不正経理のリーク元と疑われ、論文不正の嫌疑もかけられた元教授が明かす「京大霊長類研究所」騒動のてん末(前編)

不正経理のリーク元と疑われ、論文不正の嫌疑もかけられた元教授が明かす「京大霊長類研究所」騒動のてん末(前編)

輝かしい実績を残した研究所の歴史に幕が(京都大霊長類研究所の公式HPより)

■センセーショナルな事件


 京都大は去る10月26日、京都大学は所属の霊長類研究所(愛知・犬山市)を今年度末をもって解体することを公式に発表した。2020年(令和2年)11月には松沢哲郎高等教育院特別教授と他3名を不正経理をおこなったとのことで処分しており、それを受けての学内組織再編とのことであった。同研究所の元教授で『マスクをするサル』(新潮新書)などの著者でもある正高信男氏は、不正経理問題をリークした張本人ではないかと大学幹部に疑われ、論文不正の疑いもかけられたという。その本人が研究所について綴るレクイエムの前編。

 この問題について、京都大の湊長博総長は厳しい箝口令をしいたものの情報は、11日前にはマスコミの知ることとなった。ただし当初、担当記者が原稿を書いても、多くのデスクはこれが事実であることを容易には、受け入れなかったという。サル学とよばれる研究からの知見に慣れ親しんだ人々にとっては、このニュースはそれほどセンセーショナルなものだった。


■「サル学の栄光と没落」について


 私はというと、一連の事案がマスコミの知ることとなるのは私からなのではないかという、あらぬ嫌疑を研究所上層部にかけられ、研究に不正があったとの口実を設けて、解体が報ぜられた翌日に不正認定の記者会見というはこびとなった次第。

 個人的には不正調査というもののヒアリングによばれたこともなく、いいがかりもはなはだしいが何を言っても研究所が旧に復することはない。サル山のサルのような喧嘩をこの年になってする気は、さらさらない。

 ただ世界的にもまれな存在であるこの研究所が、サルの研究をめざす者にとって梁山泊のような存在であったこと。だからこそユニークな研究が輩出したこと。そこでの生活は一般社会のそれと、往々にしてかけ離れていたものの「学問の自由」という名の下に許容されていたことを、もはやそういうものが許されなくなった今日、哀惜の念とともに、破天荒ぶりの一端の紹介をかねて、「サル学の栄光と没落」を振り返りたいと思う次第である。


■最大の業績2つとは?


 サル学という学問が本格的に始動したのは、第二次世界大戦後まもなく大分県の高崎山で、野生のニホンザルを餌づけし、一頭一頭に名前をつけて観察することに成功したことに始まるとされている。

 ただそれは、霊長研ができるかなり以前のこと。では霊長研での半世紀あまりの歴史のなかで、最大の業績は何だったかと今振り返ってみると、ふたつが挙げられると思う。

 ひとつはインドに生息するハヌマンラングールというサルでの子殺しの発見。もうひとつは、屋久島での餌づけしない、まったく野生のニホンザルの詳細な研究である。今日のように屋久島が著名な場所になる以前、1970年代のことである。

 前者はのちに研究所の所長にまでなった杉山幸丸氏、後者は大学院に在籍した丸橋珠樹氏の業績である。

 ここでその業績の中身を云々するつもりはない。ただ注目すべきことは、杉山氏がインドにおもむいてラングールの群れでは子殺しが、異常行動ではなく行われることを見出したのは大学院生として、単身、ほとんど徒手空拳でインドに滞在した末の成果であり、それは丸橋氏もしかり。

 つまり指導教官や先輩・同僚の援助や協力なしであったということだろう。それがサル学をめざす者の流儀だった。だから知見を公表した論文の著者としては、彼らの名前しか書かれていない。今日のようにプロジェクトとして、研究グループのメンバーがキンギョの糞のように名をつらねるのと大違いだ。


■サル学のパイオニア


 大学院生の時代から、ひとりひとりが一国一城の主というのが霊長研の原則だった。これこそが日本のサル学をユニークなものにしてきた原動力であると、今振り返ってしみじみ思う。

 ただし光り輝く物にはかならず陰ができる。一国一城の主として生きていくには、それなりに強い性格でなければならない。主同士のせめぎあい、軋轢はどうしても激しいものになってしまう。対立する相手は、是が非でも研究所から放逐してしまえというようになっていく……。

 例えば、今年に物故した河合雅雄というサル学のパイオニアが研究所には長きにわたり君臨していた。彼は「サルの餌づけは日本のサル学のお家芸」と豪語してはばからない人物。そんな人にとって、純野生のサルを観察しますという自分の学生の存在が、面白かろうはずがない。

 教員と学生ばかりではない。教員同士の対立もすさまじいものがあった。しかも霊長研は教授・准(助)教授・助教(助手)は対等というのが、建前。フィールド研究をしているある助手の人など、同僚と顔を合わせるのが嫌


■所長公認の不文律


 その人は京大におけるアフリカでの野生チンパンジー調査の黎明期に活躍した人物で、その業績は海外でとみに評価が高かった。私などでも、「彼はどうしてるか」と向こうで何度もきかれたことがあったほどである。ただ先輩や同僚と衝突し、アフリカに行く機会を失い、40歳(1980年)のころには実家のある関東に自宅をかまえてしまったのだった。

 ちなみに霊長研という組織は愛知県に所在する。毎月、一度だけ出席をもとめられる会議があるのだが、彼はその日だけ関東からやってくるようになってしまった。もちろん研究所の雑用は一切しない。出勤簿に押印しなくてはならないはず。きっと研究室の事務の人が適当に押していたのだろう。ネットもメールもなかった時代のこと。どんな風に毎日をくらしていたのか、誰にもわからなかった。

 しかしそれで無断欠勤扱いにもされずに、助手として彼は定年を研究所で迎えたのだった。彼の在籍した研究室は、おおむねそんな雰囲気で今にいたっている。コロナ禍で在宅ワークなどと言われる以前から、研究所に来たくない人は来なくてもかまわないという不文律があり、所長公認である。いや、その研究室には前総長も在籍していたから、総長公認といったほうが正確かもしれない。

 放っておいても仕事をする人は、立派にやってのけるという論理が暗黙裏に通用していた。大学院生の指導もおよそ「放牧」にちかいものだった。それがサル学の流儀とされてきたのが、もはや昨今では通用しなくなってきたことは、認めなければならない現実だろう。

正高信男
1954(昭和29)年大阪府生まれ。霊長類学・発達心理学者、評論家。大阪大学人間科学部行動学専攻卒、同大学院人間科学研究科博士課程修了。京都大学霊長類研究所教授を2020年に退官。『ケータイを持ったサル』『いじめとひきこもりの人類史』など著書多数。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月29日 掲載

関連記事(外部サイト)