラでは学生の手元は映りませんから、その状態が放置されているのではないかと心配しています。実はそうした『メモを取らない』という習慣は、小学生の頃からの指導に原因がありそうです。ある一定の世代までは、授業中に先生の話を聞きながらノートを取り、同時に板書も書き写すという『マルチタスク』が当たり前でした。ところが最近は、集中力が分散するという誤った理由で『シングルタスク』が推奨されているそうです。先生が話す時は聞くことにのみ集中させ、その後で生徒にノートを取らせるのです」

 そうした教育方針に酒井教授は異論を唱える。

「強制的に生徒を一つのことへ集中させたために、失われるものもあります。日常生活ではマルチタスクも必要です。例えば車の運転では、標識や信号機を見ながらも、道路状況だけでなく、周囲の歩行者などにも注意を払わないといけません。そうした状況を確認せず、シングルタスクによる自分の見込みだけの運転は極めて危険なのです。学習の場などでは、『話を聞きながらメモを取る』というマルチタスクが基本です。話を聞くだけでは、頭にほとんど残らないでしょうし、後で確かめようもないのです。今後、デジタル教科書が導入され、タブレット端末で完結してしまうと、ノートやメモを取れない人が続出することでしょう」

 政府・文科省は小中学校の教科書の内容をタブレット端末などで学べるデジタル教科書の導入を進めている。今年度からは全国の4割にあたる1万2千ほどの国公私立小中学校でデジタル教科書を使用した実証研究が行われている。そこで使いやすさや規格の問題、健康面への影響を検証していく予定で、来年度からは実証研究の対象をすべての小中学校に拡大すべく取り組んでいるところ。前述の通り、本格的な導入は24年度からだが、その影響について、酒井教授は次のように警鐘を鳴らす。


■「学力低下に陥る」


「デジタル教科書のメリットとして、さまざまな情報にアクセスしやすくなることがよく挙げられます。抽象的な概念でも、ビデオ教材へのリンクが理解の一助になるかもしれませんし、検索機能を使えば必要な情報を瞬時に入手できるでしょう。しかし、多くのリンクに目を通したり、動画を視聴したりするには、今までと違った時間の使い方が必要となります。その分、自分で考えたり想像したりして、足りないところを補う余地がなくなってしまいます。教育は、楽をすることや効率が目的ではありません。もっと時間をかけて物事を深く理解し、必要な知識を定着させること、そして、未知の問題にも通用するような柔軟な思考力を鍛えることが重要ではないでしょうか。便利なデジタル教科書やタブレット端末に頼ることで、繰り返し書いて覚えるといった教育の根幹が揺らぐことを憂えています」

 また、安易な検索によって、膨大な情報を受け止めきれず、表面的な理解にとどまったりする可能性も指摘する。

「例えば、ゴッホの有名な《ひまわり》という作品は、ネット上の画像だけでどこまで理解できるでしょうか。たとえ高精細のデジタル技術で画像が再現されたとしても、そのリアルな大きさや質感まではわかりません。本物を見たときに得られる情報の量と質とは比べものにならないのです。巨大なキャンバスに描かれた花全体の迫力や、絵の具が3次元的に盛り上げられた力強い表現を眼前で体験することは、ネットサーフィンとは異質なものです」

 今後、デジタル教科書が普及していく中で、どのようなことに注意する必要があるのだろうか。

「教育の目的をしっかり見据えた上で、紙とデジタルを使い分けることが現実的でしょう。それはバランス良く選択すればいいのではありません。あくまで『紙が主、デジタルは従』という、あえてアンバランスな選択を貫くことが大切です。例えば、空欄を残したプリントを用意して、授業中にその部分について考えさせる一手間を惜しまないことです。そういう能動的な余地を残しておかないと、生徒は常に受動的になってしまい、結果として学力低下に陥る可能性があると思います」


■反面教師は新聞記者


 その意味で反面教師とすべきなのは新聞記者だろう。政治家や役所の会見がテレビ中継される際、聞こえてくるタイピングの連打音。取材する記者がその発言の一言一句を間違えないようにパソコンに打ち込んでいるのだ。しかし、こうした行為は情報を受動的に取り入れさせ、能動的な思考力を低下させるという。

「パソコンを使って人の発言をタイプしようとすると、どうしても書き下してしまうものです。自分で咀嚼(そしゃく)する間もなく、受け身になってひたすらキーボードを叩く方が楽ですから。これは先ほど申し上げたシングルタスクですね。内容の理解が浅くなると、その場その場で能動的に質問をすることもできません。自分で手書きのメモを取れば、相手の発信する膨大な情報から要点を押さえることができますし、そのメモを見直す余裕があれば、理解を深めたり、理解していない部分に気づいたりできるようになります。それが取材の基本ですし、他の仕事にも応用できるでしょう」


■「紙」のメリット


 こうした「書く力」は、ビジネスパーソンにも大いに役立つ。より深い思考を求められる時に重要なのはパソコンのキーボードを叩くことではなく、手で書き、読み返すことなのだ。

「会社内の書類でも、深い理解を必要とせず、斜めに読めば済むようなものはデジタル化すればいいと思います。しかし、仕事の成否を左右するような文書では、手間を惜しまずにプリントして、紙上でじっくり見るべきです。パソコン上で推敲し終わった文章でも、印刷して読み直すと誤字が見つかるものです。PDFの書類だとパソコン上でスクロールしてしまいます。一方で紙は机の上に固定されるので、文字の位置も変わりません。すると、文字の位置情報を手がかりに誤字などの間違いに対する『注意』が働きやすくなります」

 他にも「紙」にはこんなメリットがある。

「例えば、小説などを読む時には、登場人物の描写や伏線などを戻って読み返したくなることもあります。これをスクロール・バーだけで探すのは至難の業ですが、紙の本なら、だいたい当たりを付けてページをめくっていけば、すぐに見つかるものです。さらに印を書き込んだり、付箋を貼ったりしながら読めば、より確実です。デジタル文書ではキーワードが分かれば素早く検索できますが、キーワードを思い出せないとお手上げでしょう。資格試験などの合格を目指している人は、紙の本を何度も何度も読み返して、相互参照することで、大切なポイントを記憶していくことになるわけです」

 クリエイティブな仕事をしたいと思っている人なら尚更良い効果を生む、と酒井教授は締め括る。

「今年の東京五輪の聖火台をデザインしたデザイナーの佐藤オオキさんは自身のアイデアをまずはノートに書きだすそうです。手書きのノートを作ることは、集中した完成度の高い仕事に役立つと思います。アイデアを紙でメモにしたり、イラストにしたりすることで、ゆっくり考える時間が生まれ、創造力を発揮することができるでしょう。そのプロセスこそが大事だと思います。紙のノートを大事にしながら、何度も見返すことで、より良い案が生まれてくるものです」

 デジタルを凌駕する、恐るべし「メモの力」――。

 劇作家で詩人の寺山修司は「書を捨てよ、町へ出よう」と言ったが、「スマホを捨てよ、書を読みメモを取ろう」という姿勢こそが、仕事と勉学において良い効果をもたらすのである。

酒井邦嘉(さかいくによし)
東京大学大学院総合文化研究科教授。言語脳科学者。1964年生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。ハーバード大学医学部リサーチフェロー、マサチューセッツ工科大学客員研究員などを経て、2021年より、東京大学大学院教授。2002年第56回毎日出版文化賞、2005年第19回塚原仲晃記念賞受賞。

「週刊新潮」2021年10月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)