不快なNHK党「へずまりゅう」の政見放送 これまで音声が削除された政見放送はたった3件

不快なNHK党「へずまりゅう」の政見放送 これまで音声が削除された政見放送はたった3件

YouTubeより

「NHKと裁判している党弁護士法72条違反で」(以下・NHK党)の政見放送が10月28日、NHKで放送された。元迷惑系YouTuberのへずまりゅう氏(30)が登場、放送事故と勘違いされかねないパフォーマンスを行い、物議を醸している。

 ***

 へずま氏は、神奈川県小選挙区の政見放送に登場した。NHK党からは、神奈川15区で渡辺麻里子氏(45)が立候補している。もっとも画面に映し出された机の上には「渡辺マリコ」と書かれたプレートが置かれているだけで、本人の姿はない。手話通訳士の女性がいるだけだった。

 そこへ、へずま氏が北朝鮮の金正恩そっくりのぷりん将軍とともに登場。机の上にあった「渡辺マリコ」のプレートを投げ飛ばし、自分の名前が入ったプレートを置いた。そしておもむろにコーラとメントスを取り出すと、彼の後ろに控えていた手話通訳士の女性に急接近。

「ピピピ〜、山口県から来ましたへずまりゅうです!コラボレーションお願いします。メントスコーラお願いします。あなたのことを愛しています!」

と、早口でまくしたてた。さらにコーラにメントスを入れて発泡させ、女性に迫ったので、彼女はたまらず悲鳴を上げ……。放送事故と勘違いされそうな内容だが、実はこれ、NHK党が事前に撮影したVTR。こんな政見放送を見せられてはたまったものではないと不快に思った視聴者も少なからずいたはずである。念のために言っておくと、へずま氏は今回の総選挙に立候補しているわけではない。


■音声削除は3例


 そもそも政見放送の対象となるのは衆院選、参院選、都道府県知事選の3つ。放送が始まったのは、1946年4月の総選挙からで、当時のNHKラジオの生放送だった。

テレビの政見放送が始まったのは、1969年の徳島県知事選から。その後現在に至るまで、候補者の音声が削除されたのはわずか3例だけである。

 最初は1983年の参院選。雑民党の東郷健氏が障害者に対する差別的な発言を繰り返し、NHKはその部分の音声を削除した。

 東郷氏は、NHKを公職選挙法違反として損害賠償請求を求める訴えを起こした。東京地裁の一審では東郷氏の主張を認めたが、東京高裁で逆転敗訴。最高裁では削除を正当として、東郷氏が敗訴した。

 2例目と3例目は、いずれも2016年と2020年の都知事選に出馬した後藤輝樹氏の政見放送である。後藤氏は、2016年の政見放送で性的な言葉を連発したため、NHKがその部分を削除した。2020年の政見放送では、なんと、裸に近い格好になり、問題発言を連発。この時も音声を削除した。


■社会常識に風穴


「政見放送では、政見放送としての品位を損なう言動をしてはならないと規定しています。具体的には公職選挙法第150条の2に、『他人若しくは他の政党その他の政治団体の名誉を傷つけ若しくは善良な風俗を害し又は特定の商品の広告その他営業に関する宣伝をする等』は禁じられています」

 と解説するのは、総務省選挙部管理課の担当者。

 政見放送にはNHKでのスタジオ録画と政党が自由に制作した動画の2種類がある。衆院選比例代表と知事選の政見放送はスタジオ録画に限られるという。スタジオ録画の場合は、NHKの内部規定で名札の大きさやカメラ・マイクの位置が厳密に決められている。

「さらにスタジオ録画の場合、政見放送及び経歴放送実施規程8条8項で、たすきがけやはちまき、腕章など、特別な意図を表現する服飾は禁止されています。政見放送の音声の削除は、放送局の権限で行うことになっています。総務省が個別の政見放送を規制することはありません」

 すべてはNHKの判断に委ねられているのだ。

 放送ジャーナリストの小田桐誠氏がこう言う。

「若者の間で今、最も影響力のあるのはネット動画です。ニュースもネット動画を検索して見ています。テレビ番組を、テレビの動画と言っているくらいです。ですから、若者受けを狙って政見放送で突飛なことをやれば話題になる。YouTubeにアップしてネットで拡散すれば、知名度がどんどん上がるわけです」

 先の後藤氏の政見放送の動画は、数百万回再生されたという。むろん結構な広告収入になる。

「テレビは放送禁止用語があり、当然、それを使えば音声は消されます。そこで裸になってみたり突飛な行動をしたりすることで、社会常識に風穴をあけようというのでしょう。表現の自由を前面に打ち出したわけですが、視聴者はそこまで馬鹿じゃない。ただ、今後もへずまりゅう氏や後藤輝樹氏のような輩が出てくるでしょうね。ネットで話題になれば、それを週刊誌などのメディアが取り上げて、格好のアピールになります。政見放送を利用した、YouTuberの新たな戦略ですよ」(同)

 冒頭で紹介されたNHK党の政見放送も常識的に考えたら“品位を損なう”ものだと思うけど。

デイリー新潮編集部

2021年10月31日 掲載

関連記事(外部サイト)