コロナ禍で急増の「移住者」 地元民必読「ヤバそうな都会人」を見分ける6つのポイント

コロナ禍の移住ブームで田舎に非富裕層が移住 「地雷を見抜く」ための「鉄則」提示

記事まとめ

  • コロナ禍の移住ブームで、全国の山は高度経済成長期の多摩ニュータウンのようだという
  • コロナ禍での移住者は富裕層とはまた違い、非富裕層の移住者らしい
  • 田舎の人々が「移住者という地雷を見抜く」ための「鉄則」が示されている

コロナ禍で急増の「移住者」 地元民必読「ヤバそうな都会人」を見分ける6つのポイント

コロナ禍で急増の「移住者」 地元民必読「ヤバそうな都会人」を見分ける6つのポイント

コロナ禍で急増の「移住者」(※写真はイメージ)

 コロナ禍の移住ブームで、今や日本全国の山という山は、さながら高度経済成長期の多摩ニュータウンである。

 ***

 昨日まで森であった場所は、わずか数日で、ものの見事に禿げ山と化し、「今が売り時」と見た地元地主やディベロッパーによる開発は、ひところ全国で反対運動が勃発していた「太陽光発電」をしのぐほどだ。

 かつて太陽光発電に反対していた人々も、地主らが「山を売って家を建てる」と言えば、それを反対するわけにもいかない。

 これまで閑静で風光明媚だった里山や別荘地は、今や多摩ニュータウンか千里ニュータウン……。

 ディベロッパーもまたすごい。持ち込む手法は都会と一緒である。つまり、都心の手狭な土地で利益を出す手法そのままだ。

 手前、奥、手前、奥と、敷地延長で建売住宅を建てる要領で、田舎暮らしの家であればせいぜい1軒の広さの土地に、2軒、3軒、ついにはズラッとトレーラーハウスまで並べている。首都圏郊外の新興住宅地とさして変わらない。いや、それ以下の住環境の場所も急増している。

 山に来てまで都会と同じ距離感で暮らして何が楽しいのか、と思うほどのせせこましい風景が急速に広がっているのだ。

 だが、都会から避難してくる移住者らには、それもまた「新鮮」に映るようだ。


■“手頃な夢の一戸建て”


 時勢に乗って、デュアルライフだ、田舎暮らしだ、を前面に出して「バブル以来だよ」とウハウハの地元不動産業者によれば、そんな物件でも飛ぶように売れている。理由はこうだ。

「だいたい、都会でマンション暮らしをしていた人ばかりですから。都会で一軒家を持てた人は、狭小もいいところのこんな物件は買いませんね。マンション暮らしで息を詰まらせて生きてきたところに、コロナ禍に襲われて、じゃあ地方に出てみるかとなった、いわゆる資産家ではない人たちが相手です。彼らにとっては、どんなに狭くても、ギスギスしていても、そうは見えないんですよ。いわば夢のマイホーム、夢の一戸建てなんです。マンションが山小屋に変わっただけですから。コロナ禍での移住者っていうのは、富裕層とはまた違いますから。むしろ長く公営住宅や団地で暮らしていた人が、最後のカネを握って、小さくても一戸建てという夢を叶えに来るような感じです。だから、値段が張りすぎる物件よりも、むしろ小さなもののほうがいいんですよ。手頃な夢の一戸建てで」


■トレーラーハウスの課税問題


 結果、昨日まで風光明媚だった里山に、違和感たっぷりでチープな風体のトレーラーハウスが急速に溢れている。

 このトレーラーハウスは、置くだけで別荘となる手頃なものだが、自治体にとっては新たな課税問題が発生している。

 造るほうも売るほうも、「車両だから固定資産税がかからない」を売り文句に客引きをするが、あまりの急増ぶりもあって、自治体は山間部に突如“置かれる”トレーラーハウスのすべてを現地調査が追いつかないのだ。

 2020年3月に読売新聞が掲載した記事(註1)にも、《基本的に固定資産税や不動産取得税はかからない》とある。

 ただし、無税には《車両として扱われる》ことが求められ、ライフラインの設置や車検など一定の設置要件を満たすことが必要だ。

「動ける状態のものは車両、そうでないものは家屋と見做す」とはいう課税方針は一貫しているものの、しかし、そこはそもそもが「固定資産税がかからない」という売り文句に惹かれて購入しているオーナーらである。

 巡回してくる自治体担当者から「これは車両ではありません。家屋と見做しますから課税しますよ」と言われて、おいそれと引き下がるわけはない。

 なんといっても、相手は権利意識が強く、自己主張の末に都会で生き延びてきた「移住者」である。


■タイヤの付いた家!?


