小室眞子さん、圭さん結婚 宮内庁のいい加減な発表は無責任な現実逃避に聞こえる

小室眞子さん、圭さん結婚 宮内庁のいい加減な発表は無責任な現実逃避に聞こえる

小室眞子さん、圭さん

 宮内庁は、これまでも批判されて手に負えなくなると、「誰それがお心を痛めておられる」とか、「そのために体調が思わしくない」といって、正当な批判を抑えて、自分たちの不手際を追及されないように逃げてきた。【八幡和郎/評論家】

 今回も眞子様が「複雑性PTSD」で、それは、週刊誌やSNSなど各種メディアを通じて行われた誹謗中傷が原因だといわんばかりのいい加減な発表をしたが、無責任な逃避であるように聞こえる。

 正確に言うと、10月1日の会見で、秋山剛医師(NTT東日本関東病院)が、「ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとを、長期にわたり反復的に体験された結果」という表現を使ったのである。

「誹謗中傷と感じられるできごと」という表現を使うことで、客観的にみて誹謗中傷であるかどうかを曖昧にして逃げているが、聞いた一般人はそこまで細かく語句を精査しないから、メディアが誹謗中傷したという印象をもっただろう。

 しかし、そもそも、SNSなどでの匿名の書き込みや作成者の正体もよく分からないYouTubeなどを別にすれば、週刊誌もネット・メディアも、小室氏にも眞子様にも誹謗中傷などほとんどしていないのである。

 むしろ、小室母子に対しても、政界スキャンダルなら犯罪者でもあるまいしと同情したくなるほど辛辣な批判がされるような案件でも、非常に抑えた書き方しかされてないといってよいくらいだ。

 週刊誌もネット・メディアも言葉の裏を察して欲しいということで、もってまわった書き方をしてきたわけで、それに甘えてきたのが宮内庁であり、ご当人たちである。

 私は、この件に限らず週刊誌やネットにおける皇室記事は、あくまで批判であって、皇室を貶めようという趣旨のものは、ほとんど知らない。


■美智子上皇后、週刊誌報道をご覧に?


 そもそも王室や皇室一家の家族事情やプライバシーは、国家的関心事なのだから、古今東西、どこでも興味を持たれるし、情報はかなりの人に共有されてきた。明治維新以前の京都御所に近いところにいる人のあいだで、皇族や公家の生活が秘密のベールにつつまれてきたわけでない。

 戦前でも華族社会周辺のなかでは、けっこう、皇室も含めて多くの人が互いのプライバシーを知っていたし、皇族に意見もいえたのである。大正天皇や昭和天皇の教育だってその時々の首相や元老もかなり細かく口出ししている。

 むしろ、戦後になって、少数の皇族がいわれたことをこなすだけの使用人でしかない宮内庁の役人くらいにしか相談せずに、諫言されることもなく、きちんと展望をもたずに安直に対処していた観がある。それは皇族にとって気楽で良いかもしれないが、その結果として皇族方の教育がうまくいっているように見えないし、結婚相手探しも難航してばかりいる。

 そんななかで、週刊誌などの報道や批判は、皇室自身にとって貴重な情報源であり、風見鶏であり、判断材料になっているように見える。

 たとえば、美智子上皇后が週刊誌報道を大変よくご覧になっているとしばしばいわれ、それは見当外れでもないようだ。大正天皇の貞明皇后など非常に熱心に皇族の動向についての情報を集めておられたようだが、いまの宮内庁の役人が組織的に情報収集をし、両陛下に報告しているとは聞かない。

 だからこそ、週刊誌情報が皇族自身にとって最高の情報源にもなっているのが現実だ。「貞観政要」で知られる大唐帝国の名君・太宗は、諫言の士を大事にして、もっとも頻繁に諫言した魏徴が死んだときには、「私は鏡を失った」と嘆いたが、王侯にとって本当に必要な忠臣は諫言の士であり、云うとおりにしてくれる佞臣ではない。

 だからこそ、諫言の士だった和気清麻呂が皇室の歴史でも最高位の忠義の士だということになっているのだが、現代の皇室における和気清麻呂の役割を果たしているのは週刊誌だ。


■週刊誌、SNSの情報の質は


 週刊誌の情報など信頼性がないという人もいるだろうが、週刊誌は相当の数の内部・外部の人員をつぎ込むし、得た情報の評価についてもノウハウもネットワークも持っている。私のところだって、いくつもの週刊誌の方から、内外からの情報の評価について相談があるし、そういうときは誠実にお答えして記事の質を上げるのに協力している。

 まして、あまり酷い誤報だとなれば、週刊誌だって信用を失うわけだから、皇室記事の真実度は、全国紙の政界観測記事よりははるかに高い確率で正しい。

 週刊誌の報道が皇室を悪くするよりは、良い方向で助ける事の方が多いと思う。今回の件でも、週刊誌の活躍がなかったら、いまごろ、女性宮家としての小室宮家でも成立して、小室圭氏は晴れて皇族になっていた可能性がかなり高いのである。

