小室眞子さん、圭さん結婚 識者は「会見ではなく2人の決意表明。説明責任を果たしたとは言えない」

【眞子さまと小室圭さん結婚】識者「これなら会見を開く意味があったかは疑問」

記事まとめ

  • 秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんとの婚姻届が提出され、夫妻が記者会見を行った
  • 皇室ジャーナリストは「会見でなく2人の決意表明。説明責任を果たしたとは言えない」
  • また、「これなら会見を開く意味があったかは疑問です」と語っている

小室眞子さん、圭さん結婚 識者は「会見ではなく2人の決意表明。説明責任を果たしたとは言えない」

小室眞子さん、圭さん結婚 識者は「会見ではなく2人の決意表明。説明責任を果たしたとは言えない」

小室圭さん、眞子さま

「眞子さま」から「眞子さん」へ──。10月26日午後、秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30)と圭さん(30)夫妻が記者会見を行った。

 ***

 これまで報道各社は「眞子さま」と表記してきたが、この日の午前中に代理人によって婚姻届が提出されて民間人となった。メディアは会見の様子を「眞子さん」の呼称で報じた。担当記者が言う。

「前日、TBSが『結婚会見で質疑応答が取りやめになった』と速報で報じ、更に国民の関心が高まりました。会見は眞子さんと圭さんが交代交代にマイクを持って発言。宮内記者会などが申請した質問は文書での回答となり、最後に手渡されて会見は終わりました」

 皇室ジャーナリストの神田秀一氏は「前例のない結婚は、前例のない会見となりました」と驚きを隠さない。

「会見を批判する国民も、相当な数になったようです。確かに眞子さんと圭さんは、自分たちの結婚を国民にしっかり説明する責任があります。質疑応答がなければ、メディアは報道の義務を果たすことができません。そもそも、記者を会見場に呼びながら一方的に喋り、後は文書を発表して終わりというのは、礼を失していると言われても仕方ないでしょう。眞子さんも圭さんも、国民への説明責任を果たしたとは言えません」


■紙だけ配っても同じ


 記者会見ではなく、一方的な意思発表になってしまった。神田氏は「これなら会見を開く意味があったかは疑問です」と言う。

「どうせ批判されるのですから、眞子さんと圭さんが登場する必要はなかったのかもしれません。全てを文書化し、会見を行わずに紙だけ配っても、国民の受け止めは変わらなかったのかなと思います」

 その一方で、眞子さんの発言に関しては、「国民の間で様々な受け止めはあると思いますが、著しい問題発言のようなものはありませんでした」と言う。

「会見での眞子さんは、既に1人の民間人でした。皇族の時より、より自由に発言できる社会的地位に変わったとも言えます。現実には起こり得ないとしても、眞子さんは具体的に不満を口にしたり、疑惑報道に強い調子で反論したりすることも可能でした。しかし、そこまで敵対的な姿勢は取らなかった。周囲に感謝を伝えることから始め、1人の女性として愛を貫いたこと、一部報道によって恐怖心を覚えたことなどを冷静なトーンで説明されました」


■トラブルに積極的関与!?


 だが、少なくともネット上では、疑問視された発言がないわけではない。眞子さんが「金銭トラブルの解決も、ニューヨークの法科大学への留学も、自分の意向が反映されている」と説明した点だ。

 ABEMATIMESが同日14時39分に配信した「『誤った情報が事実であるかのように取り上げられ、物語となって広がっていくことに恐怖心』眞子さんと小室圭さん」の記事から、該当部分を引用する。

《一部の方はご存知のように、婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした。例えば、圭さんのお母様の元婚約者の方へ対応は、私がお願いした方向で進めていただきました。圭さんの留学については、圭さんが将来計画していた留学を前倒しして海外に拠点を作って欲しいと、私がお願いしました》

 前出の担当記者が言う。

「これまでも金銭トラブルの解決を巡って、圭さんだけでなく結婚前の『眞子さま』も関与しているのではないかと心配する報道はありました。民間人のトラブルに皇族がタッチすることは問題だからです。ところが、結婚した『眞子さん』は、金銭トラブルだけでなくニューヨークへの留学も前倒しを依頼し、『海外に拠点を作ってほしい』と頼んだことまで明らかにしました。積極的関与を自ら認めた格好になりました」


■宮内庁の不手際


 神田氏は眞子さんの発言を、「夫婦2人の決意表明ではないでしょうか」と読み解く。

「小室さんの金銭トラブルは、彼の問題ではなく母親の問題という前提があります。眞子さんが皇族だった時、国民の多くが『眞子さまとは関係ない』と分けて考える意識は強かったでしょう。しかし、結婚して夫婦となれば、共に責任を負わなければならない場面は増えます。眞子さんは『様々なトラブルの解決には、今後も夫婦2人で対処する』と宣言したかったのではないかと思います」

 目立ったのは、宮内庁らしからぬ不手際だ。眞子さんが複雑性PTSDに罹患しているという発表も「結婚反対の声を封殺するつもりか」と疑問の声が上がった。今回の会見でも、直前になって質疑応答を取りやめたことには、多くの国民が不信感を持ったはずだ。

「結婚そのものは、もう秋篠宮さまでも認めざるを得ないところまで行ってしまいました。憲法に結婚の自由が保障されている以上、秋篠宮家が憲法違反を犯すわけにはいきません。ただ、その他のことは、もっと眞子さんと宮内庁は意思疎通を図り、国民の反発が少しでも少なくなるような形での発表ができたと思います」(神田氏)


■天皇制への影響


 特にネット上では「今回の駆け落ち婚で、国民は皇室に対する崇敬の念を失ってしまう」と心配する声も強いが、神田氏は「私は楽観的です」と言う。

「明治維新以降の天皇制だけを絶対的な規範とするのなら、確かに眞子さんの結婚が天皇制に与える影響は大きいでしょう。しかし天皇制は、時代時代によって柔軟に変わることで存続することができました。ただし、皇族の減少には不安を感じないわけにはいきません。眞子さんの結婚で、皇族は17人になってしまいました。眞子さんと圭さんに関しては今も国民的な議論が百出していますが、皇族の減少問題にも関心を持ってもらいたいですね」

デイリー新潮取材班

2021年10月26日 掲載

関連記事(外部サイト)