 繰り返しになるが、すぐに移動できる、あるいは移動させられる状態にあれば、トレーラーハウスに固定資産税がかかることはない。

 だが、汚水を水洗する浄化槽を土中に埋め、エアコンの屋外機も地面に置き、さらにはウッドデッキまで増設したトレーラーハウスも散見される。

 果たして、それは「車両」なのだろうか。実情は「タイヤの付いた家」ではないのだろうか。

 このため、自治体の担当者と移住者の間で、トラブルになるケースも増えているという。地方自治体は今、気持ちと財布に余裕があるわけではない、急増した非富裕層の「移住者対応」という新しい「行政課題」を突きつけられているのだ。

 非富裕層の移住者は、地元の習慣を無視する傾向がある。彼らは地元の平穏を乱す「地雷」となりかねない。では、コロナ疎開、コロナ移住によって押し寄せた新しい地域課題、「移住者という地雷」を踏まないためにはどうすればよいのか。

 平穏な里山の風景を揺るがすのが移住者という存在だ。田舎の人々が「移住者という地雷を見抜く」ための「鉄則」を示してみたい。


■地雷移住者との議論は無駄


▽鉄則1:「プライバシー」を掲げる移住者には気をつけろ

 都会人は二言目には「プライバシー」を口にする。だが、田舎暮らしとはすなわち、プライバシーとは無縁の生活を指すに等しい。あるいは、あってもそれを口に出したが最後、地元地域とは「うまくやっていく気はありませんよ」と宣言しているようなものである。

 自治体の担当者や地域住民が「プライバシー」という単語を使う移住者に出会ったのなら、これは最も用心してかからなければならない相手であると構えなければ危ない。

 移住者本人でさえ、どこまで正確に理解しているのか分からない“自由”の概念を、自分を守る万能の盾のように主張する。それにとどまらず、ことある毎にプライバシー概念を振りかざし、地域住民を攻撃する……。

 こんな元都会人と論争しても始まらない。プライバシーを持ち出す移住者は、遠ざけるに越したことはない。


■軽トラを巡るバトル


▽鉄則2:地元ナンバーの軽トラックには気をつけろ

 これまで「軽トラ」は地元民特有のアイテムであったが、コロナ禍後は、それが一変した。愛用の外車やレクサス、SUVは走行距離を抑えるために屋根付の車庫に隠し、地方の公道を地元ナンバーの軽トラで走る移住者が激増した。

 以前は軽トラと見れば、「地元の誰か」であることが想像できたが、移住者が地元ナンバーの軽トラを乗り回している状況となって、もはや車両からは移住者と地元民との区別がつかなくなった。軽トラは移住者の地元化カモフラージュのアイテムとなったのだ。

 これは地元民にはたまらない新手の“侵入手段”であった。これまで、横浜ナンバー、品川ナンバー、船橋ナンバーであったからこそ気兼ねなく鳴らせたクラクションも、同じ地元ナンバーとなれば、どこの有力者や大物が乗っているかわからず、遠慮が働くのが地方というもの、地元というものである。

 だが同じ軽トラでも、地元か移住者かを瞬時に見分ける方法は残っている。軽トラに草刈り機が積んであれば地元民、なければ移住者である。

 移住者は、地元総出の道普請や共有地の草刈りなどは行わない。草刈り機を軽トラに乗せて走ることはほぼない。移住者らも、あの手この手で地元の風景に溶け込もうとするが、まだまだということだろう。


■明朗会計の問題


▽鉄則3:領収書や明細を要求する移住者には気をつけろ

 以前は、お願いしても地元自治会や、消防団、青年団、婦人会への加盟・加入をお願いしても入ってくれないケースが多かったが、コロナ避難増と共に理解を示す移住者も増加傾向ともいわれる。

 しかし、都会人は常に「明朗会計」であることを求めてくる。歌舞伎町のボッタクリバーのような扱いには極めて攻撃的になる。

 消防団や公民館などの集いに移住者を参加させれば、必ず「決算内容」や「領収書」を明示しなければ、移住者の気持ちはおさまらない。

 おさまらないどころか、訴えられかねないから要注意である。SNSがお盛んな最近では自分自身でネット発信するので、メディアが取り上げなかったとしても、あっという間に全国に悪評として知れ渡るということにもなりかねない。

 消防団や地元団体で移住者を受け入れるのであれば、領収書の完備と会計の明示、使途明朗であることが徹底して求められる。

 また、移住者は会社経営者や個人事業主が多い。彼らは生活のあらゆる局面が「お付き合い」である。

 青色申告・確定申告のためには、あらゆる出金に「領収書」が必要になる。移住者を受け入れるとは、領収書の発行が必要になるのと同義であると構えなければならない。何から何まで、どんぶり勘定で済ませられる地方には馴染まない人種である。