 その意味で、結婚を思いとどまらせることは出来ないかもしれないが、小室圭氏や将来生まれてくるかもしれない彼の子供を殿下と呼ばずに済んだのは喜ばしいことでなくてなんであろうか。

 もちろん、これから大きな課題となる、悠仁様のお妃選びにあたっても、上皇陛下や天皇陛下のお妃探しの時と同じように、めぼしい候補者をマスコミが先に見つけてくるので、最初のリアルな出会いのセッティングを難しくしたりすることもあろうが、そんなことを前提にしてお妃探し戦略を樹立できない皇族や宮内庁に工夫が足りないだけだ。

 それに、よい候補者を見つけることも、調査をすることも、宮内庁が週刊誌より高い質ですることは難しいのではないか。

 今回は、これまでの週刊誌に加えて、識者が運営するSNSアカウントなどが戦線に加わった。なかにはお粗末な情報を流していた人もいるが、私の見たところ、それなりの皇室問題のスペシャリストの発信は、いずれもかなり上質で、週刊誌はもちろん、テレビや新聞の報道にも好ましい影響を与えていたと思う。


■激化を招いたのは


 次に、眞子様自身への批判が眞子様に与えた影響が理不尽だったかといえば、まず、基本的に公人が批判の対象となるのは、仕方ない。それはほかの職業でも、政治家の家族への批判だって同じだ。

 たとえば、安倍昭恵夫人の友人だからといって忖度して何かをする役人がいたかもしれないというだけで、昭恵夫人が受けている罵詈雑言など、はるかに気の毒だろう。

 それに、本格的に眞子様が批判の対象となったのは、2020年11月13日に「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」という文書を発表されてからである。

 さらに、小室圭氏が2021年4月8日に「金銭トラブルと言われている事柄に関する誤った情報をできる範囲で訂正することを目的」とする28ページにも及ぶ文書を出したのに対して、眞子さまが宮内庁を通し「今回発表された文書を読まれて色々な経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」とコメントを出された。それから、一連の小室氏の対処を眞子様が了解、ないし主導されてきたことが明らかになって激化したのであって、以前から継続的に批判されていたのではない。

 ただし、私は小室圭母子と宮内庁、とくに小室母子には、大いに同情もしている。というのは、本当は眞子様が批判されるべき分も遠慮して小室母子への批判としてされることが多かったからである。


■圭氏が困ったタイプであることは確かだが…


 私自身は、2018年2月8日に「『眞子さまがかわいそう』などというのは、成人皇族である眞子さまに失礼だと思います」(ネット・メディア「アゴラ」)と書いている。

 どうして眞子様が小室圭氏に拘泥されるのかといえば、あまりにも小室圭氏が批判されるので、「気の毒だ。小室さんだけでなくお母様までひどくいわれるのも全て私のせいだ」と考えられているからでないかと思ったことも理由だ。

 また、私はこの件については、小室圭氏よりはるかに眞子様のほうに反省すべきことが多いと思う。小室圭氏がいささか困ったタイプの人物であることは確かだが、玉の輿を狙うとか、逆玉をねらうことは、爽やかではないが、道徳上許されないことでない。

 もともと、逆玉志向だったらしい小室圭氏が、思いもかけぬ大魚に巡り会って、眞子様の心をつかむ努力をしたところでそれが悪いこととはいえまい。ロマンスの詳しい経緯の真相はいまだ不明だが、熱心だったのは眞子様のほうだったかもしれないし、両殿下だってそれほどネガティブだったわけでもなさそうだ。

 それに対して、眞子様は、内親王としていささか無責任に過ぎる。内親王に生まれたからには、皇族でなくなっても品位を保ち、皇室をさまざまな形で助けるのに好都合な生活をして欲しいものである。

 しかし、国民の声にも謙虚に耳を傾けたうえで、なお、愛に生きたいと仰ることを否定できないし、その場合には、小室氏との生活の将来像を慎重に組み立て、記者会見でも開いて自分で国民に説明されるべきだったと思う。

 また、圭氏の母親の佳代さんも何かと非常識なところはあるが、400万円の借金問題には最初から圭氏も関与しており、佳代さんにだけ批判が集中したのは、フェアでなかったと思う。

 それを、眞子様を批判するのは恐れ多いということで、小室母子が集中砲火を浴びたのは、皇室報道ではありがちで、たとえば、やんごとない方を批判するかわりに、宮内庁長官を批判したりすることもありうるのだが、それにしても、少しアンフェアだったかもしれないし、そこは、同情したい。

八幡和郎(やわた・かずお)
評論家。1951年滋賀県生まれ。東大法学部卒。通産省に入り、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任。徳島文理大学教授。著書に『誤解だらけの皇位継承の真実』『令和日本史記』『歴史の定説100の嘘と誤解:現場からの視点で』など。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月27日 掲載

関連記事(外部サイト)