■流転する移住者


▽鉄則4:「センセイ」には気をつけろ

 勤め人や経営者に加えて、コロナ移住で激増しているのが「センセイ」である。カネが余っているクリニック経営者の医師らは、高級車で来て、カネだけ落として帰っていくのでまだいい。

 問題は、いわゆる作家やジャーナリスト、ライターといった“センセイ”である。どこに住んでも生活が成り立つようなイメージがあるが、そもそも食える者はほんの一握りだ。

 中でも「元ジャーナリスト」は、最低な人種も少なくない。問題意識だけは高く、日常的な些事もあげつらい、ことを大きくする。地元住民にとっては、毎日、紛争の種をばらまかれているようでたまったものではない。

 陶芸家や画家というセンセイも多い。とはいえ、100人中99人は無名と言っていいだろう。

 彼らは極めて身軽に移動する。コロナ禍の風に乗って、パソコンとWi-Fiを抱えて流浪しながら、デュアルだ、ロハスだ、ネットジャーナリストだと、地元のあれこれをやり玉にあげては流転していく。

 移住者のうち、生活と商売が一致しているのは医者のセンセイだけであると心したほうがよい。


■恨みは末代まで


▽鉄則5:境界確定には気をつけろ

 都会人は境界確定が大好きである。都会の感覚ですべてを「資産」だと考えるのだ。

 資産を維持するためには、不動産の境界確定をしていなければならないのだろう。しかし、そもそも山間部の土地は、たいがい緩い傾斜がついており、地面や土地は永年、下方に滑っている。

 こうした土地で地元民が境界確定している例などほとんどない。だが、都会人はそれを許容しない。境界確定を行い、何を求めて移住したのかわからないほど塀を張り巡らせる。背丈並みに高い塀も少なくない。

 とにかく、所有権は見えるかたちで囲わなければ気が済まないのが都会人というもの。結果、成城学園前と変わらない風景がそこかしこに広がっている。コロナ禍とは、地方の成城学園化をもたらしたのだと納得させられる。

 きっとそれもこれも、豊かな自然をありのままに愛でるよりも、「プライバシー保持」を優先させるためなのだろう。

 だが、越してきて早々、近隣に境界確定を持ちかけるのが都会人の特性でもある。この瞬間に田舎暮らしなど終わったと見做すべきだろう。

 ビジネスライクにいかないのが地方というものだから、境界確定の恨みは末代まで続くのだ。「あそこからあそこまでが私の土地だ」とゴリゴリ進め、ハンコをついた時には、地元の人々との人間関係は崩壊している。


■地元理解の姿勢


▽鉄則6:芝生を育て始めたら気をつけろ

 都会人はなにかと芝生を敷きたがる。ゴルフ場のグリーンでも造成しているのかと見紛う手入れの良さである。地元にとっては、これほどありがたい話はない。

 都会人が求めるのは、ゴルフのグリーンと同じ青々しさだが、これは維持が難しい。ゴルフ場がどれだけのカネをかけてあの緑を維持しているのかを知らないのが都会人である。

 とりわけ山間部では、日当たりや気候、高度もあり、芝は造園においては実に“うるさい”植物である。

 また、海外種の芝を定着させるとなると、簡単ではない。もともと土まで入れ替え、さらに定期的に肥料を撒いたりと、それだけでも大変な費用である。

 かつ、芝は踏みつけに強くない。かつ、芝は弱いので、その上で何か作業をするとすぐにダメになる。それを理解した移住者は、次からはなるべく芝を踏まないようになり、まるでそこは触れることの許されない額装された絵画のような状態でしかない。

 芝の上でのんびりどころか、芝は触れてはいけないものとなったそこは、果たして何のための田舎暮らしの住処であるのか。本当の田舎暮らしを知っている移住者は自生の野芝を選び、無理解の都会人はケンタッキーブルーグラスを選び、肥料とともに地元でカネを使う。

 この作法の違いから、地元民は新たな移住者の「地元理解への姿勢」を見て取るのである。芝を踏まないことが、移住者という地雷を踏まない最善の方法でもある。一面に芝が広がっていれば、そこは移住者の土地である。

●註1:走るわが家「トレーラーハウス」 初期費用手頃 おしゃれな外観(読売新聞・2020年3月2日付・東京朝刊)

清泉亮(せいせん・とおる)
1962年生まれ。近現代史の現場を訪ね歩き、歴史上知られていない無名の人々の消えゆく記憶を書きとめる活動を続けている。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月29日 掲載

関連記事(外部サイト)